新型PSPで後追い開始


新型PSPで後追い開始

 売り上げが好調に推移している現行のPSPPSP-2000)ですが、10月に新型PSP(PSP-3000)が発売されます。現行型が発売されてほぼ1年でのモデルチェンジとなります。
 新型の主な仕様変更はマイクの新設と液晶ディスプレイの向上です。マイクはSkype等のコミュニケーションツールが別売りマイクを繋げることなく使えますし、液晶ディスプレイの方は、反射低減技術の採用により、明るい場所でも画面が見やすくなり、屋外での使い勝手が一段と向上しています。
 ただ、旧型(PSP-1000)から現行型ほどの劇的な変化ではなく、どちらかと言えばマイナーチェンジなので現行機種を最近購入された方でもあまり落胆する必要はないでしょう。そもそもマイクはニンテンドーDSでは既に標準装備されている枯れた技術で、古くはファミコンにも付いていました。但し、音認識はしても音声認識は出来ませんが。また、液晶も屋内専用なら特に見にくいことはないはずですので。

 ついでに、市場の健全化のためにCFWが使えないようにしてくれればいいのですが、そうなると本体が売れないので、SCEはどういう決断を下すのでしょうか?でもまぁ、紛いなりにも国内で1000万台売っているので、本体普及主義に走らずにサードパーティーに安心して販売してもらえる土壌を作ることに重点を置いた方がいいでしょう。
 その一方でワンセグチューナーなどの周辺機器は型番に関係なく使え‥‥ますよね?

おすすめWiiソフトはこちら

2010年4月22日|

カテゴリー:プレステソフト