DSi 発売1か月で53万台を販売


DSi 発売1か月で53万台を販売

 任天堂から11月1日に発売されたDSiが発売1か月で535,379台を販売しました。また、Liteも僅かながらプラスされるため、DS本体の累計販売台数は2423万台となり、年内2500万台もほぼ確実な情勢となりました。
 DSiは来年早々に海外でも発売開始されますので、当然DSiの生産数も増えるでしょう。今のペースだと年内100万台がギリギリ‥‥という感じですので、前倒しで増産する(している)かもしれませんね。

 一方の年内販売台数で、一時期PSP40万台以上水をあけられていましたが、7.6万台の差と急速に縮まっています。PSPは年内販売台数首位を死守できるのか!と思ったのですが、DSって12月は4年連続で100万台前後を売ってるんですね。ということは選挙速報なら「開票率80%で現在2位のDSが当選確実となりました」って感じでPSPを逆転して3年連続で販売台数首位の座をほぼ手中に収めた、というところでしょうか。
 尚、WiiはPSPに対して80万台の差がありますのでほぼ不可能です。また、SP3は同220万台の大差、Xbox360は270万台の大差ですので、大富豪が買い占めを行っても本体を揃えることができませんので水増しでもしない限り逆転することはあり得ません。

おすすめWiiソフトはこちら

2010年8月 5日|

カテゴリー:任天堂DSソフト