2010年8月の記事一覧

2008年最後

 今週はネタになるような情報もなければ、新たにレビューできるほどゲームを進めているものもないので、ここでは初めてとなる自身の近況を少し。

 12月に入って本腰になって立ち上げた仕事のお陰で、摂取カロリーが増えているのですが、体重がガタッと減ってしまいました。今月頭に出したWiiFitの結果を今の状態で出すと更なるフィットネス効果‥‥というよりも今度は痩せすぎとなってしまうので、逆に不健康ですね。ということも定期的に測定していると分かるので、単なる体重計というだけでも健康管理ができますので重宝できます。
 428は相変わらずスローペースで進めていますが、いや、本当に止め時が見つからないですね。ただ、私は時間に追われる生活が続いているため、泣く泣く強制的に終了しています。取り敢えず本編を1月末までに終わらせるのが目標です。
 ニンテンドーDSWiiと異なり比較的順調に消化できてます。現在クロノトリガーが佳境に入りサブイベント真っ直中です。ただ、このゲームは2週目も面白いので、やはりもう少し時間がかかりそうです。
 そのあとに待っているソフトはパワプロクンポケット11です。パワプロシリーズはニンテンドウ64パワフルプロ野球5以来となりますが、久々にやってみたくなりました。ですので、このゲームは積みゲーにはしたくないのですが‥‥。
 因みに、積みゲーは新旧併せて10本ほどがありますが、一端積みゲー(基本的に買って3か月以上経過したもの(と勝手に定義))になってしまうと、ほぼそのまま放置となっています。いつかプレイする日が来るのでしょうか?

 最後に、
 こんな場末のブログではありますが、来年からも飽きずに読んでいただけると幸いです。皆様にとって来年がより良い年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。

2010年8月29日|

カテゴリー:ゲーム全般のソフト

2007年のゲーム産業(概算値)

 2007年の家庭用ゲームハードの国内販売額が2年連続で過去最高を更新し、3000億円を超える見通しになることが分かりました。集計元がエンターブレインですので、心許ないですが、同じ条件の集計ですので、この際置いておきましょう。
 昨年はニンテンドーDSが年中売り切れた上、プレイステーション2の継続的需要で過去最高を更新しましたが、今年は昨年に続きニンテンドーDSが息切れすることなく売れ続け、WiiPSPもゲームハードの売上に貢献しています。
 据え置き機はWiiが360万台、プレイステーション3が120万台、Xbox360が26万台ぐらいになる見通しです。
 一方のゲームソフトは全体の本数は増えるものの、比較的単価の安いDSが更に躍進している為、金額ベースでは前年並みに落ち着く見通しです。据え置き機のソフトはWiiが頑張りましたが、プレイステーション2の落ち込みをカバーするので精一杯のようです。

 2008年のハードの売上予想として、ニンテンドーDSは流石に勢いは衰え、2~3割減になる模様です。PSPはアジアを中心とした(携帯マルチメディア機の)需要が引き続きあれば今年以上に売れるでしょう。Wiiはなんだかんだと言ってもサードのソフト開発が熟れてきますので今年以上に売れそうな気がします。PS3は本体価格ではなく、ソフトで勝負しなければ今年と同じくらいに落ち着いてしまいます。Xbox360は顧客満足度は高いですので、PS2のコアユーザーをどこまで引き込めるかによるでしょうが、恐らく微増にはなると思います。
 2008年以降のゲーム産業の動向も引き続き目が離せそうにありません。

2010年8月29日|

カテゴリー:ゲーム全般のソフト

任天堂週間

 クリスマス直前の12月17~23日の売上集計速報がメディアクリエイトから発表されました。詳しくは忍之閻魔帳等のサイトをご覧戴くとして、その中で圧倒的な勢いを見せたのはニンテンドーDSマリオパーティDSでしょう。12月発売の新作を押し退けての1位、しかも週販33万本を売り上げてあっさりミリオンを突破してしまいました。しかも、今年はファイナルファンタジー4ドラゴンクエスト4レイトン教授と悪魔の箱や売り切れ続出で売上本数を伸ばせなかったドラベース等サードメーカーも上位に食い込んでいることも大きいです。昨年の今頃は任天堂のソフトしか売れていないと皮肉られていましたが、漸くサードも市場にマッチしたソフトを供給する体勢が整ったと言えるでしょう。
 一方のWiiはまだ任天堂のソフトが席巻しているのが実情のようです。仕入れれば売れるWiiFitを初め、初速が今イチだったスーパーマリオギャラクシーマリオ&ソニック AT 北京オリンピック、ロンチタイトルのWii Sports、コンスタントに売れ続けてこちらもミリオンを達成したマリオパーティ8等、Wiiの上位は任天堂が独占しています。来年の今頃はサードメーカーも食い込んできて欲しいところです。
 DSの32万台、Wiiの26万台に続いてPSPは16万台と、本体の売り上げは好調が続いています。しかし、ソフトの方はランキングの圏外というのは何とも寂しい限りです。まぁ、次週には涼宮ハルヒの約束が発売されるので、次週のランキングにPSPのソフトが載るのは間違いないでしょうが。
 PS3Xbox360に関しては割愛させていただきます。いずれ2007年のハード別の総括にて述べさせていただく予定です。
 24日以降のクリスマス駆け込み需要や正月用ソフトの購入、お年玉需要などまだまだ業界はかき入れ時です。特にDSとWiiはどこまで上積みするのか、はたまた(流石に昨年越えは厳しいと思いますが、期待を込めて)昨年の実績を超えることが出来るのかが見物です。

