カルドセプトDS ファーストインプレッション


カルドセプトDS ファーストインプレッション

 予備知識も殆どなく、説明書も読まずにいきなりプレイしました。始めは肩慣らしに1人で対戦モードから始めて、途中でルールを確認しながらのプレイというスタイルを取ることにしました。それでも10ターン目くらいまではトップ争いを展開していたのですが、後半になって領地をどんどんと奪われてしまい3位に。
 リベンジとばかりにもう一回したが、同じような展開の上、終盤は盛り返すことは疎か、終盤でレベル4の領地に止まり、圧倒的なHPに太刀打ちできず魔力がマイナスになってしまい、そのまま4位フィニッシュ。素人相手にタコ殴り状態で、面白味が全く解りませんでした。

 ところが、駄目元でストーリーモードを開始すると、チュートリアルっぽい親切な説明がある上に敵も1人なので分かり易く、相手のカードも若干弱め。先に痛い目に遭っていることもあり、余裕を持ってクリアできました。ここで初めて最初はストーリーモードから始めるのがセオリーなんだと知りました。
 それからゲームの内容の奥深さにどんどんとハマりこんでいます。あまりに力を入れてDS本体を持っていたため右手中指の付け根辺りが筋肉痛になってしまいました。が、ついもう一回‥‥とプレイしてしまい、よけいに悪化してしまいました。キーボードを叩く分にはあまり支障はないのですが、本を持ったりすると激痛が走ってしまいます。ゲームもほどほどに、という教訓ですね。

 というわけで、ストーリーはまだ1/3ぐらい?だと思いますが、これ以上悪化させないためにカルドセプトDSは暫くお休みして、その代わりにマジックアカデミーDSをプレイしたいと思います。

おすすめWiiソフトはこちら

2010年6月27日|

カテゴリー:任天堂DSソフト