2008年PS2総括


2008年PS2総括

 PS2はハード・ソフト共に2007年比で半分近く減らしました。結局衰退速度を抑えることが出来ませんでしたが、それでも前世代機としては頑張っているのではないでしょうか。事実、ソフトの販売本数はPS3に抜かされていません。また、販売タイトル数はPS3Wiiの約2倍輩出していますし、2009年上半期も引き続き据え置き機最多を維持すると思われます。
 しかし、世代交代は更に進むので、タイトル数を揃えても売り場は縮小され目立つことが少なくなりました。2008年のPS2ソフトの1タイトルあたりの販売本数は1.5万本と芳しくありません。メーカーにとって、PS2市場にしがみつく正念場となるでしょう。既に発売に目処が付いているなら兎も角、まだ企画段階で‥‥というのは少々厳しい感があります。いっそのことPSP用に仕様を練り直す施策も必要ではないでしょうか。それともSCEがPS3に見切りをつけてPS2-2を発売するとか。アップコンバート機能で見かけのグラフィックが良くなればPS2市場を再稼働させることも不可能じゃないと思います。ただ、これをするなら1年前までですけどね。

 そんな戯言よりも懸念しているのが、欧米でも思ったよりも早く市場が収縮し始めていることです。今のところ半年ぐらい早く収縮している感じがし、下手をすれば2010年度は収益に寄与しないくらいのところまでくる可能性があります。世代交代は進んでいてもPS3には移行していないというのは、今後の見通しとして少し暗い影を落としそうです。

おすすめWiiソフトはこちら

2009年10月18日|

カテゴリー:プレステソフト