2010年8月27日|

カテゴリー:Wiiソフト

日和見カプコンのツケ

 ロックマンシリーズや影武者シリーズを手がけたゲームクリエーターで、現在カプコン執行役員であります稲船敬二氏がBIONIC COMMANDOの公式サイトのポッドキャスティングで「ロックマンは『スマブラX』には登場しない」と発言しています。
 確かに、メタルギアソリッドコナミ)のスネークソニック・ザ・ヘッジホッグセガ)のソニックなどが参戦しているので、カプコンのロックマンも‥‥と考えるユーザーもいて当然でしょうし、稲船氏も「スマッシュブラザーズは好きなタイトルなので、ぜひロックマンも出演して欲しいのですが、まだそういう話は残念ながら聞いてません。まだ待ってますが…ちょっともう時間がないですよね。任天堂の人もこのポッドキャスティングを聞いてると思うので、きっと誰か電話をくれるでしょう」と遅まきながらもアプローチを掛けています。
 セガは一時期ライバル会社だったと言え、近年では北京オリンピックF-ZERO GXなどで良好な関係があります。一方コナミも過去の据え置きハードのシェアの割にパワプロを任天堂側に優遇することがあったりと、任天堂が厳しい時でも一定の供給を欠かしませんでした。
 しかし、カプコンはバイオハザードシリーズの度重なる裏切り(ドリームキャストゲームキューブ)等で心象はあまり良くないでしょう。スマブラXのゲスト出演はあくまでもユーザーサービスであり、メーカーへのささやかな優遇は二の次でしょうが、過去の軋轢がここにきてこの差を生んだと考えるべきでしょう。もしそうじゃないのなら(20年近く前のことで結びつけるのはかなり無理がありますが)パックマンも登場するはずですからね。尚、モンスターハンター3の移籍は調整の時期に差し掛かっているはずなので、既にタイムリミットです。

2010年8月26日|

カテゴリー:Wiiソフト

モンスターハンターG Wiiに移植

 プレイステーション2で人気を博しPSPで人気爆裂中のモンスターハンターの最新作モンスターハンター3(トライ)がWiiで発売されるのは周知の通りですが、ここに来てPS2で発売したモンスターハンターGがWiiに移植されることが発表されました。MHGは2009年春に発売予定ですので、MH3に先行しての発売となります。恐らくMH3の土台作りのためだと思われます。
 移植に際しての新要素としてボックス内調合やマイセット登録などのシステムが追加され、ゲームシステムが分かり易くなっている模様です。ただ、“G”を冠しているのですから、G級クエストの難易度だけは下げないで頂きたいです。ただでさえ「Wiiだから難易度が下がる」と勝手に吹聴し、カプコンを貶めようとしているのですから。但し、超初心者用のクエストを追加する、というのなら歓迎しますが。
 ところで、Wii版MHGではクラシックコントローラー専用になっています。がこれは明らかにいただけません。ヌンチャクコントローラー必須というのなら仕方のないところですが、わざわざクラシックコントローラーにしか対応できない理由が分かりません。別にWiiリモコンを振ったりポインタを使えるように仕様を変えろとは言いませんが、今回の場合、Wiiリモコンとヌンチャクにボタンの割り振りを見直せば対応は十分可能です。過去にも格ゲー等で上手にカスタマイズしてきたカプコンなんですから、できないわけがありません。これに関しては早急に見直すことを要求します。

2010年8月26日|

カテゴリー:Wiiソフト

のだめカンタービレ ドリーム☆オーケストラ

 バンダイナムコゲームスより12月27日にWii用ソフト『のだめカンタービレ ドリーム☆オーケストラ』が発売されます。のだめカンタービレは雑誌の知名度をよそに累計2000万冊の単行本を売り上げたクラシック音楽を題材とした漫画です。既にドラマ化・アニメ化も果たし、DSソフトにもなりました。DSソフトではタッチペンを活用した作りになりましたが、本作はWiiリモコンで様々な楽器の演奏やタクトに見立てての指揮が楽しめる体感オーケストラゲームとして登場します。
 楽器の種類は楽器ではないタクトを含めて8種類、楽曲は名作クラシックを中心に50曲以上収録されていますので、400パターン以上の操作が楽しめます。(難易度設定があれば更に増えます。)
 ストーリーモードでも、R☆Sオケのエピソードを中心にのだめワールドを繰り広げます。更に2週目以降でなければ出現しないストーリーも存在しますので、更に堪能出来るでしょう。
 演奏は本物の楽器に比べて確実に簡単になっていますので、全く演奏の出来ない人でも楽しめるものになっています。逆に上手な人には物足りないでしょうが、オーケストラやクラシックに興味のある方や、のだめファンは遊んでみては如何でしょうか?
 あれ!?‥‥そういえば任天堂から発売予定のWii Musicはいつまで待たせるのでしょうか?

2010年8月25日|

カテゴリー:Wiiソフト

レッツタップ 提案

 Wiiリモコンを箱の上に置き、その箱に細かな振動を与えるとその振動をWiiリモコンが検知することによりキャラクターに様々な動きをさせるゲーム、レッツタップが先週発売しましたが、案の定販売は苦戦しているようです。
 その理由として、指でタップしかしないゲームなのに定価が5040円もするところにあるのではないかと思います。確かにゲーム内容はタップするだけですが、強弱やタイミング・リズムなど意外と奥が深いのですが、一見しただけではその奥深さは残念ながら判らないでしょう。しかし、できることが少ないというだけでは太鼓の達人などでも言えることですので、プレゼンの問題とも言えなくもないのですが。

 ところで、このソフト、開発当初はWiiウェア用として開発していました。しかし、パッケージソフトとしても見劣りしないだけのものが出来上がったことからパッケージソフトとして売り出すことになったようですが、このソフトはWiiウェアでこそ発揮したのではないでしょうか。今からでも遅くありません。Wiiウェアでレッツタップの切り売り&体験版を出すべきでしょう。そうすることによってパッケージ版にも相乗効果が生まれるはずです。Wiiウェアでは専用の箱は付属しませんが、自分にあった箱探しという別のミッションが加わる楽しさもあります。
 また、意外なことに、PCでもWeb体験版ができます。マウスをティッシュのはこの上に置くと疑似体験ができます。さすがにWiiリモコンの感度には劣りますが、少しはこのゲームの面白さが垣間見えるのではないでしょうか。

