スーパーマリオギャラクシー 発売


スーパーマリオギャラクシー 発売

 本日、Wii用ゲームソフトでありますスーパーマリオギャラクシーが発売されました。もう既に遊ばれた方もいらっしゃるでしょう。羨ましい限りです。
 私は現在据え置き機でドップリと遊べる状態ではないため、携帯ゲーム機にウエイトを置いていて、スーパーマリオギャラクシーの購入は未だ検討段階です。(そのくせWiiFitは予約済みですが)

 先週“社長が訊く「スーパーマリオギャラクシー」”の最終回であります“宮本茂篇”が公開されました。今回の話はこのゲーム開発秘話というよりも、ゲーム作りの長年の課題の達成だったり、新たな方向性についての話でした。勿論スーパーマリオギャラクシーを遊びたいという欲求に駆られる興味深いお話もありました。
 その中には「家に帰ったらスターを1枚」という話があって、中間ポイントをどのバランスで設定したのか、という話がありました。昔ならスーマリを1からやり直しても苦にならないほどゲームをする時間がありましたが、現在は御多分に漏れず先ほども申した通り、腰を据えるのが難しくなって参りました。それをも考慮した作りというのはさすがです。
 しかし、だからといって難易度をいたずらに下げるというようなことはなく、“Wiiは初心者を対象にしたソフトばかりだと考えてる人に対しては、「任天堂情報開発本部の体育会系のつくりは健在でございますよ」という部分(もある)。全部のスターを、取れるものなら取ってみてくださいと言いたいですね。”と語られている通り、腕に覚えのある人にも手応えを感じられる作りのようです。一応3D酔いしながらもスーパーマリオ64をクリアした小生としても、挑戦したい気もあります。

 財布は兎も角、時間と気力の問題が解決すれば、勢いで購入してみようと思います。(ここまで書いといて購入に踏み切れないのは、買った限りはクリアしたい人種なので‥‥。でも、少なからず積みゲーが存在するのはスルーの方向でお願いします。)

おすすめWiiソフトはこちら

2010年7月 1日|

カテゴリー:Wiiソフト