パワプロのパスワード


パワプロのパスワード

 初代のパワプロスーパーファミコン用ソフト実況パワフルプロ野球’94として産声を上げました。その後ナンバリングタイトルとしてはNINTENDO64(以下N64)→PS2→PS2/ゲームキューブ→PS2/Wiiと機種を移行してきました。
 始めの頃初代PSはアナログコントローラーが標準装備じゃないこともあり、販売本数ではなくパワプロの顔として、操作性が抜群なN64がメインとして販売されていました。そのころはサクセスモードで作成した選手のパスワードはN64とPSでは共通のものが使用されていました。
 しかし、PS2にナンバリングタイトルを付けようとするコナミに対し、SCEは「ライバル会社のゲーム機と(パスワードに)互換性があったらおかしい」と苦情を申し立てコナミ側がこれを呑んだとされています。
 ゲームキューブ版の売上が芳しくなくなってもWiiが発売する前年までPS2用とゲームキューブ用とマルチに発売されたのは、この事件のお陰?で、コナミ側が半ば意地になって作成していたからではないか、と言われています。
 因みに最新作の実況パワフルメジャーリーグ2009でも、パスワードの共通化は行われていません。SCEの気まぐれのせいで一部とは言え不便を被るのは納得がいかないところです。

おすすめWiiソフトはこちら

2009年1月12日|

カテゴリー:プレステソフト