ニンテンドーDSのDSiの提案


ニンテンドーDSのDSiの提案

 今回はどこにも既出していないニンテンドーDSDSiを同等の装置にするための周辺機器について考察したいと思います。因みにこの話は妄想ですので、あらかじめご了承を。

 昨年大人のDS顔トレーニングというソフトが発売されましたが、そこにはフェイスニングスキャンという顔認識カメラが同梱されています。このソフトの詳細は省くとして、今回はこの顔認識カメラに注目してみました。
 この付属しているカメラを改良(と言うよりも、根本的に作り替えを)して内蔵メモリーとSDカードスロット等を加えたものが出来上がると、既存のDSでもDSiの機能を使えるようになります。その場合、音楽を聴いたり写真を撮ったりというDSi機能を使うときはゲームボーイアドバンス側の起動で良いのではないでしょうか。当然カメラやDSiウェアでダウンロードしたツールなどを利用するDSソフトは、DSiにもこの周辺機器にも対応するようにします。
 そうそう、カメラはカートリッジの裏表2カ所に標準装備します。携帯電話のように回転させるようにすると、壊されちゃう可能性もあるので。30万画素のカメラレンズなら200円もしないので、回転させる機能をつけなければそれだけ差額が縮まりますし、壊れ難さを考えるならレンズは2カ所にする方が良いと思います。DSiも2カ所にありますしね。

 本体の基本性能が特に上がっている訳ではないので、こういった周辺機器で対応する可能性は十分にあります。任天堂としてもニンテンドーDSiウェアを軌道に乗せる意味でもこういった周辺機器を発売する可能性は十分あります。と言うよりも、既存ユーザーに買い換えを強いらないためにも、そうしなければいけないでしょう。
 盛りだくさんの機能を搭載していますが、なんとか5000円以内に抑えれば、今後の展開如何では爆発的に(プレイステーションのデュアルショック並みに)普及していくのではないかと思います。

 というわけで、任天堂にはこの妄想を商品化することを提案します。って言うか、案外発表間近なのかも知れませんが。
 因みにSDカードをそのまま使うとGBAスロット側はかなりはみ出てしまうことになりますが、元々カメラ自体がはみ出ているので、ユーザーがどこまで妥協できるか、ということになりそうですね。

おすすめWiiソフトはこちら

2010年6月 6日|

カテゴリー:任天堂DSソフト