2010年8月25日|

カテゴリー:Wiiソフト

白騎士物語 一抹の不安

 ローグギャラクシーレイトン教授シリーズでお馴染みにレベルファイブが開発したRPG、白騎士物語がいよいよ明日発売されます。このソフトはPS3キラータイトルの一つとして長きに渡り期待され続けていました。
 が、今週号のファミ通クロスレビューでは合計29点と、シルバーの殿堂入りさえ果たせませんでした。元々クロスレビューの信頼性がないことは前々から唱えていたので、低い点数ということだけを見ればそれほど問題ではありません。その程度の点数でも滅茶苦茶面白いソフトも多数存在していますし。しかし、ファミ通でことあるごとにプッシュし続けていた作品、しかも大作にもかかわらず、手心を加えても殿堂入りを果たせないというところに大きな問題が潜んでいます。特にシステム面で辛い評価になったようで、この辺りを改善しないままの製品化は年末にねじ込むために妥協した(せざるを得なかった?)のではないかと勘ぐってしまいます。
 一つ間違えれば地雷ソフトになりかねませんので、購入を迷っておられるなら周りの評価を待ってからでも遅くはないでしょう。

 それに関連して気になるのは同じ開発会社が制作しているドラゴンクエスト9の出来です。ドラクエ9は年度末に間に合うように発売される予定ですが、同じように調整不足で発売されるとしたら、最悪レベルファイブの開発会社としての信用に関わってしまいます。発売元の意向も大事でしょうが、ユーザーの期待を裏切らない完成度の高い製品を完成させるまで製品にしないように折衝する(当然発売日の発表は控える)ことも大事なのではないでしょうか。

2010年8月24日|

カテゴリー:プレステソフト

JOYSOUND Wii 絶好調

 12月日に発売された「カラオケJOYSOUND Wii」ですが、年末年始のパーティー需要からなのか非常に好調に売れているようで、今後年内は品薄になりそうな気配です。実は私も欲しかったのですが、家庭の事情(簡単に言えば集合住宅なので近所迷惑になるの)で見送りましたが、そうでなければ確実に購入していたでしょう。
 何が凄いのかといえば、ブロードバンド環境があれば歌い放題チケット(1日300Wiiポイント(1Wiiポイント=1円))で歌い放題というところです。更に90日2000Wiiポイントというメニューもあり、カラオケボックスに対する営業妨害か!という感じですね。ただ、カラオケボックスはカラオケボックスならではの利点があるのですが。
 ブロードバンド環境がなくても70曲が初めから内蔵されていますので、オフラインでも楽しめますが、やはり3万曲+毎月1000曲が追加される有料配信がメインとなるでしょう。
 また、今後Wiiウエア版も登場しますので、ネット配信をメインに据え置く方は専用マイク(2940円)+歌い放題チケットで楽しむこともできます。但し、今年の年末年始に楽しみたい方は今発売中のセットを早めに確保した方がいいでしょう。
 因みに当然ストリーミング配信ですので、チケットの有効期限内でしか再生はできません。そして商業使用も禁止されています。

 あっ、そうそう、このソフトに関してメーカーに忠告を一つ。このソフトはパッケージではなく、オンライン(有料配信)がメインです。ですので、有料配信を一年やそこらで撤退しないようにお願いしたいです。少なくともWiiの市場がほぼなくなるまで(つまり2008年12月現在でいえば、PS2程度ならまだ続けて欲しい)が理想です。そして仮に何年後かに撤退するにしても、1年くらいはアナウンス期間を設けて欲しいです。

2010年8月24日|

カテゴリー:Wiiソフト

シューティングウォッチ到着

 1年前に予約をするも生産見直しのため販売中止の憂き目に遭い、4か月前に販売の目処が付いたが、今度は代引き手数料が惜しいという理由で16SHOTでの購入を見合わせました。結局予想通りAmazonでも扱いましたが、16SHOT等の先行販売から2か月遅れでしか手に入れることができない事態となりました。更に発送直前には登録しているクレジットカードが無効となるトラブルもありました。但し、クレジットカードは有効なものを既に登録していましたが、それ以前に購入した分は変更し直さなければならないという仕様だった、というだけのことなのですが。

 そういう紆余曲折がありましたが、先日漸くAmazonからシュウォッチが届きました。早速試してみましたが、ボタンが少し固いです。ただ、昔使っていたのは馬鹿みたいに連射で酷使していたので柔らかくなっていたため、固く感じているだけなのかも知れません。取り敢えずいい歳こいて金尺を振るわせて記録に挑もうとは思いませんので、柔らかくなるのは時間がかかりそうですが、徐々に慣れていきたいところです。個人的に好きだったピアノ連射(通称:ピアノ連射選手権)を早速してみました。その結果、全盛期の8割にも満たない結果となりました。もうちょっとマシな記録が出せると思っていただけに少々ショック‥‥。
 そういえば、Amazonから送られて来たのはメール便ではなく、宅配便でした。週刊少年ジャンプより一回り大きな本が入る大きさの箱に入れて送られたのですが‥‥。送料は向こう持ちなんで私は構わないんですが、なんだか経費を無駄に使っているような気がしてなりません。

2010年8月22日|

カテゴリー:ゲーム全般のソフト

腐ってもマリオ

 初回出荷70万枚といわれている(※)スーパーマリオギャラクシーに対して、不振の考察まで行ってしまいましたが、12月に入り売上が伸びていっています。年末商戦なのでその傾向はある程度予測しておりましたが、ネットでのネガティブキャンペーンや卸の掛け安の話題ぶりから年内増産は厳しいのでは、と思っていました。
 しかし、12月に入り売上が落ち着くどころか上り調子のため、増産がかかりそうです。生粋のゲーマーならもっと早く手に入れてそうなので、恐らくライトゲーマーが口コミ等で思ったよりも簡単だと言うことが判った為に購入に踏み切っているものだと思われます。
 最近の本格派ゲームは攻略本なしにはクリア出来ないゲームが多い中、クリアするだけなら試行錯誤でなんとかクリア出来る程度の絶妙な難易に落とし込んでいるスーパーマリオギャラクシーは最適なのではないでしょうか。
 そう言えば、ファイアーエムブレム暁の女神も、難しいながらも攻略本が無くても大丈夫なくらいに絶妙でした。任天堂の丁寧な調整には毎度ながら感服させられます。
 初動がいまいちだったマリオ&ソニック AT 北京オリンピックマリオパーティDSと共にマリオはまだまだ席巻しそうです。


