岩田社長が次世代機についてコメント


岩田社長が次世代機についてコメント

 米国の経済誌フォーブスでは次世代ゲーム機についての記事が取り上げられています。SCEマイクロソフト任天堂各社はその中のコメントで、新機種の登場は2012年~2018年とまだまだ先になることを臭わせています。

 任天堂の岩田社長もフォーブスに以下のコメントを寄せています。
「私達は常に次を準備しています。次世代機も開発中です。しかしその一方で、ハードは箱であり、ユーザーはゲームを遊びたいからハードを買ってくれるのです。どのハードも革命的な特徴が必要です。Wiiでは革命的なユーザーインターフェイスを実現しました。それが次も同じかどうか、それは言えません」
「多くの人が任天堂がまた次も違ったことをしてくるだろうと期待するのは自然なことです。その期待が集まれば集まるほど、期待を上回るのは更に難しいチャレンジになってきます」

 任天堂は昔からハードの研究は新機種発売直後でも常に行っていることが知られています。ですので、次世代機の開発コメントは別に驚きではありません。その一方で、発売が2012年以降となればデジタル放送本格移行で、HD機器の割合も過半数に達するでしょうからWiiの後継機もHD化する可能性は高いでしょう。またインターフェースの進化が一体どういう形となって現れるのか、Wiiリモコンようなインパクトを与えてくれそうで楽しみです。

おすすめWiiソフトはこちら

2010年3月30日|

カテゴリー:Wiiソフト