涼宮ハルヒの激動 レビュー


涼宮ハルヒの激動 レビュー

 発売日から1週間という時期に半額以下と言うことで思わず買ってしまいましたが、個人的には周りの酷評ほど悪くはありませんでした。

 実際にプレイされているユーザーの中で一番問題とされているWiiリモコンの反応の悪さですが、その原因はWiiリモコンを振ってしまうからだと思われます(パッケージデザインとは齟齬が生じていますね)。Wiiリモコンを(意識的に)パントマイムをするようにスライドさせると結構快調に反応してくれます。私はリズム天国ゴールドで20%くらいは“平凡”(クリアの最低ライン)すら達成できない程度のリズム感の持ち主です。それでもこのゲームでは一通りSランクを出せますので、ゲームとしては決して難しくはありません。それにチュートリアルも丁寧で充実していますので、そこでしっかりとコツを掴めます。

 また、ボーナスゲームなどのミニゲームも意外と燃えます。因みにじゃんけんは後出しが可能ですので、5連勝は簡単に達成できますし、ホームラン競争も8~9割方ホームランが打てます。ですので、本編と併せて難易度は低めの印象です。やり込み要素もそこそこありますし、長門ビューワーに至ってはマニアックと言いますかなんと言いますか。

 一方、女性キャラは原作(アニメ)と比べると細身になっています。肩幅は男性キャラと比べると極端に狭くなってますし、太股のムッチリ感もありません。折角角川書店が作っているのですから、このあたりもしっかりと周到して欲しかったところです。また、シナリオモードから他のモードに移動しようとしても、一端リセットしてタイトル画面に戻る必要があるのもいただけません。セーブ画面で一つ“タイトルに戻る”という項目を儲けるだけで問題は解決するのに‥‥。但し、踊っている最中のみ戻ることが出来ます。なんとな~く中途半端な仕様です。

 音ゲーの割に曲数が(特訓を除くとエンディングと併せて10曲と)少ないですが、その全てが涼宮ハルヒの憂鬱の世界で統一されたものとなっていますので、そう言う意味では多少少ないのも仕方がないかな、と思います。

 ゲームとしての評価は(Wiiリモコンの操作の仕方さえ間違わなければ)普通、ネガティブで見ると欠点も多いですが、ファンアイテムとしては(ハルヒの支離滅裂・唯我独尊さを含めて、)キャラクターの魅力を十分に引き出していますので、ポジティブに見れば十分に楽しめます。
 因みにパーフェクトを連発すれば100万ポイント以上になります。

おすすめWiiソフトはこちら

2009年11月 4日|

カテゴリー:Wiiソフト