※ 一部では100万枚出荷という情報も流れていましたが、消化率などを勘案すると60~70万枚と推測されます。尚、生産自体は行っている可能性はあります。但し、任天堂は悪名高き生産出荷なる数値は公表していない為、ここでは推測しません。

2010年8月21日|

カテゴリー:Wiiソフト

タッチで楽しむ百人一首 DS時雨殿 レビュー

 お正月の為に百人一首を覚えたりしていらっしゃる方もいるでしょう。そういう方にお奨めの一本を紹介します。
 それは、ニンテンドーDS用ソフトの“タッチで楽しむ百人一首DS時雨殿”です。百人一首を題材とした唯一のソフトですが非常によくできているソフトの為、購入者は少ないながらユーザーの満足度は非常に高くなっています。
 グラフィックは特段綺麗というわけではありませんが、字の読みやすさや百人一首の雰囲気が再現されている為、集中出来る空間を構築しています。また、タッチペンの操作がまるで札を獲るような感じで、これまた没入感が増します。
 更に、殆どの札は覚えやすくなっています。特に同じオリジナルキャラクターを度々出現させることにより関連づけがされたりと配慮がなされています。今まで暗記を挫折しましたが、このソフトで見事マスターしてしまいました。
 札読み機能もあり、ランダムに読まれる為、実際の百人一首をする場合も札読役を決めずに全員参加することが出来ます。
 その他札読みの声はクリアですし、五番勝負の人物も個性的で魅力的です。おまけにぶらり京都旅には“ちどりの京案内”が役立ちそうです。
 百人一首大会で上位を目指している人、百人一首を嗜みたい人等には特にプッシュしたいです。但し、新品で探すのは絶望的ですので、欲しい人は中古ゲーム店をハシゴする覚悟はいると思いますが。

2010年8月19日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

オリジナル名刺

 クラブニンテンドーに2008年12月16日より新アイテムが登場しました。その名も“Wii名刺引換番号”です。
 このサービスでは、Wiiデジカメプリントチャンネルを利用してMiiの画像が添付されているWii名刺を1セット(30枚)を150ポイントで手に入れることができます。
 ビジネスの世界では写真付き名刺が当たり前のようにありますが、Miiがプリントされている名刺というのはオリジナリティがあって魅力がありますし、クラブニンテンドーのポイントが余りまくっている諸兄方は「Wii名刺600枚(20セット)と交換」といった大胆な浪費有効利用をすることもできます。
 ただ、30枚というのは少し少なめなような気がしますし、Wii所有者のうちデジカメプリントチャンネルをダウンロードできる環境になければ、このサービスを享受することができませんので、少々ハードルの高いものとなっています。今後はクラブニンテンドーのサイト内でMiiを作る機能を内包して、Wii未所有者でも交換できるような改良を期待したいところです。

 それはそうと(あれはマージ(解る人だけ解ってください))、星のカービィウルトラスーパーデラックスサウンドトラック期間限定キャンペーン(ニンテンドーDS用の同タイトルソフトのポイント登録をしておくとは通常400ポイントのところを250ポイントで交換できるキャンペーン)は2009年1月12日までとなっています。欲しい方は忘れないうちに手続きを済ませてしまいましょう。

2010年8月19日|

カテゴリー:Wiiソフト

小さな王様と約束の国 から見るWiiウェア

 来年3月のWiiウェアによるゲーム配信サービス開始と同時期にダウンロードで専売される“小さな王様と約束の国 ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル(以下FFCC)”は、主人公が建築術をという魔法を駆使して国を発展させるゲームです。
 今更説明する必要はないとは思いますが、Wiiウェアは現在運用されていますバーチャルコンソールとは異なり、Wiiウェアで販売されることを目的に新たに制作されたサービスです。その思想は、パッケージソフトのように価格に見合った付加価値を付ける(豪華に着飾る)ことにより開発費を膨らませる悪循環を断ち切り、ゲームの本質の面白さに絞った開発を行うことにより安価にユーザーに提供することです。
 さて、このFFCCですが、1500Wiiポイント(1500円)で販売されます。バーチャルコンソールのソフトよりは割高ですが、新作としては高くはないと思います。現状ではどれほどのスケールのゲームかは量りかねますが、Wiiウェアとしてはこの辺りが上限価格となりそうな感じです。

 一方、この価格設定でメーカーは利益が出るのかを考えてみましょう。Wiiウェアの場合、開発費は抑えめに作られるはずです。開発費を掛けるならパッケージソフトと何ら変わらないわけですからね。更に流通に乗せなくてもよいので問屋や小売店などの中間マージンは発生しません。更にパッケージ(取説・ケース・記憶媒体・梱包材など)も必要としません。
 手頃な価格で家にいながら手軽に買えることも考えれば、売りやすいでしょう。実際バーチャルコンソールは9か月ほどで780万ダウンロードの実績があります。メーカーにとっては販売方法の選択肢が広がったことは喜ばしいでことでしょう。尤も、一銭の利益の寄与も無い流通にとってはWiiウェアをあまり歓迎したくはないでしょうが。
 FFCC以外にもWiiウェアでは多数のゲームの開発が進められています。未発表作品を含め期待して待ちたいと思います。

