2010年11月の記事一覧

海腹川背 狂想曲

 スーパーファミコン版では売れなさそうなタイトルに相反した独特のルアーアクションにより、売上は予想より多少良かった程度だったものの、ユーザーの満足度は高かったソフトでした。
 プレイステーション版もその流れを汲んでいたようです。(PS版は未プレイのため詳細は判りません)

 そして今年に入り海腹川背ファンが狂喜乱舞することとなります。それはPSPに最新作が登場するということが発表されたからでした。しかし、結果としてファンを思いっきり裏切ることとなります。
 まず、開発元がロケットスタジオだったことです。会社名としてはあまり有名ではありませんが、バグのデパートと称されたカルドセプトサーガの開発元と言えば察しがつくでしょうか。ファミコン聡明期のソフトなら、容量や色・スプライト等の様々な制約があり、仕方がないところもありましたが、その時とは状況は大きく異なります。
 そして制作者の酒井潔さんが全く拘わっていないこと、公式ホームページがタイトルを“海原川背”と間違えていたこと等で不安が広がりました。
 3月14日に体験版が配信されましたが、不安が的中。有り得ないルアーの引っかかり、有り得ない釣り糸の動き、有り得ない加速の仕方など、枚挙に遑がないバグが発見しました。しかし、発売元のマーベラスエンターテイメントはそれらのバグを“仕様”と一蹴し、同月27日に強硬発売することとなりました。
 その結果、2万本の出荷に対して2000本弱しか売れていないという事態になりました。売れなかった最大の原因は海腹川背ファンによる不買運動です。本来ファンというものは多少出来が悪くても購入してしまいます。しかし、このソフトに限って言えば、“名前を騙った偽物“というレッテルが貼られました。

 マーベラスエンターテイメントとしては今年度中に2万本を問屋に納入した時点で実績を計上したことにより、今年度だけを見ると決算はプラスに働くでしょう。しかしその背信行為により、流通の発注の抑制やユーザーの敬遠の可能性も十分に有り得ます。その結果来期以降はどうなるかは判りません。折角“赤川次郎ミステリー 夜想曲-本に招かれた殺人-”や牧場物語のような佳作もラインナップを抱えているのに、このような汚点を残すのは勿体ないです。
 個人的にはSFC版をヴァーチャルコンソールで復活させてPSP版との雲泥の差を実感させて欲しいところですが、SFC版の販売元がゲーム業界から撤退し、会社が存続しているかどうかも不明なことからVCでの配信は厳しそうです。

2010年11月30日|

カテゴリー:プレステソフト

威力棒Vii 日本上陸

 昨年12月にもお伝えした威力棒Viiのバージョンアップ機種が正式に日本で販売されることが明らかになりました。3月22日に恵安株式会社から発売されます。
 本体の名称は中国で使用されていた威力棒Viiの名称は使用せず、日本はV-Sportsという商品名になります。また、販売価格も986元(約14000円)から7980円に大幅プライスダウンされます。Wiiリモコンにも使われているモーションセンサーを内蔵した体感型リモコンが1つ付随しています。また、カラーバリエーションも、ホワイト・レッド(ピンク)・ブルー(スカイブルー)の3色あり、コントローラーも本体と同色になります。
 ソフトは野球・テニス・ゴルフ・ボウリング(このラインナップは某キラーソフトと同じです)などを含めた11種類のゲームが本体に内蔵されているほか、何とな~~~く見たことがあるようなパズルゲームが10種類入っているカセットが同梱されています。
 今後対応ソフトが発売されるのかは不明ですが、似非Wiiでも取り敢えず安いのを手に入れたい、若しくは話題作りにという方は購入されても良いのではないでしょうか。本体にはコントローラーやゲームを始め、ACアダプター・AVケーブル・取説などが全て付随していますので、ソフト単体のメタルギアソリッド4よりも安く買えるのはある意味魅力的かもしれません。
 尚、2人プレイが出来るのかどうか、出来たとしてコントローラーを買い足すことが出来るのかどうかは今のところ不明です。

