レッツタップ 提案


レッツタップ 提案

 Wiiリモコンを箱の上に置き、その箱に細かな振動を与えるとその振動をWiiリモコンが検知することによりキャラクターに様々な動きをさせるゲーム、レッツタップが先週発売しましたが、案の定販売は苦戦しているようです。
 その理由として、指でタップしかしないゲームなのに定価が5040円もするところにあるのではないかと思います。確かにゲーム内容はタップするだけですが、強弱やタイミング・リズムなど意外と奥が深いのですが、一見しただけではその奥深さは残念ながら判らないでしょう。しかし、できることが少ないというだけでは太鼓の達人などでも言えることですので、プレゼンの問題とも言えなくもないのですが。

 ところで、このソフト、開発当初はWiiウェア用として開発していました。しかし、パッケージソフトとしても見劣りしないだけのものが出来上がったことからパッケージソフトとして売り出すことになったようですが、このソフトはWiiウェアでこそ発揮したのではないでしょうか。今からでも遅くありません。Wiiウェアでレッツタップの切り売り&体験版を出すべきでしょう。そうすることによってパッケージ版にも相乗効果が生まれるはずです。Wiiウェアでは専用の箱は付属しませんが、自分にあった箱探しという別のミッションが加わる楽しさもあります。
 また、意外なことに、PCでもWeb体験版ができます。マウスをティッシュのはこの上に置くと疑似体験ができます。さすがにWiiリモコンの感度には劣りますが、少しはこのゲームの面白さが垣間見えるのではないでしょうか。

おすすめWiiソフトはこちら

2010年8月25日|

カテゴリー:Wiiソフト