2010年8月18日|

カテゴリー:Wiiソフト

クロノトリガー 考察

 DSクロノトリガーをプレイし始めた当初は、「あれ?(移動中に)こんなに角に引っ掛かってたっけ?こんなにキャラクターは縦長だったっけ?」と思いながらプレーしていましたが、2時間も経たずに慣れてしまいました。良くも悪くもSFC版そのままで、タッチペンを使いたい人は使っても良いし、今まで通りの操作法を好むならそのままでも良いし、と使い勝手も良くなっています。
 また、「わざとか思い出すの面倒だなぁ」とも思っていましたが、思い出さずとも分かり易いネーミングと簡単な説明がありますので、すぐに使いこなせるようになりました。ただ、画面が小さいということでしょうか、敵が上下の端にいる場合ウインドウの陰に隠れてしまうところが難点です。特にダメージ表示が見えないので。一応Yボタンでウインドウ位置を上下に入れ替えることが出来ますが、説明文が残ったままだとやはり見えないことがありますので。
 「移植作品にこの価格は高くないの?」という思いもなくはないですが、このゲームそのものの価値と考えれば決して高くはありません。

 ところで、ドラクエ9ではフィールド上でモンスターを視覚的に確認できるシンボルスタイルに変更されており、歩いているだけでランダムに戦闘に突入するスタイルではなくなりました。が、よくよく考えればクロノトリガーも同じ方式。クロノトリガーをこの時期に投入したのはドラクエ9への(シンボルエンカウントでもおもしろゲームがありますよと言うことを知らしめるための)布石だったのでは?と推察しているのですが、どうでしょうか?

2010年8月18日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

Wiiの需要拡大

 12月に入りいよいよゲーム業界でも年末商戦が過熱気味になってきました。その証にWiiは12月第2週目で久々の週販10万台越えを達成しています。ただ、発売して1年後から大ブレイクしたニンテンドーDSのような異常需要状態にまではならないでしょう。
 しかし、日本とは異なり海外ではかなり過熱しているようです。あまりの需要過多に供給が追いつかずイギリスではWiiのCMを取りやめる事態になりました。日本でもニンテンドーDSの時にCMを差し替えたりソフトの発売日を延期した時を彷彿とさせます。更に定価の10倍程度で取引という事態も引き起こしています。その為遙々ドーバー海峡を渡って供給が追いついているフランスまで買いに行く強者まで出現しています。
 一方アメリカでは、クリスマスまでに需要を満たせないことから、大手小売店でクーポンの発売を開始しました。これに呼応してNOA(米任天堂)は、「1月中にWiiの購入を保証する」ことを明言してしまいました。売り切れによるチャンスロス(特に他社ハードに流れること)を抑える為とはいえ、少し行きすぎた行為だと思います。もし供給出来なかったらどうなるのでしょうか?仮に供給出来たとしても、特定の小売店に優遇して卸すわけですから公平さに欠けると思います。また、日本でも需要は少し落ち着くと思いますが、スマブラXを控えてもいますのであまりアメリカに集中させるのもどうかと思います。因みにSCEA(米ソニー)はこれを機にWiiを購入出来なかったユーザーがPS3に流れてくることに期待を寄せていたりもしています。
 何れにしろ世界的に見れば増産をしても尚供給が追いつかない状態です。勢いを殺さない為にもハードの生産増強やラインナップの更なる充実など、任天堂には更に高い次元での課題が突きつけられていますが、是非とも頑張っていただきたいですね。

2010年8月17日|

カテゴリー:Wiiソフト

EVER17がPSPに登場

 サイバーフロントから発売中の恋愛ゲームセレクションで、Ever17が2か月前にPSPで発売されていることを今日知ってしまいました。元々はプレイステーション2ドリームキャストで発売し、その後PC版も発売されました。

 このゲームをされた方はご存じでしょうが、ヒロインが都合5人います。普通の恋愛シミュレーションの場合、誰かと結ばれてハッピーエンドになると、ここのイベントは兎も角としてクリアしたことになりますが、このゲームは4人クリアしてもストーリーの全容は殆ど明らかになりません。それどころか、攻略しているヒロインが異なると人物相関が異なるなど謎が深まるばかりです。5人目のヒロインで物語が収束し、プレイヤーには激烈な達成感とカタルシスをもたらしてくれます。
 但し、音声をスキップさせない場合はクリアまで最低40時間を要しますし、ストーリー展開がスロー(といってもそういうところでも伏線が張られています)なので、腰をじっくり据える覚悟で挑まなければいけません。途中で止めてしまうと、物語に多くの謎を残したままの凡庸なゲームと評してしまうでしょう。

 来年には限定版が発売されますが、定価は7140円と少々お高めになっています。ゲームだけを楽しみたいのであれば、PSP版・PC版などいずれも2000円前後で手に入れることができますので、至極の恋愛シミュレーションをこの機会に味わってみては如何でしょうか。

2010年8月17日|

カテゴリー:プレステソフト

DSiウェア 始動

 先月発売したばかりのニンテンドーDSiは発売1か月で50万台以上を売り上げ、今月に入っても好調に推移しています。その一方で、自称ゲーマーからは「(GBAソフトは殆ど市場で動いていない上、新たに本体を買う気がないにもかかわらず)GBAのソフトが遊べない」「いらない機能を付けて本体を便乗値上げしている」などのネガキャンが展開されています。
 DSiはまだ機能を使い切っていない感がありますが、徐々にその力を発揮していくことでしょう。
 その第一弾としまして、いよいよ12月24日からDSiウェアが本格的にダウンロード配信が開始されます。これらのソフトはDSi専用となりますので、Liteなどでは遊ぶことができません。今後もWiiウェアのに負けないペースでの展開が予想されますので、これを機にDSiを購入されるのも良いと思います。
 
 また、12月24日から“ニンテンドーDSiウェアおためしキャンペーン”も開始されます。ニンテンドーDSiショップに接続すると1000DSiポイントがもれなく貰えるキャンペーンなので、まだダウンロード予定のない方も取り敢えずポイントだけ先に獲得しておきましょう。尚、当然ですが、このキャンペーンは1台のDSiにつき1回しか受けることができませんし、ポイントを他のDSiに移すこともできません。


●DSiウェアラインナップ●

DSiウェア無料
・ニンテンドーDSiブラウザー(11月1日より配信中)
・うごくメモ帳

DSiウェア200(200DSiポイント)
・ちょっとマジック大全
・鳥とマメ
・神ヒコーキ

DSiウェア500(500DSiポイント)
・ちょっとDr.MARIO
・うつすメイドインワリオ
・ちょっとアソビ大全 おてがるトランプ
・Art Style AQUARIO
・Art Style DECODE

