コナン&金田一 ファーストインプレッション


コナン&金田一 ファーストインプレッション

 積みゲーが減らない中、次に始めたのが名探偵コナン&金田一少年の事件簿 めぐりあう2人の名探偵でした。まだ2章を始めたばかりですが、なかなか巧いこと(干渉しすぎない程度に)互いのキャラクターが融合している感じです。
 推理自体は非常に易しく、例えば『1+11=』の暗号も見た瞬間にすぐに解り、「さっさと該当する人物を登場させろ」と思いましたし、方法やアリバイにしても『滑車はいつになったら証拠品として出てくるのか』、『クローゼットの服は~』『校長の写真は~』と、これでもかと言うくらいヒント、というか答えがちりばめられていました。
 小学生でも詰まることなくストーリーが楽しめる、という視点は良いのですが、推理の場面ではもっと書き問題の割合を高めても良かったのではないかと思います。1章が特別簡単すぎただけなのかも知れませんが。

 ところで、気になるところがあります。阿笠博士がコナンに対して「新一君」と語りかけるのですが、アニメでは通常「新一」と呼び捨てにしているので非常に違和感があります。マンガの方は君付けだからかどうかは知りませんが、これのお陰で興を醒ましてしまいます。これさえなければ、ねぇ。

おすすめWiiソフトはこちら

2009年11月19日|

カテゴリー:任天堂DSソフト