2010年11月27日|

カテゴリー:Wiiソフト

DS美文字トレーニング ファーストインプレッション

 最近実用系ソフトの売上が芳しくありませんでしたが、DS美文字トレーニングは初週7万本を売り上げて好調な滑り出しを見せました。ただ、付属されている美文字筆を生産する関係もあり、次回の出荷が4月に入ってからの予定となっており、市場では既に品薄となっております。

 前回紹介した時に、“どのように書けばバランスよく綺麗に見えるか”がわかるようになる、と書きましたが、このソフトで字を書き連ねていくと、私が如何にバランスに頓着していない字を書いてきたかを思い知らされてしまいました。更に書き順に関してですが、まさか平仮名や漢字の自分の名前ですら間違えて覚えていた、という事実に驚愕しました。ただ、何十年の間に何千回と書いてきた文字の癖が今更直るのかは全く自信がありませんが、少しでも綺麗な、そして正しい字を書くための意識改革をするきっかけとするなら、この機会を逃す手はないと考えています。
 美文字力の測定は、線の平行・長さ・(交点からの)距離・曲がり具合や、部位のバランス・空間、筆運びの速さなど、多岐に渡って判定してくれます。逆に、タッチペンの滑りやすさを考慮してか、線のふらつきや、文字の中心が枠の中心からずれていても、それらの点にはある程度幅を持たせた判定しています。3000文字を超える文字全てにこのようなありとあらゆるパターンに対応した判定力は非常に高度であると同時に、膨大なデバッグをやり遂げた開発陣には脱帽です。
 因みに本体に付随している通常のタッチペンでも普通に書くことが出来ますので、万一美文字筆を紛失しても問題ありませんが、やはり書き味が異なりますので、極力無くさないようにしましょう。個人的には万一の時のために、美文字筆をパーツとして販売して欲しいところですが、どうなるでしょうか。

2010年11月26日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

ノーブルピンク他が生産終了に

 任天堂ニンテンドーDS Lite(以下Lite)の豊富なカラーバリエーションのうち、アイスブルーノーブルピンクの生産を終了している事が明らかになりました。現在市場に出回っているものがおそらく最後になります。一部店舗ではすでに売り切れていたり、プレミアがついているところもあります。欲しい方は早めに探されることをお薦めが、もう既に見つけにくい地域もあるようです。
 アイスブルーは、エナメルネイビー(昨年生産終了)・クリスタルホワイト(現在も好評発売中)とならんで2006年3月にLiteが発売された当初からのカラーバリエーションの1つです。一方のノーブルピンクは2006年7月20日に追加されたカラーで、女性を中心に人気を集めていました。アイスブルーの方は兎も角、ノーブルピンクは女性ユーザー拡大の一役を担っていましたし、需要もそれなりにあったにも拘わらず、生産が終了してしまったのは正直意外です。
 現在製造販売されているラインナップは、クリスタルホワイト・ジェットブラックグロスシルバー・クリムゾン/ブラックメタリックロゼの5種類となりますが、今後ノーブルピンクのような淡い色合いの本体が復活することを願っています。

2010年11月25日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

WiiFitの効果

 WiiFitが発売されてから既に3か月以上経ち、150万台を売り上げてなお週間売上ランキング上位に定着する勢いを見せていますが、既に押し入れの肥やしと化しているという話も散見されます。
 押し入れの肥やしとなる理由として、1,飽きた、2,ダイエットの効果がない、というものが主に挙げられます。
 1,飽きた、というのはWiiFitのコンセプトを理解せず、もっとゲーム性があるものだという期待があった物が裏切られたと思うのですが、もしファミリースキーなどの対応ゲームすらも買う気がないのでしたら中古で売ってしまった方が置き場所も空くし、今でしたら買い取り価格も7000円前後ありますので、残念ですがその場合は高値のうちに手放すことをお薦めします。
 2,ダイエットの効果がない、というのは残念ながらWiiFitのコンセプトを間違えて理解しています。WiiFitは“Fit”の文字通り、フィットネスのためのソフトです。そしてそのフィットネスは“健康的な身体を作る、若しくはそれを維持する”という意味です。
 但し、全くダイエット効果がないわけではありません。肥満気味の方の場合、代謝効果が上がることにより脂肪が燃焼される結果、体重が減ります。実際私も2kgほど体重が減りました。その一方、痩せ気味の方の場合、フィットネスを行うことにより筋肉が付き、その結果体重は健康的に増えます。

