2008年PS3総括


2008年PS3総括

 PS3のハードの販売台数は2007年比で20%のダウンとなりました。この率はWiiとほぼ同じです。「ガンダム無双が出たら売れ出す」、「みんゴル5が出たら~」、「龍が如く見参!~」、「メタルギアソリッド4~」、「白騎士物語~」と言われ続けましたが、いずれも単発で終わり、PS3の起爆剤にならないどころか、衰退して終わってしまいました。
 今年もスト4バイオ5龍が如く3と立て続けに発売が予定され、同じような論調が繰り返されていますが、逆に言えばこの時期を逃せばFF13まで期待が持てないことになり、この硬直的な考え方は非常に危険だといえます。
 また、2007年はソフトの数は揃っていませんでした。しかし、2008年だけを見ると、Wiiに引けをとらないだけのタイトルを揃えています。それも続編の名の知れたタイトルだけを見ればPS3の方がはるかに多くありました。それでも売れないのは「まだSD画質のPS2で十分」「ネットゲームはPCで出来る」等の理由も考えられます。

 今年はPS3ならではのソフトが求められるのではないでしょうか。しかも、それは単にPS3独占で販売するソフトがあることを指しているわけではありません。Xbox360では表現できない独自色‥‥難しいでしょうが、それに取り組まなければ日本では兎も角、海外では淘汰されてしまう可能性もあるでしょう。
 因みにまだ「PS2互換性がなければ売れない」「もっと本体を値下げしなければ売れない」という意見もありますが、今年はもうそう言う時期ではないと思います。今更下位互換機能をつけたところで、または価格が下がったところで、それを理由に今まで様子見しているユーザーが何百万人も残っているとは思えません。
 現状を冷静に判断された上で、慎重に舵取りをしなければ、あるいは‥‥

おすすめWiiソフトはこちら

2009年10月17日|

カテゴリー:プレステソフト