通信対局囲碁道場2700問


通信対局囲碁道場2700問

 任天堂からWiiウェアのソフトとして通信対局囲碁道場2700問が配信されます。配信開始日は8月5日、価格は1000Wiiポイントとなっています。
 囲碁を全く知らない人でも、ルールや遊び方を一から覚えることのできる入門囲碁道場で学び、コンピューターとの練習対局や囲碁理解度判定で実力を付けていきます。また、ニンテンドーWi-Fiコネクションを通じて、日本全国の棋士と持ち時間30分の通信対局を楽しむことができます。対戦でも19路盤以外にも9路盤でや13路盤での対局が楽しめたり、手合割と呼ばれるハンディキャップを設定することもできます。
 更に上級者でも手ごたえ充分の問題集が収録されていますので、幅広いユーザーが楽しめるようになっています。

 さて、囲碁のゲームといえば「任天堂が囲碁ゲームを出す際は、山内溥前任天堂社長と勝負し、コンピュータが勝たなければならない」という暗黙の了解があります。ただ、今作のコンピュータとの対局は入門用の練習対局に限られていますので、上級者用のコンピュータ対戦が収録されていないことから、ギリギリ守られているのではないでしょうか。

 因みに通信対局早指将棋三段は既に7月23日より配信が開始されています。

おすすめWiiソフトはこちら

2010年3月30日|

カテゴリー:Wiiソフト