Xbox360 中国に個人輸出?


Xbox360 中国に個人輸出?

 最近Xbox360の本体を買い占める人たちが小売店に頻繁に出没しているらしいのです。毎日のように足繁く通う人、ゲーム専門店で「あるだけ全部ちょうだい」という人、家電量販店で「100台ください」という人など様々だそうです。
 小売店側でもあからさまな行為に対抗するかのように、『お一人1台限り』という風にしているのですが、違う日に来たり、複数で連れ立ってきたりすると、小売という立場上、さすがに断るわけにはいきません。

 ところで、この買い占め行為を行っているのは、主に中国系の人たちのようですが、何故この様な行為に走っているのでしょうか?
 実は、中国ではXbox360は正式には発売されていません。しかし、ゲームで遊びたい人たちも存在します。そこで目をつけたのがバイヤーなのですが、どこから本体を調達すれば一番利ざやが稼げるかを精査する必要もなく、近場で安価な日本版のXbox360という結論にたどり着きます。
 そう言えばコピー天国のPSPも買い漁られたことがありましたし、PS3に至っては発売当初は全世界から押し寄せてしまい、ネットオークションで10万円を超える値がズラッと並んでいたことは記憶に新しいと思います。
 Xbox360はPSPのようにコピーが蔓延しているわけではないですので、市場全体から見れば健全なのでしょうが、小売店から見て本体だけ売れていく事態というのはあまり好ましくない※でしょう。本当は買い占めが目立たなくなるほどハードもソフトも売れてくれればいいんでしょうけど。ひょっとすると、PS3やWiiでも同じようなことが平行して行われているのかも知れませんが、手に入れやすさや全体の割合に比べるとたいしたことがないので、目立たないだけなのかも知れませんね。

※ 本体の利ざや(利益)は少ない割にリスクが高いのです。と言いますのも、価格改定で本体価格が値下がる場合、既に仕入れた本体は新価格に合わせないと売れないからです。そしてその値下げした分の損失は小売店が被ることになってしまいます。粗利益ベースでも5~6台、純利益ベースなら十数台以上売らなければ損失を穴埋めすることは出来ません。
 尚、任天堂の商品は損失補填してくれるのでそのようなリスクは発生しません。尤も、現行機種のニンテンドーDS及びWiiは一度も値下げがなされていませんが。

おすすめWiiソフトはこちら

2009年1月15日|

カテゴリー:Xbox360ソフト