DSiウェアプレミアム(800DSiポイント)
・東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング 文系編
・東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング 理系編

2010年8月16日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

星のカービィ レビュー

 レイトン教授と最後の時間旅行などのゲームを先にクリアしたということもあり、星のカービィウルトラスーパーデラックスをクリアするまで結構時間をかけてしまいました。

 ミニゲームを見てみると、どれもタッチペンで遊ぶ物ばかりでした。個人的にはサテラビューで配信されていたカービィのおもちゃ箱という全10種のミニゲーム集にも収録されていた刹那の見斬りが遊べる物とばかり思っていたのに‥‥、と落胆していたのですが、ゲームを進めていくと遊べるようになったのは嬉しかったです。ただ、サテラビュー版の時は100分の6秒を連発できるくらいの反射神経を誇っていましたが、DS版では100分の9秒が偶に出るかどうかまで衰えていました。寄る年波には勝てないのか、それとも近年はあまり反射神経を鍛えるようなゲームを遊ばなくなったからなのか、どちらかは定かではありませんが。

 このゲームは基本的にヌルいです。カービィを冠しているだけあって、一応小さいお子さんでも十分楽しめますし、2人プレイもありますのでいざとなれば手助けすることもできます。しかし、格闘王への道は最後までクリアしようと思えば、回復手段が限られている上、相性の良いコピー能力が得られるとは限りませんので、相当骨が折れることは間違いありません。しかも、タイムアタックもできますので、やり応えはバッチリです。
 個人的には攻撃範囲も広くて敵の攻撃を反射できる“ミラー”が好きなのですが、攻撃力の低さと射程が短いのがボス戦で戦闘を長引かせてしまいますね。
 ところで、ボスの1人であるバトルウィンドウズ戦ではヒットポイント表示がありますので、コピー能力の攻撃力を測ることができます。格闘王への道やヘルパーマスターへの道でのタイムアタックのためにも攻撃力を把握しておいた方が良いのかも知れませんね。
 アクション中にコピー能力を変更する時、タッチパネルを使うところがあり、はじめは「いちいちタッチペンに持ち替えるのも‥‥」と思いましたが、爪でチョンッと当てるだけで選択できるので、タッチパネルに傷が付くことがないし、コントローラーに割り振るよりも(特定のモードでしか使わないので戸惑わなくて良いという意味で)素早く選択できるので意外と最適な方法です。

 3世代前のゲームですが、古くささも感じられず、完成度も高い製品となっています。口コミや何やらで、年内ミリオンも十分狙えるのではないでしょうか。もしクリスマスプレゼント等を考えているなら、その時期に売り切れる可能性もありますので、少し注意が必要です。

2010年8月15日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

WiiFit レビュー

 大衆的には今年最後の話題作となりましたWiiFitのレビューです。
 本作は12月1日に発売されましたが、1日にあまり沢山プレイが出来ない為、少しお時間をいただきました。

 ゲームとして見てしまうと微妙な感じがします。ヨガや筋力トレーニングにゲーム性はあまりありませんからね。ゲーム性を期待してしまうと、有酸素運動のフープダンスやバランスゲームぐらいしか面白味を感じられないと思います。
 しかし、フィットネスの為の機器と考えれば結構良くできています。バランスボードが非常に精巧に出来ていて、バランスを自由自在に操れるのならストレスを感じさせないでしょう。電源も屈まずに足の指先でスイッチ操作出来るところも任天堂らしい拘りを感じます。価格も8800円と多少値が張るものの、あの精巧な周辺機器込みの価格設定だと考えると高くはないでしょう。それにフィットネスクラブに行ったなら、入会金がゼロ円としても、月謝だけで元が取れます。しかも、フィットネスクラブは複数人纏めて教える為、個別レッスンはありません。WiiFitの場合バランスという観点から個別診断してくれるので、その点も大きな武器でしょう。
 ここまで褒め殺していますが、欠点がないわけではありません。フープーダンスやジャンプスキー等を複数人でプレイする時に、いちいちMiiの選択画面まで戻らないといけない煩わしさがあります。せめてバランスゲームぐらいはMiiの変更を簡単に出来るようにして欲しかったです。また、踏み台リズム等明らかにボードに乗らない状態でスタートをするトレーニングでも一旦ボードに乗らなければいけません。この辺りは癖をつければ気にならなくなるとは思いますが。

 因みに私は靴下を履いている時はわざわざ脱ぎません。夏場はアセでべたつくのを防ぐことが出来ますし、冬は寒いですからね。尚、万一滑ったりした場合は当然自己責任です。

2010年8月14日|

カテゴリー:Wiiソフト

新型PS3にはご注意を

 プレイステーション3用ソフトのタイムクライシス4は、ガンコン3を繋げることにより楽しめるガンシューティングです。
 そのガンコン3ですが、Wiiリモコンよりも高性能を謳っています。確かにLEDの数も多いので、それに比例して繊細に認識出来るのは確かです。但し、高い(ソフト込みで11500円)上に、LEDを複数設置する面倒臭さがあります。更に、Wiiリモコンよりも高性能と言われても、ガンシューティング以外に汎用性がないので、他のソフトには使いにくいのもネックです。それに同じようなゲームであっても、例えばバイオハザード5カプコン)のようなソフトの場合、ライバル会社(バンダイナムコゲームス)の周辺機器は対応したくはないでしょう。

 ところで、何故新型PS3に注意しなければいけないのかと言いますと、ご存じの通り新型PS3にはUSBポートが2つしかありません。殆どは1人で黙々とタイムクライシス4をプレイするなら支障はありませんが、2人でプレイすることもあるでしょう。そうなると、USBポートが合計3つ必要となります。USBハブを接続すれば事足りますが、そこまでするなら曲がり形にもPS2がプレイ出来る旧型PS3を買った方が良いと思います。
 因みにWiiリモコンよりも高性能ですが汎用性に乏しいガンコン3は単体で5800円となっていますので、2人プレイの場合は17300円必要となります。

