カプコンは大幅減益


カプコンは大幅減益

 カプコンは平成21年3月期の第3四半期の業績発表をしました。それによりますと、売上高が472.2億円(小数第1位未満切り捨て、以下同)(前年同期比8.6%減)、営業利益が26.1億円(57.2%減)、経常利益が21.0億円(67.7%減)、純利益は1.7億円(95.0%減)となりました。
 やはりここでも例に漏れず、急激な円高による為替差損が利益を圧迫しているほか、オンラインコンテンツやアミューズメント施設における特別損失の計上も挙げられています。また、大作ソフト(ストリートファイター4バイオハザード5)の販売が第4四半期に集中していることも要因のようです。
 しかし、ここでちょっと疑問が。モンスターハンターポータブル2ndGの売上の過半数を今期に計上しているのにもかかわらず、この数字だったのでしょうか?だとしたら、今期から来期にかけてはワールドワイドに展開できるスト4とバイオ5があるからいいものの、平成23年3月期は厳しく見積もらざるを得ません。そのころにはモンスターハンター3も売上に貢献しているでしょうが、このソフトは海外では芳しくありません。
 ここ数年は経営資源の投下などがうまいこといっていたカプコンですが、そろそろ経営方針の見直しに迫られているのかもしれませんね。

おすすめWiiソフトはこちら

2009年10月 9日|

カテゴリー:ゲーム全般のソフト