涼宮ハルヒの直列 レビュー


涼宮ハルヒの直列 レビュー

 クリアは2週間前にしていましたが、アルバム(1枚絵のCG)等をフルコンプするために約60時間ほど費やしてしまいました。これのお陰でドラゴンクエスト9が始められませんでしたが、漸く始めることが出来ます。

 難易度としては非常に低く、適当にプレイしていてもクリアできるくらい簡単です。ただ、涼宮ハルヒの憂鬱射手座の日までの各エピソードが漏れなくちりばめられていて、思わずニヤリとしてしまいます。基本的な話の流れは一本道ですが、SOS団メンバーの組み合わせで1つのエピソード内に20~30程度のサブストーリーが楽しめます。
 このゲームではハルヒをことある毎に仲間はずれにしている感はありますが、ハルヒに変異を知られてはならないというこの世界のルール上仕方がないところです。また、解決パートではキョンの一人称から外れる部分がありますが、「サムデイ イン ザ レイン」が受け入れられるのなら問題ないと思います。
 バストアップのキャラは非常に表情豊かで見ていて飽きません。その一方、アルバムの絵でバランスの欠いたクオリティの高くない絵が見受けられ、非常に勿体ないです。
 文章量は涼宮ハルヒの並列と変わらないと思いますが、ボイスは限定的なため、フルボイスを期待すれば肩すかしを食うかも知れません。まぁ、新世紀エヴァンゲリオン 綾波育成計画DSではフルボイスだっただけに、フルボイスは無理だとしても、もう少し増やせたのではないでしょうか、という思いはあります。そういう方も含めて、涼宮ハルヒの並列ならフルボイスな上、豪華客船上に展開される様々なドタバタ劇を堪能できると思います。しかし、根幹のストーリーは、涼宮ハルヒの世界を周到していると思いますので、裏切られること無く、十分堪能できる内容となっています。

 一回エンディングを見るだけならそれほどボリュームはありませんが、全キャラ攻略&アルバムフルコンプを目指すならボリュームが十二分にありますので、たっぷり楽しめる作品となっています。現状安くなっているので、お買い得ですよ。

おすすめWiiソフトはこちら

2009年3月27日|

カテゴリー:任天堂DSソフト