2010年8月13日|

カテゴリー:プレステソフト

レイトン教授と悪魔の箱 レビュー

 レベルファイブの看板タイトルとして知られるレイトン教授シリーズの最新作、レイトン教授と悪魔の箱をクリアしました。
 ムービー・ナゾ・ストーリー全てに於いて前作の不思議な町を上回っています。ただ、そのボリュームの煽りを受けてか、エンディング間近の種明かしが集中しすぎている感があります。もう少し分散しても良かったのでは、と思います。また、一部のストーリーが(「時期が来たら全てを語る」と言いながらその後登場しなかったりする等の)消化不良も見受けられます。
 一方、3部作の連携は不思議な町から既に構想にありましたので、上手に織り込んでいる感があります。しかし、あくまでもおまけ程度、過度の期待は禁物です。因みにパスワードはニンテンドーDSMACアドレスから作成されている為、他人のパスワードは無効になります。
 また、ミニイベントも面白いです。ハーブティーは実質112通りと意外と少なく、いざとなれば総当たりで調合出来ますので、決して難しくはありません。そして個人的に気に入っているのはハムスターです。理論上最大67歩まで可能ですが、ハムスターが思い通り動いてくれませんので、今のところ漸く60歩を超えたところです。もう暫く記録更新にチャレンジしたいと思います。
 この手のゲームはコストパフォーマンスが悪い(購入金額÷プレイ時間=の数字が大きい)ですが、そこを割り切れると十分楽しめると思います。次回作のレイトン教授と最後の時間旅行も十分に期待が持てます。

2010年8月12日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

428 ファーストインプレッション

 428~封鎖された渋谷で~が発売から既に1週間が経過しましたが、はっきり申しまして、まだ2章までしか進んでいません。私は文章を読むのが遅いのですが、それを差し引いても我ながら遅いなぁと思っています。
 選択できる主人公が5人になったことで急激に物語に広がりができました。それぞれがどのように接点を持って影響を与えるのかは楽しみなのですが、基本的に接点を持ってしまうとバッドエンドになる感じですね。分岐点等がチャートで見易く表示されていますし、攻略のヒントも用意されていますので、クリア自体はそう難しくはないでしょう。ただ、全てのバッドエンドを出すのはバッドエンドになるためのヒントはないため、クリアすることに比べると少々骨が折れると思います。
 システムの不満は前回も書きましたが、慣れれば全く感じなくなりました。それどころか、片手でプレイできるので、好きなプレイスタイルで楽しめるなどの利点の方が目立って、ますます粗が見つからなくなりました。まだこのようなことを述べるのは早いですが、あとはどのような結末を迎えるのかだけにかかっていると言っても過言ではありません。

 このペースだと多分来年の春頃にならないとクリアできそうにありませんのでレビューはしない方向になると思います。しかし、体験版も評価が高かったのですが、クリアした方々の評価も非常に高く、ゆっくりではありますがじっくり楽しみたいと思います。個人的に恐れているのは何気ないサイトでのネタバレです。ゲーム関連のサイトの管理者は当然として、コメントを載せる人も節度ある書き込みをお願いしたいと思います。

 あっ、そうそう、不満点が一つだけありました。それは体験版をプレイしていても、製品版でもう一度初めからプレイし直さなければならないところです。セーブデータが共有ならばアドバンテージを生かして2章(11時)から始めることができたのですが‥‥。

2010年8月12日|

カテゴリー:Wiiソフト

サクラ大戦 ~君あるがため~

 ニンテンドーDS用ソフトドラマチックダンジョン サクラ大戦 ~君あるがため~(以降本作)の発売日が2008年2月21日に決定しました。私はナンバリングタイトルである本編作品の1~4及び、アニメ・舞台・漫画の殆どを見るほどのサクラ大戦ファンでありますが、本作は少し毛色の違う作品になりそうです。
 本編ではアドベンチャーモードとシミュレーションモードがあり、その比率は7:3ぐらいです。しかも、アドベンチャーモードはストーリーを楽しむものですので、ストーリーを進めるだけなら非常に簡単です。一方のシミュレーションモードも、(賛否は別にして)比較的優しい部類にはいります。
 しかし本作の戦闘部分はシミュレーションではなく、ローグ不思議のダンジョン)のようなダンジョンRPGモードに変更されています。もしこのモードが風来のシレンのようなストイックな難易度設定だとすればエンディングまで辿り着けない人が続出するでしょう(因みに私はクリアしたことはありません)。逆にチョコボのダンジョンのような難易度だと、高難易度を期待した人はすぐさまクソゲーのレッテルを貼るでしょう。どちらにしろ難しい調整が迫らせそうです。

 ところで、オールスターパックが2000円高で発売されます。中身はソフト以外にステッカーやカバー・ケースなどがセットになっています。が、個人的には2000円の価値を見出せません。ファンではありますが、コレクターではありませんのでそう思うだけなんでしょうか。しかし、プレゼントキャンペーンの湯呑みとかは欲しいですね。尤も、抽選で30セットしか当選しませんので、当たりそうな気がしませんが。
 そういえば、本作の一週間後に同じセガが発売元になっている風来のシレン3からくり屋敷の眠り姫Wiiから発売されます。ハードも違えば訴求する対象も違いますが、もう少し何とかならなかったんでしょうか。

2010年8月11日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

バンブラDXキャンペーン プレゼントもあるよ

 任天堂大合奏!バンドブラザーズDXのユーザーからの投稿曲が4000曲近くになったことを記念して「あんたたちバンブラでどんな曲演奏したいのよ!リクエストキャンペーン・無理矢理開催決定!」を行うことを密かに発表しました。応募はマンガ・バーバラちゃんの最後のコマをクリックして応募することができます。
 ユーザーの希望の多い曲は配信楽曲に追加されますので、自分では作れないユーザーはまたとないチャンスでしょう。私も早速応募しました。が、そこそこメジャーな曲1曲と、マイナー(たぶん10万人くらいしか知らないよな曲)を2曲エントリーしましたので、私の希望曲はたぶん多くても1曲しか追加されないでしょうね。
 因みに応募条件はクラブニンテンドーの会員登録者となっておりますが、ポイントを持っていない人でも登録さえすれば応募可能となっています。また、抽選で100名様には大合奏!バンドブラザーズDX特製楽譜版がプレゼントされますので、応募しない手はないでしょう。

