Konozamaの面目躍如


Konozamaの面目躍如

 Wiiスポーツリゾートアマゾンに予約していたのですが、「早くても夕方に到着かなぁ」という予想に反して朝の9時に宅配され‥‥そうになったのですが、残念ながら不在のため受け取ることが出来ませんでした。結局受け取ったのは家族の者が居た昼過ぎだったようです。
 って言うか、いつも思うことなのですが、メール便での投函物でない場合は時間帯指定させてくれても良いんじゃないでしょうか。それとも単に私が時間帯指定の項目を見逃しているだけ?しかし、他の通販会社を利用する場合、例外なく時間帯指定をしている身としては、見逃してはいないと思うのですが‥‥。
 序でに他の通販会社に物申します。どんなに欲しい商品がどんなに安くても、見えるところに送料の書いていないサイトがありますが、そこでは絶対に買いません。たとえ商品によって値段が異なるものだとしても、それなら商品説明の画面で“○○円~”という風に目安は書けるはずです。

 閑話休題。Wiiスポーツリゾートはかなり大きい箱(33×25×12cm)で届きました。適当な箱がなかったのでしょうが、それにしても無駄に大きいです。そして、Wiiスポーツリゾート自体の箱もWiiモーションプラスを同梱しているため予想通り大きい箱でした。
 まぁ、はじめてのWiiの時とは違い、高さはWiiソフトのジャケットに合わせてあるので、他のジャケットと同じようにDVDケースに並べることが出来るだけマシなのですが、ソフトの箱は全て取っておく身としては、出来るだけコンパクトにして欲しいなぁ、という願望があります。Wiiスポーツリゾートの場合は中身もオール段ボールなので畳めますので、いざとなれば本棚の中に紛れ込ませることも可能だと思いますが、はじめてのWiiは折り畳むことが出来ませんので、未だに箱のまま残っています。

 またまた話が逸れてしまいました。パッケージの中身はWiiスポーツリゾートのソフト(単品パッケージはバーコードがありません)にリモコンジャケットが一体化したWiiモーションプラスが同梱されています。Wiiリモコンジャケットを分離することも可能ですが、当然のことながら任天堂はジャケットを装着しての使用を強く勧めています。
 ところで、Wiiモーションプラスの取扱説明書が丸まって添付されていましたが、どうにかならなかったのでしょうか?確かにソフトのパッケージに入れるにしては、単体パッケージ内に結構な量の紙媒体が封入されているので、ちょっと厳しいですし、同梱版の箱が小さい方が好ましいことを自ら述べた身としては、コンパクトに纏めるように努力されていますから、あからさまに否定は出来ませんが、それでも30ページに及ぶ取説を丸めるってどうよ、と思ってしまいます。

 パッケージの中には大きなウーフーアイランドの地図が入っています。この力の入れ様は、公言通り今後もウーフーアイランドで何らかの展開があることを示唆しているものと思います。ところで、ウェッジ島にはゴルフコースがありますが、どう見ても9ホールしかないように見えます。果たして18ホールはどう工面しているのでしょうか?
 Wiiスポーツでの新しいスポーツも気になりますが、個人的には前作にも登場したゴルフとボウリングがどのように進化したのか、非常に楽しみです。

 因みにオリジナルカラーWiiリモコンキャンペーンには応募済みです。5000名が多いのか少ないのかは意見の分かれるところでしょうが、個人的にはリーズナブルなWiiスポーツリゾートのキャンペーンとしては文句の言えない数を揃えていると思います。

 ではこれからいくつかのゲームを楽しんでみたいと思います。(つづく)

おすすめWiiソフトはこちら

2009年2月25日|

カテゴリー:Wiiソフト