薄型PS3登場!


薄型PS3登場!

 日本では9月3日に薄型PS3が発売されることが発表されました。現行PS3に比べ体積・厚さが約2/3への小型化を、重量も約27%(4.4kg→3.2kg)の軽量化を実現しました。更にハードディスクも120GBに容量アップされています。しかも、消費電力も初期モデルと比較して2/3に省電力化を図ると共に、ファンノイズを低減し静粛性をより高めました。
 全てに於いて期待を裏切らない仕様となっていますが、驚くべきことにその希望小売価格は現行より値下げされて29800円となりました。今まで買い控えていたユーザーの掘り起こしは相当なものになると思います。
 しかし、懸念材料が全くないわけではありません。現行機種でさえ未だ逆ザヤが解消されていませんので、新型投入による赤字拡大が経営に再びのし掛かることになります。発売当初は十数パーセントといわれる高ロイヤリティでの黒字化をもくろんでいましたが、思ったほど普及が進まずに赤字脱却に喘いでいましたが、これでハードが普及してソフトがそれ以上に売れることによって、ロイヤリティ収入で潤うことが出来るのか、それとも今まで通りロイヤリティ収入が逆ザヤを埋められずに赤字のままなのか、ハイリスクハイリターンな2階建て戦略に注視していきたいと思います。
 尚、PS2互換については発表がありませんでしたが、PS2本体自体もまだまだ現役で市場に投入していますし、既に時機を逸しつつあると思いますので、無理に付ける必要もないと思います。
 そういえば(特に)中古の40GBの市場価格が(株式市場ならストップ安の値幅制限を超えての)大暴落をしています。既に手遅れになりつつありますが、買い替えをご希望の方は早い目に売った方がまだ高く売れるかと思います。

おすすめWiiソフトはこちら

2009年4月19日|

カテゴリー:プレステソフト