新型PSP 横シマ問題発覚


新型PSP 横シマ問題発覚

 先週発売されたばかりの新型PSP(PSP-3000)はコントラストを高めて残像を減らすことにより、色鮮やかで綺麗な動画が楽しめるハードになるはずでした。
 ところが、実際にはサブピクセル配列が変更されたことにより、横スクロールに於いてギザギザの残像が出るようになりました。パソコンでアナログ放送を見るときにギザギザの残像を見たことがあるなら想像がつくと思います。新型PSPはインターレース方式に逆戻り?と疑ってしまいました。(実際はどうなのでしょうか?)
 また、静止画に於いても横向きの縞模様が気になることもあるようで、ここでも高コントラストが災いしている感じです。更に、コントラストが高くなったことにより、濃い赤色が着色料で染め上げたようにケバい色合いになってしまっています。折角、画面が綺麗になっているのに、それらの不具合が台無しにしている感じがします。

 尚、SCEは画面に横縞が入るのは仕様だとのことですが、システムソフトウェアのアップデートでの対応も予定されていないことから、現状このバージョンでの改善は望めそうにありません。残念ながら□ボタン不良問題の教訓はあまり生かされていないようです。
 ですので、これから購入される方は色鮮やかな代わりに横シマ問題がつきまとう新型を選ぶか、少しコントラストが低めで残像が気になっても横シマ問題のない旧型を選ぶかと言うことになりそうです。が、旧型はもう市場にないため、これからは手に入れるのは難しいかもしれませんね。

おすすめWiiソフトはこちら

2010年6月22日|

カテゴリー:プレステソフト