 因みに現在ジョギングがマイブームになっていますが、いざ本物のジョギング(というよりも持久走)をしようとすると、400mももちませんでした。やはり本物の運動には敵わないと言ったところでしょうか。
 兎に角、代謝や体型などを健康的にしたいのであれば、週に2~3回でも起動させて継続的に利用するようにしましょう。

2010年11月24日|

カテゴリー:Wiiソフト

PS3本体の値下げの考察2

 ブルーレイディスクの標準化はほぼ決定事項だと言うところまで前回お話ししました。
 そう考えるならば、ソニーはゲーム事業で敢えて赤字を垂れ流す必要性が無くなります。とすると、SCEは次にどのような施策に打って出るかがわかってきます。そうです、PS3の値上げに踏み切ることです。
 PS3は世界では1000万台以上、日本でも約200万台が普及しています。これだけ普及していれば、今後は多少普及速度が鈍化されても、映像美を求めるユーザーなら購入していくはずです。おまけにPS3は戦略としては10年商品です。短期的に見ると苦しいかもしれませんが、2016年末頃にはブルーレイディスクの世界が広がっていることでしょう。そしてその先陣とプレイステーション3はじっくり腰を据えた普及を見せることでしょう。

 恐らくソニーはこのような構想を描いていると思います。たしかに、今後5年くらいはこの通りに行くかも知れません。しかし、その頃になるとブルーレイ規格を脅かす存在が爆発的に普及し出すのではないかと想像できます。
 それはフラッシュメモリーです。容量は年々倍々に進化し、実売価格もmicroSDでも2GBで1000円程度から買えてしまいます。このペースで進化が進むと2~3年後には2層式ブルーレイディスクに匹敵するくらいの容量の物が登場するでしょうし、価格的にも5年後くらいには遜色ないものが出てくるでしょう。
 そうなると、扱いやすい・小さい・シークタイムがない・読み書き速度が速い・劣化しにくい、等のメリットがあるフラッシュメモリーに分があるのは明らかです。因みにフラッシュメモリーはHDDと比べても壊れにくい・消費電力が少ない・小さい等のメリットがあり、いずれHDDも駆逐されるとも言われています。既にそのメリットを享受するためにWiiの本体の記憶媒体にもフラッシュメモリーが使われています。
 但し、フラッシュメモリーの普及には先ほどから申してます通り、大容量化等の技術革新が必要不可欠ではありますが、いずれ克服することでしょう。

2010年11月21日|

カテゴリー:プレステソフト

PS3本体の値下げの考察

 キラーソフトの展開と併せて囁かれている噂として、プレイステーション3本体の値下げのXデーはいつになるか、ということなのですが、結論として年内は無いと言えると思います。
 単純にゲーム機としてだけ捉えれば、Wiiと比べて本体は1/3、ソフトに至っては1/5にも満たないシェアしか確保できてません。それを覆す起爆剤として、値下げという手段は効果はありそうな感じを受けます。しかし、その効果が目に見えて現れるのは非常に短い期間だけです。実際ゲームキューブワンダースワンなどはそうでした。ドリームキャストは製造中止のアナウンス&本体を赤字出血大サービスの50%OFFのため、少々事情が異なりましたが。
 それよりもソフトの牽引力の方がずっと強く、プレイステーションが躍進したのも、RPGの双璧であるファイナルファンタジードラゴンクエストをはじめとしたゲームを自陣営に引き込めたからです。そして現在のWiiの強さもWiiスポーツスマブラXヴァーチャルコンソール等のソフトなのです。

 一方、PS3をAV機器として捉えた場合はどうでしょう。SCEではなく、ソニーという括りから長期的に見ると、PS3のゲーム事業よりもブルーレイディスクの方が息が長く特許収入も多いでしょう。そう考えるならば、PS3はブルーレイディスクを戦略的に普及させる商品であり、HD_DVDが撤退しつつある今、ブルーレイディスクは早かれ遅かれ標準化の道を歩むことはほぼ決定づけられていると言えるでしょう。


