任天堂がクルマを作ったらどうなるか考えろ


任天堂がクルマを作ったらどうなるか考えろ

任天堂がクルマを作ったらどうなるか考えろ」
 トヨタ幹部は開発現場にこう言ったと伝えられます。
 会社規模ではまだまだ超巨大企業には劣るものの、純利益率・資産の健全性・成長率は群を抜き、国内では時価総額3位の地位を確立しつつある任天堂の開発理念は、その分野でも先見の明があったトヨタですらも一目を置く存在になったようです。

 さて、9月に行われた東京ゲームショウでは、昨年のソフトウエアの売上本数ではポケモンと併せて過半数を占めた任天堂が出展していなかったのですが、Games Japan Festa 2007では任天堂もしっかりと出展してました。売上規模ベースでいけばゲームショウより華やかなイベント、ということなんですが、如何せん大阪での開催がメインですので。(今年は幕張での開催もあります)
 その中ではWiiFitを初めて一般ユーザーが体感出来るとあって、大変盛況でした。端から見ていると「何でそんな簡単な操作が出来ひんのか?」等と思っていたのですが、いざ自分がするとなるとなかなか難しく、Wiiリモコン以上に「誰もが同じスタートラインに立てる」ソフトなんじゃないかと思いました。
 ただ、WiiFitが4台しかない他、目玉の大乱闘スマッシュブラザーズXが無かったのが残念ですね。まぁ、スマブラを置いてしまうとそれに人が集まりすぎてしまうので、それを嫌ったのかも知れませんが。あと、イベントがタイトーマイクロソフトだけってのも寂しいですね。コナミとかバンナムでも少し力を入れれば出来そうな気がするのですが。

 既に大阪会場は終わってしまいましたが、幕張会場は再来週に開催されます。入場料も無料ですので、ぶらっと寄ってみてはいかがですか?


蛇足
 この前のファミ通レベルファイブプレミアムシルバーレイトン教授と悪魔の箱に収録することに対して「来場者のみにプレゼントするのが妥当だ」という意見が多かったのには大変驚きました。地方の人は遠出をしない限りゲームイベントに巡り会えません。にもかかわらず東京ゲームショウで得た利益を、自分が損をするわけではないのに、地方の人が特典を得ることに不平を漏らす理屈が解りません。しかも、非来場者がそれを得るためには、ソフトの購入というハードルを経る必要があるわけです。
 もし、他の人が得をするだけで自分が損をすると感じるのであれば、それは非常に悲しいことだと思います。
 だからと言って、その意見を抹消して載せろ、と言うわけではありません。ただ、そういう意見があった上で、健全なユーザーのあり方を問うのも誌面作りでは大事なのではないでしょうか?

おすすめWiiソフトはこちら

2010年7月13日|

カテゴリー:Wiiソフト