Wiiの地固め


Wiiの地固め

 年末商戦期(11月26日~12月30日)の販売台数の結果がエンターブレインより発表されました。Wiiは77万台に対してPS3は23万台と大きく水をあけました。Wiiは12月にWiiFitを80万台以上売り上げただけでなく、北京オリンピックスーパーマリオギャラクシー等も軒並み大商いを演じるなど、据え置き機市場のトップの地位を着実に築きつつあります。
 11月には月間販売台数で初めてPS3がトップに躍り出ましたが、そのリバウンドが54万台の差となって跳ね返りました。値下げ効果&新機種効果が早くも切れてしまった格好です。しかし、任天堂系は年末に強いというイメージがありますが、実際にプレステ系と比べても特段強くはありません。逆に11月に任天堂系が弱いのでその反動でそう感じるのでしょう。(マルガの湖畔の分析より)
 PS3は値下げ効果などを生かせずに、この年末商戦期を十分に普及させることが出来ませんでした。SCE陣営には悔やまれる結果となりました。
 累計台数でもWiiが363万台に対してPS3は120万台と3倍の大差がつきました。2008年はPS3がどの程度巻き返せるのか、注目したいと思います。
 尚、この時期に販売された他のハードはニンテンドーDSは105万台、PSPは64万台といずれも好調に売れています。

おすすめWiiソフトはこちら

2010年9月 9日|

カテゴリー:Wiiソフト