<続きます。>

2010年11月20日|

カテゴリー:プレステソフト

メタルギアソリッド4 発売日決定など

 コナミから発売予定のプレイステーション3のキラーソフトであり、希望の星であるメタルギアソリッド4が6月12日に発売されることが決定しました。一方ソフトの価格は通常版が8800円、スペシャルエディションが9800円、プレミアムパックが51800円となっています。
 通常版はメタルギアソリッド4にオンラインディスク(スターターパック)がついています。スペシャルエディションは通常版に特典映像ブルーレイディスクがついています。プレミアムパックはスペシャルエディションにPS3本体がついています。
 普通に考えればスペシャルエディションは9800円+39800円=49600円となりますので、2200円割高と感じてしまいますが、このセットにはデュアルショック3も同梱されます。元々このソフトには振動機能が不可欠だと言われてただけあって、粋な計らいではないでしょうか。但し、単体での購入で振動機能を必要とするならば、デュアルショック3は別に購入する必要がありますが。
 1000円プラスで映像特典がつくということもあり、スペシャルエディションが人気のようです。その一方で、満を持してPS3を購入する人はプレミアムパックを買い求めるでしょう。その時に、プレミアムパックが欲しいと思っているユーザーに十分行き渡るかは非常に重要なことだと思います。

2010年11月20日|

カテゴリー:プレステソフト

夜想曲 レビュー

 マーベラスエンターテイメントから発売されました、『赤川次郎ミステリー 夜想曲-本に招かれた殺人-』(以下夜想曲)をクリアしました。
 私はホラーは無茶苦茶嫌い、というほどではないですが苦手です。そして、このゲームは描写・音楽・振動で怖がらせてくれます。特に初っ端から出てくる白目にはちびりそうなぐらい縮み上がってしまいました。今までにプレイしたことのあるゲームの中ではSFCかまいたちの夜に次ぐ怖さでした。
 シナリオは一本道であったり、マルチシナリオであったりします。結末を統べてみるのはそれほど苦労はしないでしょう。但し、相関図完成には骨が折れます。複数の選択肢で立つフラグもあれば、同じルートを2回通過してクリアしなければ相関図に登場しない人物など、コンプリートへの道のりは長いです。
 物語は10年前の物ですが、人里離れた洋館を中心にストーリー展開されることもあり、基本的に古さを感じさせません。攻略する順番として、本棚を全て埋めてから次のシナリオに進んだ方がより深く物語を理解することが出来ると思います。各話のベストエンドだけでは語られない真実も別の物語に存在するからです。
 アドベンチャーとしては(コンプリートを達成した関係もあり)最長の部類に入る50時間もプレイしましたが、それだけの価値はあると思います。また、ニンテンドーDS版はプレイステーション版で発売された2本のソフトを1つに纏めた上、価格もPS版は各5800円(税別)に比べて、DS版は3990円とお買い得になっています。

2010年11月18日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

写真チャンネルでMP3の再生ができなくなる不具合の解消方法

 Wiiにプリインストールされている写真チャンネルですが、バージョンをあげることによりバックグラウンドで流すことの音楽のうち、MP3形式の音楽ファイルが再生できなくなりました。代わりにACCファイルに対応するようになっています。
 また、バージョンアップを行わなくても、大乱闘スマッシュブラザーズX等のソフトにはWii本体のバージョンアップに伴い、写真チャンネルのバージョンも強制的に最新版に書き換わる仕様になっています。
 もし、ACCファイルよりもMP3の方が利用しやすいのならば、バージョンを下げなければなりません。その方法として、Wiiショッピングチャンネルから写真チャンネル1.0復旧プログラムをダウンロードしてプログラムの実行してやることです。この作業を行うと、他のソフトなどで更新を行っても、バージョンが強制的に変わることはありません。
 ネットに接続できないユーザーは任天堂に本体を送付する必要があります。送料は無料です。詳しい手続はこちらに記載されています。

