E3 2009


E3 2009

 今回はE3のあらすじを掻い摘んで紹介します。

 マイクロソフトプロジェクトナタルが凄かったです。PS2EyeToyを格段に進化させたような新デバイスで、Wiiモーションプラスを超える未来進化型です。但し、価格が2万円ほどとかなりお高めの周辺機器なのと、振動などのフィードバックがないため、手応えがちょっと物足りないかも。それに実際の認識性も未知数です。穿った見方をすれば、Wiiモーションプラスによる2段ロケットを牽制するためにぶつけただけという見方もあります。
 他にもメタルギアソリッドの最新作が登場するなど、3社の中で一番見所がありました。

 ソニーはやはりPSP Goが登場。(見た目ではなく、中身の)部品点数が減ったにもかかわらず価格は249.99ドル(約24000円)と高騰しました。やはり(本体を赤字で売ってソフトで儲けるという)二階建て戦略では本体の赤字が吸収し切れていないと思われます。尤も、PSP Goの新価格でも結局はソフト頼みだとは思いますが。
 あとグランツーリスモ5、プロローグ商法で何年引っ張るんでしょうね。って言うか、本作は本当に発売されるんでしょうか?それと、新コントローラー。結局マイクロソフトと共にWiiの土俵に乗り込んできました。もはや何も言うまい。今のところは。
 因みにカンファレンス内で発表されたソフトの数は一番多かったです。

 任天堂は既に散見していたものばかりでした。新しいところでも、私的には特にサプライズは無し。2Dのマリオもプレイすれば面白いだろうことは想像に難くないのですが、それは正当進化&ユーザーに求められそうなものであっても、サプライズではありませんし。
 Wiiバイタリティセンサーなんて鳴かず飛ばずのNINTENDO64のバイオセンサー(対応ソフトもテトリス64しか記憶にございません)もどきだし。こんなものを再度引っ張り出して化かす(ヒットさせる)ことが出来たらその時こそサプライズなのですが‥‥多分ないと思います。
 わがままファッションガールズモードが(英語・ドル表記を除き)そのまま発売されるのは別に意味でビックリです。ファッションなんて所変われば品変わると思うのですが。まぁ、クッキングママが欧州でメガヒットしたりすることもあるし、私が思う以上にヒットするのかも知れません。

おすすめWiiソフトはこちら

2009年2月 3日|

カテゴリー:ゲーム全般のソフト