意外に多い?Wiiiからのネット利用


意外に多い?Wiiiからのネット利用

 インプレスR&Dが毎年発行しているインターネット白書の2008年版の中で、パソコン以外からのインターネット接続について興味深い集計結果が発表されています。
 それによれば、インターネット利用者が使用しているパソコン以外の接続機器の1位は予想通り携帯電話です。そして2位には他のネット対応端末を差し置いてWiiが躍り出ています。
 Wiiからのインターネット利用率は全体の7.7%を占め、その割合が大きいことが伺えます。Wiiの所有率はパソコンのインターネット利用者全体の内、17.7%を占め、Wii所有者の43.5%相当のユーザーがインターネットを利用していることになります。この数字は任天堂が発表しているWiiのインターネット接続率よりも少し高くなっています。
 また、携帯ゲーム機に関しては、PSPからの利用は4.7%に対して、ネット環境が整っていない割合が高いと言われているニンテンドーDS Liteからの利用は6.5%と、ニンテンドーDS Liteに軍配が上がっています。尚、ニンテンドーDS Liteという括りでの集計なので、ニンテンドーDS(旧型)は別項目での集計になっていると思われます。

おすすめWiiソフトはこちら

2010年2月13日|

カテゴリー:Wiiソフト