 尚、既にバージョンアップされているWii本体ではMP3の再生を行うことは出来ません。また、バージョンダウンさせることも出来ません。写真チャンネルがバージョンアップされた本体がどの時点から出荷されているかはわかりませんが、今後MP3が再生できる本体が出荷される可能性は低いですので、MP3を所望される方は手放さない方が良いでしょう。ただ、ACCファイルの方が圧縮率が高く、同じ容量なら音質が良いですので、内蔵メモリやSDカードのエリアを有効活用するならバージョンアップをお薦めします。

2010年11月17日|

カテゴリー:Wiiソフト

龍が如く 見参! 好発進

 メディアファクトリーによる3月3日~9日の売上ランキングによりますと、龍が如く 見参!が18万本を売り上げました。プレイステーション3本体の売上台数(約190万台)と比べてもそこそこ手応えのある数字ではないかと思います。しかし、本体の牽引力はあまり芳しくなかったようです。
 ゲームの世界観は変わったとは言えシリーズ三作目ということもあり、ゲームシステムはしっかりしていますし、プレイヤーを選んでしまうゲームではあるもののシリーズプレイ済みのユーザーには概ね好評です。
 しかし、売上が良かったとは言え、前2作に比べると劣っていることも否めません。ハードの普及台数が一桁違うわけですから、仕方がない部分もありますが。今作はSCEにコマーシャル費用をかなり依存して貰っている等のバックアップもありますが、開発費もパッケージ費用もかかっているわけで、恐らくペイ(黒字化)は難しいのではないかと思います。海外でも売りにくい分野ですし。
 PS3ならではの意欲作であり、映像美を追求するユーザーのためにも1つの指標となってしまいますので、営業担当者は是非とも頑張って欲しいところです。

2010年11月13日|

カテゴリー:プレステソフト

Wiiウエア 3月25日開始

 任天堂は3月25日より、WiiショッピングチャンネルにてWii専用ソフト配信サービスのWiiウェアを開始することを発表しました。同日開始タイトルは以下の通りとなっています。
 500~1500Wiiポイントとかなり幅広いラインナップが揃っていますが、新作の割にバーチャルコンソールとあまり変わりない価格設定なのでダウンロードしやすいのではないでしょうか。
 同日発売以外でもハドソンテトリスの配信を今夏に予定しています。Wi-Fiコネクションで世界中のプレイヤー相手に最大6人対戦が可能となっています。全世界100万ダウンロードを目指すということですが、世界的に有名なゲームですので、価格設定如何によっては200万ダウンロードも不可能ではないと思います。


3月25日配信開始タイトル(メーカ名)価格
・おきらくピンポンWii(アークシステムワークス)500Wiiポイント
・ことばのパズル もじぴったんWii(バンダイナムコゲームス)1000Wiiポイント
・サクサク アニマルパニック(コナミ)1000Wiiポイント
・スターソルジャーR(ハドソン)800Wiiポイント
・小さな王様と約束の国 ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル(スクウェア・エニックス)1500Wiiポイント
・天使のソリティア(Gモード)500Wiiポイント
・Dr.Mario & 細菌撲滅(任天堂)1000Wiiポイント
・みんなのポケモン牧場(ポケモン)1000Wiiポイント
・LONPOS(元気)1000Wiiポイント
※1Wiiポイント=1円

2010年11月12日|

カテゴリー:Wiiソフト

DS美文字トレーニング

 ニンテンドーDSでは文字認識機能があります。東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング漢検DSでは漢字の認識までこなせています。その更なる進化形にあたるのが、このDS美文字トレーニングです。
 このソフトでは漢字を答えるというのではなく、字そのものの書き方を教えてくれるソフトです。どのように書けばバランスよく綺麗に見えるか、書き順はどうなのか、漢字の成り立ちを教えてくれたり、また書いた字がどれくらい綺麗なのかを採点してくれたりします。
 また、美文字力や書き順当てを最大6人で競うモードもあります。

 ペン字の通信講座を受講されている方ならご存じですが、文字の添削をして貰うには受講者が一旦送付して添削された物を返送して貰うため、日数と費用を必要としていました。しかし、このソフトなら添削は即時行って貰えるし、添削費用も必要とされません。
 付属されている美文字筆は長さが約13cmもあり、太さも実用レベル並みにありますので使い勝手はかなり良好です。個人的にはタッチペン代わりに別売して貰いたいぐらいです。
 美文字筆までが同梱されていて3800円という価格は、ペン字の通信講座と比べてもかなりお買い得なのではないでしょうか。

