2008年Xbox360総括


2008年Xbox360総括

 Xbox360は国内だけを見るとシェアは圧倒的に低く、昨年当方が目標とした日本国内累計100万台には及びませんでした。しかし、発売以来確実に販売台数を伸ばしている(8万台→20万台→25万台→31万台)唯一の機種でもあります。ソフトも前年比60%UPとこちらも徐々にではありますが、成果を上げています。
 ただ、日本市場だけではアイドルマスターなどの一部のソフトを除くと損益分岐点に達していないソフトがそれほど多くなく、海外でも売れるソフトがラインナップの中心にならざるを得ない部分が残ってしまいます。昨年後半からはスクウェア・エニックスがJRPGをXbox360向けに展開してくれていますし、マイクロソフトがこれ以上日本市場を軽視しないためにも、今年こそは飛躍の年にして欲しいところです。希望としては最低50万台でしょうか。
 ハードが発売されて4~5年目は収穫の時期と言われています。普及台数は少し寂しいですが、ソフトメーカーには頑張っていただきたいところです。その際には海外でも売れるものを視野に入れるのは仕方がないものの、日本でもうけるものを目指して欲しいです。
 一方、海外市場では一見好調なようですが、Xbox360にソフトを供給しているメーカーが(膨れあがる開発費を背景に)赤字決算を相次いで発表しているなど、決して楽観視できません。

おすすめWiiソフトはこちら

2009年10月17日|

カテゴリー:Xbox360ソフト