WiiFitの期待


WiiFitの期待

 前回もお伝えしました通り、WiiFitは12月1日に8800円に発売されます。ダイエットなどは日本だけではなく、アメリカでも関心のあることですので、ヒット商品になる可能性は大です。
 今まではフィットネス機器を買っても、すぐに飽きられて埃を被っているというパターンも多々ありますが、WiiFitの場合は、40種類ほどのパターンが用意されていて、飽きさせない工夫が施されています。仮に飽きたとしても、従来のフィットネス機器に比べればWiiFitの価格は安いので納得もいくでしょう。
 ただ、Wiiバランスボードは意外に大きく頑丈に出来ているため、結構嵩張ります。重さもパッケージ込みで4.5kgといわれていて、家路に就くまでに筋トレが実感できそうです。

 さて、折角普及しそうなバランスボードをWiiFit専用にしておくのはもったいないです。任天堂も「問い合わせが殺到しています」といわれている通り、対応ソフトが登場するでしょう。
 例えば、本日発表になったバンダイナムコゲームスから発売が予定されているファミリースキーでは、Wiiリモコンヌンチャクをストックに見立ててコースを滑るらしいのですが、ここでバランスボードを対応させるようにすると、体感ソフトとして更に面白味が増すでしょう。しかし、バンナムとすれば同社から発売される予定のファミリートレーナーの専用マットに対応させる、という手もありますが。
 他にもバスケットのフリースローやスノーボードなどで、バランスボードの方が操作がしっくりくる、若しくはWiiリモコンだけでは物足りない等、様々な利用方法が考えられます。Wiiリモコンクラシックコントローラーゲームキューブコントローラーと使えるコントローラーが多い上にバランスボードを補完するとなると作る方は大変になるでしょうが、この辺りは是非頑張って頂きたいと思います。

おすすめWiiソフトはこちら

2010年6月19日|

カテゴリー:Wiiソフト