ファイナルファンタジー13は完成していた


ファイナルファンタジー13は完成していた

 表題の通り、衝撃的な事実の発覚です。実はスクウェア・エニックスのサイトにあるプレイステーション3のソフトラインナップからファイナルファンタジー13が消えた辺り(ファイナルファンタジーシリーズのページには載っています)から少し噂が流れていました。ということは、その頃には既に完成していたことになります。
 しかし、当時PS3は200万台弱しか普及しておらず、半分の100万本が売れたとしても、当然莫大な開発費を回収することは不可能です。その為PS3が普及するまで待つことにしたことは想像に難くありません。一説ではファイナルファンタジー13の発売が数年後になるだろうと言われているのはその為です。しかし、そうなると資金の回収も遅れることとなり、会社経営としては決して褒められる行為ではありません。
 ということで、発売に漕ぎ着ける為に考えられることは次の2つだと推察されます。先ずは、Xbox360とのマルチ化の道を模索することです。但し、SECから何らかの優遇策を得ている現状としてはおいそれとライバル社(マイクロソフト)に無条件で利益をもたらす施策は難しいでしょう。もう一つの方法は世界同時発売のインターナショナル版として調整し直すことです。こちらの方がまだ可能性がありそうです。但し、このソフトが海外でどれほど売れるかも気懸かりですし、なによりも海外のPS3の普及台数はXbox360の半分程度にとどまっています。
 となると、Xbox360とPS3のマルチ化の世界販売が一番確実となりますが、果たしてどうなりますやら。幸いにしてすぐに発売できないのなら、調整する時間はたっぷりあります。会社にとって、そしてユーザーにとっても良い落としどころを見つけて欲しいところです。

おすすめWiiソフトはこちら

2010年2月11日|

カテゴリー:プレステソフト