E3の反省


E3の反省

 任天堂岩田社長E3の発表で精彩を欠いたと反省の弁を述べています。
 E3ではWii Sports ResortWii MotionPlusどうぶつの森Wii Musicが発表されましたが、いずれもライトユーザー向けのゲームでした。その為、任天堂はゲーマーを軽視しているのでは?という批判がありました。それに対して当初は「E3は幅広いユーザーに訴求するタイトルを発表したい」という旨を公言していたのですが、それでもやはり全く情報がなかったことに対して任天堂は「コアゲーマーを無視しているのは誤解。その誤解を取り除きたい。ビックタイトルは長い開発期間を必要とする(ので未だ発表できる時期ではなかった)。E3の発表で期待していたユーザーに対してお詫びします」と率直に岩田社長が非を認めています。
 非を非と認める、そして何が悪かったのかを明確にできるところが岩田社長の優れたところでしょう。しかもその時の空気や様々な人の評価を迅速に感じとり、早い段階で決断を下しています。
 未だ公式発表ではないですが、ゼルダマリオピクミンの新作を開発していることを示唆しています。いずれ然るべき時期にゲーマー向け作品の発表もあると思いますので、暫く静観してみたいと思います。

おすすめWiiソフトはこちら

2010年3月25日|

カテゴリー:Wiiソフト