DSLiteでファミコンがプレイ可能に


DSLiteでファミコンがプレイ可能に

 今回はマジコン‥‥等という不正行為を助長するような商品ではなくて、ちゃんとした商品のお話です。が、その前に、ファミコンの本体はファミコン登場後20年が経過した時点で特許が切れています。その為、ファミコン本体と同等の仕様のパッチモン本体が発売されていても特許の侵害には当たりません。尚、2年後のスーパーファミコン本体の特許切れの時にも同じ事態になると思います。

 DSLiteでファミコンがプレイ出来る装置が発売されることが決定しました。DSLiteにファミレータLiteというアタッチメントをかますことにより、ファミコンソフトを動かすことが出来きます。ファミコンソフトを死蔵している方も多そうですので、結構需要がありそうな気がします。おまけに連射機能やテレビ出力機能等も備えています。
 しかし、今回はDSLite専用ですので、旧型ニンテンドーDSには対応していません。性能差はないので、形状だけの問題なのだとは思うのですが、この辺りは少し残念ですね。
 ファミコンソフトをそのまま装着して携帯ゲーム機で遊ぶ、今までにないユニークな商品で、個人的には興味があります。よくよく考えると、DSのボタンの配置はスーパーファミコンと同じです。と言うことは、2年後にはスーパーファミコンのソフトがDSで遊べるようになる可能性も十分ありますね。但し、重量感は増すことになりそうですが。

 発売日は12月上旬、価格はオープンプライス(実売は5000円台)となっています。
 因みに私の場合、少しガタはきていますがファミコンはまだ現役ですので、ファミコン専用テレビが壊れるかファミコン本体が壊れるまでは少し待ちたいと思います。

おすすめWiiソフトはこちら

2010年7月27日|

カテゴリー:任天堂DSソフト