新型PS3のCM


新型PS3のCM

 昨日の新型の発表に合わせて新型プレイステーション3のテレビコマーシャルも展開され始めました。ところが、このCMいったいどこに向けて情報を発信しているのでしょうか。このとがり具合は男子中高生~20代前半までの狭い範囲、しかもそのごく一部にしかウケが良くないと思われます。当然親にねだっても、CMを見た親の心証が良いとは思えないので、買ってもらえる可能性は寧ろ低くなりそうな、それどころか自分で買うと言っても許可を得られにくくする、そんなCMです。
 CM自体も問題ですが、それ以上に問題なのがCMのキャストです。窪塚洋介高城剛山本KIDの3人が起用されるのですが、いずれも胡散臭さ爆発な上、その内の過半数が高相法子押尾学が話題作りのために使用していた麻薬問題がつきまとっています。仮に身が潔白だとしても、そういう噂がある人物をPS3のイメージを決定づけるCMに登用する必要性を感じません。折角の巻き返しのチャンスを自滅という形で潰さなければいいのですが。まぁ、さすがに初回出荷分は直ぐに売り切れるとは思います。

 ところで、過去負けハードが逆転したことがないともいわれていますが、過去は過去です。Wiiが現役の間はさすがに逆転は考えにくいですが、Wiiは2~3年後にはHD対応のゲーム機を出してくる可能性があります。その一方、PS3は発売当初、「10年後も現役」と息巻いていましたので、まだ折り返し地点にさえありません。現行のWiiが(世代交代のために)先にリタイアすることにより、PS3がシェアを延ばすことも考えられますので。

おすすめWiiソフトはこちら

2009年4月20日|

カテゴリー:プレステソフト