アメリカの動向


アメリカの動向

 4月のNPDが発表され、この結果にかなりの衝撃が走りました。
 PS3Xbox360向けにGTA4を600万本以上出荷し、その内の半分以上を北米向けに出荷しましたが、売上は260万本に留まりました。この程度ならシリーズの人気の陰りなのか?という程度なのであまり問題視されていません。
 しかし、この大作ソフトがそれなりに販売されたにも拘わらず、PS3とXbox360の販売台数が全く伸びていない、と言うか、週販で落ち込んでいることに衝撃が走っています。本体普及を牽引するべきソフトで本体の売上が伸びず、その結果、4月の販売台数はPS3・Xbox360共に19万台弱に留まっています。
 一方、Wiiは70万台を超える好調ぶりで、品薄が続いています。マリオカートWii大乱闘スマッシュブラザーズXが十分な牽引役となっている理想的な展開でしょう。しかし、ここに来て任天堂も困っています。それはこの品薄状態で来週発売されるWiiFitのお陰で超品薄に陥る可能性があり、その結果多額のチャンスロス(機会損失)が発生してしまいます。
 Wiiは今期からの生産台数の引き上げが決定していますが、それでも需要に応えられないジレンマにもう暫く悩まされそうです。

おすすめWiiソフトはこちら

2010年1月21日|

カテゴリー:ゲーム全般のソフト