リメイク作品で初週ミリオン達成


リメイク作品で初週ミリオン達成

 9月12日に発売し、初日にミリオン達成したポケットモンスターハートゴールド/シルバーソウルは12・13日の二日間だけで141万本を売り上げました。過去のポケモンはもとより、PS2DSでリメイクが発売されたドラゴンクエストシリーズでさえも到達しなかった初週ミリオンという快挙を楽々達成しました。しかも、「予約をしなくても買える」と楽観的ユーザーを中心に多数のポケモン難民を生み出していますので、数さえ出荷されていれば200万本に届く可能性があったのではないでしょうか?
 ハートゴールド/シルバーソウルはポケモン史上最高の出来といわれるゲームボーイカラーで発売した金/銀のリメイクですので、普通に移植するだけでも折り紙付きなのですが、ほかのシリーズいいとこ取りの上、歩けば歩くだけ特典満載のポケウォーカーが付属していますので、ゲームの幅がよりいっそう膨らみます。
 週末も僅かながら出荷されますので、どうしても欲しい方はこまめにショップ行脚に励む必要がありそうです。その次はシルバーウィークの関係で10月頭になるとされています。

 因みに、ハートゴールド/シルバーソウルの次週以降の出荷が少ないのは、別に半導体を使っているDSソフトだからって訳ではありません。DSソフトは前にも検証しているとおり、日産100万枚の生産体勢を整えています。それは(お盆休みを除いて)順調にリピート生産を続けているトモダチコレクションドラゴンクエスト9からも分かります。
 ただ、このソフトは歩いてわかる 生活リズムDSでも採用されているカートリッジ内に赤外線通信のユニットが内蔵されています。更に付属品にポケウォーカーがありますので、どちらかというと、そっちのイレギュラーな条件で遅れています。
 まぁ、今後北米や欧州でもハートゴールド/シルバーソウルは発売されますし、そういった(カートリッジ内に赤外線通信を内蔵する)仕掛けのソフトが他にも増えていくのであれば、そのあたりのボトルネックも徐々に解消されていくと思います。

おすすめWiiソフトはこちら

2009年5月15日|

カテゴリー:任天堂DSソフト