任天堂の逆鱗


任天堂の逆鱗

 違法コピーに有効な一手を打つことが出来ず手を焼いていましたが、それを漸く打破することが出来るかもしれない日が訪れました。任天堂ニンテンドーDSにソフトを供給しているメーカー(セガカプコンタイトーハドソン等の大手を含む)54社と共同で、R4DSTTN5等のマジコンと呼ばれる機器を輸入・販売している会社を不正競争防止法に基づいて東京地方裁判所に提訴したことを発表しました。

 マジコンはゲームソフトの中身をコピーして、そのデータを起動することで遊ぶことのできる機器の総称です。
 今回の場合、ニンテンドーDSのゲームデータをSDカードなどにコピーしてそれをマジコンで読み込むことによりニンテンドーDSでゲームをすることが可能になります。しかも、数年前までは自前でデータを揃えなければならなかったため、ある程度敷居の高いものでしたが、最近はインターネットの違法アップロードサイトなどで簡単に入手できるだけでなく、パソコン雑誌などでその方法を紹介しているなど、手軽に出来るようになったため、ソフトメーカーに大きな損害を与えている可能性があります。
 任天堂およびソフトメーカー各社は、「このような機器が市場に蔓延することにより、コンピュータゲーム産業全体の健全な育成・発展が阻害されると判断し、同種同等のいわゆるマジコンと呼ばれる機器に対して、継続して断固たる法的措置を講じる所存です」という声明を発表しています。

 尚、今回は輸入・販売業者のみを訴えましたが、この訴訟の行方次第では違法アップロードの実行者は勿論、その方法を指南した雑誌社も対象になるのかに注目したいと思います。

おすすめWiiソフトはこちら

2010年3月29日|

カテゴリー:任天堂DSソフト