違法ソフトは何故悪いのか?


違法ソフトは何故悪いのか?

 このサイトで「PSPにカスタムファームを入れて新しいソフトが動かなくなった」と返品を求めたバカな高校生の話があります。こんな人種は自業自得なので、同情の余地もありませんし、万一そういう行為を行うのなら人知れずするべき行為なのに、白昼堂々と無知&犯罪行為を晒け出して挙げ句の果てに凄んでみせる‥‥お店の人も大変でしょうね。

 ところで、CFWを入れること自体は本来悪いことではないです。例えばUMDの読込時間を短縮するためにメモリスティックから読み込めるようにしたり、動画再生をしたりなどの便利な使い方もあるでしょう。しかし、そういった便利な機能だけを使っているユーザーはほんの一握りしかいないのが現状で、結構な割合でディスクイメージをP2Pなどを利用して違法ダウンロードしているのが現状です。件の高校生も何かしらの方法を使ってメモリースティックに入れているようですし。

 このサイトのコメントで、「皆がタダでやるとメーカーつぶれる→ゲーム会社がどんどんなくなるので、こういうのはダメですよ」という意見に対して、「お前本当に頭大丈夫か?wゲームが少し売れなかったぐらいでゲーム会社が潰れるわけねーだろw」というコメントをクローバー氏が残しています。心底そういう考えをお持ちだとしたら、残念ながら可哀想な人です。
 確かに本当に少しなら影響は少ないのかも知れません。しかし、こういう輩が大勢を占めてしまうとどうなるでしょうか?実は韓国で既に甚大な影響が出た事例があります。韓国は中国と並ぶコピー大国でしたが、ゲームでも当然その対象となりました。しかも光メディア(当初は主にCD-ROM)は1枚百円そこそこでコピーソフトが堂々と販売する店が続出しましたので、モラル意識の低い国では正規ソフトが売れるわけもなく、正規品を売る店は次々と廃業orコピーソフトを売る店に衣替えとなりました。当然それはメーカーにも甚大な被害を与えパッケージソフトの制作からの撤退を余儀なくされました。現在では韓国のゲームの主流はパソコンのオンラインゲームに移行しています。これは認証の必要なのでコピーの被害がなく、毎月の使用料を得ることが出来るシステムとして、コピー被害に苦しんだ上に編み出したビジネスモデルとなっています。

 日本でもCFWやマジコンなどによる違法ソフトの利用が増えると、必ずやユーザーにしっぺ返しがやってきます。メーカーはボランティアでゲームを作っているわけではないのです。まぁ、そのしっぺ返しの時にゲームから卒業したらいいわ、と思っているなら、今すぐゲームを卒業してほしいですね。

おすすめWiiソフトはこちら

2009年5月25日|

カテゴリー:ゲーム全般のソフト