2010年11月11日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

ジョイメカファイト

 3月13日からバーチャルコンソールで配信開始予定のソフトの1つに、ジョイメカファイトというソフトがあります。このソフトはファミコン後期に発売されたため売上は芳しくありませんでしたが、良くできたゲームでした。
 当時はストリートファイターIIなど格闘ゲームが流行っていました。ファミコンのアクションゲームでは32ドット程度のキャラしか操作できませんでしたが、スーパーファミコンになって、画面の高さの1/3程度のキャラも動かせるようになり、表現もかなり自由が利くようになりました。しかし、ジョイメカファイトはファミコンのソフトです。今更ファミコンでせせこましい表現で格闘ゲームが出ても‥‥と当時は思いました。
 しかし、いざゲームをプレイすると評価は一変しました。胴体や手足を分離させるという発想により、当時のどの格闘ゲームよりもキャラが軽快に動くからです。そしてキャラの大きさも遜色がありませんでした。また、胴体や手足を円形等にすることにより、キャラクターの絵の枚数を減らせたという効果ももたらしました。
 格闘ゲームとしてはマイナーですが、チュートリアルがあったり操作するボタンが少ないなど、初心者にも易しいゲームです。500Wiiポイントとリーズナブルな価格ですので、気軽にダウンロード出来そうです。

2010年11月10日|

カテゴリー:Wiiソフト

星空をも題材に

 天文関連の分野を生業としているアストロアーツニンテンドーDS用ソフト、“星空ナビ”を今夏に発売する予定であることを明らかにしました。
 このゲームは、ゲームカードに向きや傾きを感知する6軸センサーを内蔵しているので、ニンテンドーDS本体を星空に向けることで、その方向の星空を映し出して星座や星の名前を表示してくれます。また、見たい惑星や星座などを選択すると、どちらの方向に見えるかをガイドしてくれる機能もあり、夜空の星のことをあまり知らなくても、夜空を眺めてそこにある星や星座が何であるかを知ることができますし、見たい惑星や星座などのある方向などを簡単に調べることもできます。
 また、日の出日の入り時刻、月齢の表示、惑星の位置や日食月食の表示機能も搭載しています。更に、南半球でしか見ることの出来ない星座なんか再現も可能で、天体ファンにもお勧めの逸品になりそうな感じです。

 最近再びプラネタリウムブームが徐々に沸き上がっていますが、この星空ナビ+自然の夜空で大自然の美しさを再発見出来るでしょう。ただ、6軸センサーが内蔵しているということで、これだけで原価が1000円強かかると思われます。更にあのDSソフトに収めるとすれば結構な小型のセンサーを、ソフトの大きさを変えるとなれば特別仕様となってしまうため、更に単価は高くなりそうです。天体ファンの為にも出来るだけリーズナブル(6千円台ぐらいまで?)な価格設定を期待したいと思います。

2010年11月 7日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

山内溥も億万長者の仲間入り

 米国の経済誌フォーブスは、毎年恒例となっている世界の億万長者ランキング(The World’s Billionairess)の2008年版の順位を発表しました。
 Xbox360Windowsでお馴染みのマイクロソフト創始者のビル・ゲイツ氏が13年連続1位から3位に転落しました。またロシアインドなどの経済発展著しい国からのランクインが目立っています。特にインドはベスト10位までに4人を揃える躍進ぶりです。
 一方の日本勢では森トラスト森章氏がトップですが、世界順位では124位となっています。その次に世界順位149位の任天堂相談役で元任天堂社長であった山内溥氏がつけています。資産の殆どが任天堂の株ですが、任天堂の資産価値が飛躍的に上がったため、この位置まで急上昇してきました。
 その他ではソフトバンク孫正義氏、楽天三木谷浩史氏等のベンチャー社長などを筆頭に、1000位までに25人が名を連ねています。

