PS3 マイナーチェンジ、新世代も?


PS3 マイナーチェンジ、新世代も?

 経済日報などの報道によると、ソニーは夏季シーズンに向け、PS3のマイナーチェンジ版を市場投入するとしています。今回新たに発売されるマイナーチェンジ版PS3は前モデルから薄型化したものとなっています。また、来年発売が予定されている新世代ゲーム機発売を前にしたPS3はこれが最終モデルになる模様です。
 この報道が本当だとすれば、消費電力などの改善にも期待できる一方、PS2との互換性復活は厳しそうだなぁという感じがします。また、値下げも取りざたされていましたが、その可能性も少なそうです。HDDの容量UPに関してはどちらとも言えませんが、1年前に比べ半値に下がっていますので、その辺りには期待したいです。

 そして、最後に一文にあった「来年発売が予定されている新世代ゲーム機」ということが事実とすれば、やはりPS3のスペックではコストの改善には労力がかかりすぎる、それなら新型で仕切直しした方が良い、という判断があったとしても不思議ではありません。
 仮に次世代機発売までの期間が4年だとしてもXboxXbox360の4年や、後継機という意味では少し異なりますが、ゲームボーイアドバンスニンテンドーDSの3年8か月という事例もありますので、特に短いという感じもありません。(まぁ、少し短いという感じはありますが)
 果たして新型が来年に出るのでしょうか?そしてそれが出たとしてPS3とPSPで垂れ流していた赤字を止血できるのでしょうか?長期的な視野で見守っていきたいと思います。

おすすめWiiソフトはこちら

2009年2月28日|

カテゴリー:プレステソフト