ファイナルファンタジー4 レビュー


ファイナルファンタジー4 レビュー

 遅まきながらファイナルファンタジー4のレビューです。
 スーパーファミコン版はRPGの中で最もクリアしたゲームでした。ゲームスタートからエンディングまでを通してプレイしたこと二十数回を数え、最短プレイ時間5時間46分を達成しました。(ファミ通やりこみ大賞にもビデオを送りましたが不採用でした。)
 それほど熟知しているゲームなのだからプレイも簡単だろう、と思っていたのですが、なぜか戦闘バランスが高めに設定されているため、数カ所でしか行わなかったレベル上げを頻繁に行わざるを得ない事態となりました。DSファイナルファンタジー3ファミコン版未体験ながらもレベル上げをすることなくクリアできたのと対照的です。
 戦闘のテンポも悪いですし、大人のリディアのグラフィックはダメダメですし。しかも、デカントアビリティは理解できないままでした。これでは折角の新要素の台無しです。
 スーパーファミコン版ではきつめだった街やダンジョンの色遣いが、中間色多様で良くなったことは評価できますが、個人的には強くお薦めしたくないです。回避できない重大なバグもありますし。どうせならあまり期待は出来ませんが、ヴァーチャルコンソールでの配信を望みたいと思います。

おすすめWiiソフトはこちら

2010年12月22日|

カテゴリー:任天堂DSソフト