2010年11月 7日|

カテゴリー:ゲーム全般のソフト

マリオカートWiiの詳細

 いよいよ発売まであと5週間弱となったマリオカートWiiの詳細情報がだんだん判明してまいりました。

 Wi-Fiコネクションを通じてオンライン対戦が楽しめるのは前回もお伝えしましたが、マリオカートWiiでは最大12人で対戦することが可能になっています。しかも、一台のWiiで2人エントリーすることが出来るので、家族や友達と一緒に1つの画面でオンライン対戦が楽しめます。一緒の空間にいるもの同士ならではの駆け引きや協定など、遊び方も色々工夫できそうです。
 当然、対戦相手は世界中から募ることも出来ますし、国内に限定することも可能ですし、フレンドコードを交換したプレイヤーのみとの対戦にすることも可能です。
 また、WiiFitの時のようにマリオカートチャンネルを作成することが出来ます。そこでは、ランキングをチェックしたり、他のプレイヤーがアップロードしたゴーストのダウンロードを行えたり、キャンペーンの告知を受信したり出来ます。

 操作性においても、初心者と上級者の垣根を更に取り払う施策として、オートドリフト機能があります。これにより初心者でもある程度簡単にミニターボがかかる代わりに、上級者は連続して出せなくなっています。特に横持ち(ハンドル操作)では重宝する機能ではないでしょうか。
 ライトゲーマーからコアユーザーまでが楽しめるマリオカートWiiの発売を指折り数えて待ちましょう。

2010年11月 7日|

カテゴリー:Wiiソフト

マリオ&ソニック AT 北京オリンピック レビュー

 任天堂から1月17日に発売されたマリオ&ソニックAT北京オリンピックをレビューします。同名ゲームは昨年11月にWiiでも発売されましたが、100m走等のポピュラーな競技を除き、収録されている競技は殆ど入れ替わっています。操作法が全く異なることなどからの配慮が伺えます。
 個人的にはWii版を見た後では画像の劣りが気になってしまうところですが、それでも操作性としてはDS版の方がしっくりしているので、こちらの方がより好きです。特に射撃とか。WiiでもFPSとかで撃てるのですが、Wiiリモコンで狙うのがまだ慣れていないので、あくまでも現時点の個人的な感想として捉えて貰えればと思います。
 その一方、ハンマー投げはもう少し補足説明が欲しかったです。ビックリマークの表示と同時に投擲しなければ飛距離が出ないということが暫くわかりませんでした。また、折角Wi-Fiが活用できるのに、実際にはランキング登録ぐらいにしか利用できないのは残念です。ネット対戦も実装して欲しかったところです。
 マリオパーティのようなテイストながら、種類が少ない分1つ1つがより面白くなっている感じです。対戦ではあっという間に時間が経過してしまいますので注意が必要ですが、オリンピック気分を一足先に楽しみましょう。

2010年11月 5日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

テレビの友チャンネルGガイド

 任天堂は本日よりWiiショッピングチャンネルに新しいWiiチャンネル、“テレビの友チャンネル Gガイド for Wii”の配信を開始しました。これは昨年秋の経営方針説明会で発表された“テレビ番組表チャンネル”のことで、テレビ番組表をWiiで便利に利用することが出来ます。

 登録した地域の(BS・地上波の)テレビ番組表を一週間先まで見ることが出来ます。各番組の詳細や情報を見ることが出来たり、ジャンルや単語で検索する機能もあります。
 気になるスタンプ機能では、メールアドレスを登録しておけば、スタンプの押された番組の開始30分前にお知らせメールを受け取ることが出来ます。この送信機能により、番組の見逃しを防いだり、友人や家族と同じ番組の話題作りのツールとして利用したりと、様々な使い方が出来ます。
 その他に、みんなの注目度の機能として、注目されている番組(時間帯)が一目でわかったり出来ます。そして、Wiiリモコンをテレビリモコン代わりにチャンネルや音量を変更することが出来たりする機能も備わっています。
 このソフトはWiiショッピングチャンネルでダウンロードすることが出来ます。無料でダウンロード出来ますので、早速試してみては如何でしょうか。

2010年11月 4日|

カテゴリー:Wiiソフト