メタルギアソリッド4の叩き売り


メタルギアソリッド4の叩き売り

 メタルギアソリッド4を発売して1か月弱で全世界で300万本出荷達成を大々的に報じられました。その一方、流通では既に少々だぶつき始めているようです。国内では一部家電量販店で2980円で販売され始めました。しかも、PS3とセットで購入すると、更に1800円引きの特典を受けることができる(実質1180円で購入することのできる)キャンペーンも行っています。
 因みに、転売目的で購入しようと考えはしましたが、ヤフオクでは既に4000円前後の取引となっていますので、週明けの暴落の可能性や手数料の支払を考えるとあまり旨味がないと判断し、邪な考えは捨てました。
 ところで、何故メタルギアソリッド4が値崩れし始めたのでしょうか?そもそもシリーズ前作のPS2版では80万本程度の売上しかありませんでしたが、それよりも売上があったウイニングイレブン等を差し置いてFF13に並ぶキラーソフトの扱いを受けたのがことの始まりでした。しかもファミ通の煽りも受けました。そのお陰で需要に似合わぬ注文をしてしまった感があります。実際60万本の売り上げはありましたが、ひょっとすると装着率35%を誇るWiiFitの何倍もの注目を浴びていたので、それ以上の割合で売れるのは間違いない、と勘違いしてしまったのかも知れません。
 現状はまだ大半の量販店では値崩れは起きていませんが、初動型のゲームだけにネットオークション等を含めて他の小売店でも連鎖反応が起きる可能性は十分あります。

おすすめWiiソフトはこちら

2010年3月28日|

カテゴリー:プレステソフト