428 ファーストインプレッション


428 ファーストインプレッション

 428~封鎖された渋谷で~が発売から既に1週間が経過しましたが、はっきり申しまして、まだ2章までしか進んでいません。私は文章を読むのが遅いのですが、それを差し引いても我ながら遅いなぁと思っています。
 選択できる主人公が5人になったことで急激に物語に広がりができました。それぞれがどのように接点を持って影響を与えるのかは楽しみなのですが、基本的に接点を持ってしまうとバッドエンドになる感じですね。分岐点等がチャートで見易く表示されていますし、攻略のヒントも用意されていますので、クリア自体はそう難しくはないでしょう。ただ、全てのバッドエンドを出すのはバッドエンドになるためのヒントはないため、クリアすることに比べると少々骨が折れると思います。
 システムの不満は前回も書きましたが、慣れれば全く感じなくなりました。それどころか、片手でプレイできるので、好きなプレイスタイルで楽しめるなどの利点の方が目立って、ますます粗が見つからなくなりました。まだこのようなことを述べるのは早いですが、あとはどのような結末を迎えるのかだけにかかっていると言っても過言ではありません。

 このペースだと多分来年の春頃にならないとクリアできそうにありませんのでレビューはしない方向になると思います。しかし、体験版も評価が高かったのですが、クリアした方々の評価も非常に高く、ゆっくりではありますがじっくり楽しみたいと思います。個人的に恐れているのは何気ないサイトでのネタバレです。ゲーム関連のサイトの管理者は当然として、コメントを載せる人も節度ある書き込みをお願いしたいと思います。

 あっ、そうそう、不満点が一つだけありました。それは体験版をプレイしていても、製品版でもう一度初めからプレイし直さなければならないところです。セーブデータが共有ならばアドバンテージを生かして2章(11時)から始めることができたのですが‥‥。

おすすめWiiソフトはこちら

2010年8月12日|

カテゴリー:Wiiソフト