2010年8月11日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

スーパーマリオギャラクシー 不振の考察

 決して売れていないわけではないスーパーマリオギャラクシーではありますが、小売りの予想(受注)に比べて漸く半分ほどの需要を満たした程度になっている為、スーパーマリオギャラクシーが年末商戦を全うせずに投げ売りの連鎖が起こるのでは、と戦々恐々とされている様からイメージ的に不振とされています。
 確かに、本体普及台数や勢いを考えるとゲームキューブスーパーマリオサンシャインを上回って当たり前、という雰囲気がありますが、実際にはどうなのでしょうか。
 任天堂サイドとすれば、ライトユーザーが溢れている現状を考えた場合、どちらかといえばゲーマー寄りのソフトを売ることは難しいと踏んでいたはずです。実際、トワイライトプリンセスの時も、戦略的なことがあったとはいえ、出荷本数はそれほどではありませんでした。その証拠にあまり値崩れも起こしていません。

 ところで、今回の(中間)結果は実のところ、任天堂よりもSCEマイクロソフトにとって誤算だったのではないでしょうか?と申しますのも、その2社はWiiに新規開拓して貰ったユーザーを(俄でもかまわない)ゲーマーに仕立て上げて貰って、そのゲーマーがWiiに物足りなさを感じ始めた時に、PS3Xbox360を選択して貰おうと目論んでいるはずです。SCE等は「任天堂さんとは棲み分けが出来る」とコメントしていたことからも窺い知れます。
 そのゲーマーに仕立て上げる試金石とも言えるスーパーマリオギャラクシーが現状あまり売れていないことにより、この長期的な構想に早くも黄信号が点滅しています。これにより、Wiiのライトユーザー重視が暫く続きそうですし、PS3等は更なる戦略的転換を迫られるかもしれません。コアユーザーにはもう暫く選択肢の増えない期間が続きそうです。

2010年8月10日|

カテゴリー:Wiiソフト

ドラゴンクエスト10 Wiiに発売決定!

 スクウェア・エニックスは来年3月に発売するドラゴンクエスト9の発売日を2009年3月28日に決定することを発表しました。これで取り敢えず2008年度内発売の公約は守られそうです。また、価格は5980円となり、考え得る価格に落ち着いた感があります。リメイク版のドラゴンクエスト4などは5480円でしたので、妥当な線だと思います。
 逆にテイルズ オブ ハーツの6650円は予約特典が付くとは言え、ちょっと高過ぎなので比較対照にするのもどうかという感じがしますし。更に、テイルズは予約特典に不具合があっても無料で添付するものなので交換には応じないとアナウンスしています。

 そして、ドラゴンクエストのナンバリングタイトルとしては初めて新作を発売する前に次のタイトルの発表を行いました。サブタイトルの発表はまだですが、ドラゴンクエスト10Wii向けに発売することが正式に発表されました。据え置き機でのドラゴンクエストを望む声が大きかったこともあり、その期待に応えた発表だったのではないかと思います。尚、発売日などには言及されていませんでしたが、恐らく2011年以降になるのではないかと予想されます。

 因みに、ドラゴンクエスト9の公式ホームページが本日よりオープンしました。

2010年8月10日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

レイトン教授と最後の時間旅行 レビュー

 前作の悪魔の箱では、終盤のストーリーが消化不良でしたが、今作では3部作の最後を飾るだけあって、しっかりと纏まっていました。
 前にも書きましたが、1作目の不思議な町や前作をプレイせずにこの作品だけをプレイしても楽しめるようにはできています。が、今作から始めた人は脇役のいきなりの登場で少し不可解なこともあるでしょう。特にアロマの登場シーンはそう感じると思います。
 相変わらず手書きの文字認識の反応がいいので、ストレスを感じずにプレイできます。尤も、仮名と英数字だけしか書くことがないのですが、それすら満足に認識しないソフトもありますので。また、メモが更に使い易くなっています。こういうインターフェースの進化は他のメーカーにも見習って欲しいですね。
 ムービーはトータルで約35分も入っており、かなりのボリュームとなっています。個人的にはムービーを少し抑えて、ボイスやアニメーションgifのようなものでの表現が有れば、もっと全体的に動いているという感じが出せたような気はします。
 ミニゲームはどれも巧いこと作られています。それぞれがケータイアプリで課金しても十分楽しめるだけの質があります。しかし、おもちゃのくるまは前作のハムスターと比べるとパワーダウンしている感が否めません。マップの数こそ増えていますが、何百回とプレイして記録を更新しようという気が起きません。まぁ、これはあくまでもミニゲームなので、こんなところに力を入れて本編の質が下がって本末転倒になってしまうよりもマシなのますが。
 今作でも週刊ナゾ通信が1年間配信される予定ですので、クリアしても気が向いたときにWi-Fiに繋いで問題をダウンロードできますので、まだまだ楽しめます。

2010年8月 9日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

WiiFit のフィットネス効果は?

 発売後1年が経過した現在でも週販2万台前後をキープし続けているWiiFitですが、それは今からでも購入を検討している方もまだまだ存在していることを示しています。私は発売日に購入したため、使い始めてからちょうど1年が経過しました。
 最初は半年ぐらいでレポートしようと思ったのですが、夏と冬では気温だけではなく、食欲などで条件が異なりますので、1年後にするのが適切だろうということで、この時期まで計測し続けることにしました。
 WiiFitは前にもお知らせしたとおり、ダイエット機器ではなく、フィットネスのための装置です。ですので、太っている人が健康か体になる結果、体重が減るという意味では間違いではないですが、体重の軽い人が更に軽くなるということはなく、フィットネスでは逆に重たくなることもあり得ます。
 私の場合ですが、太り気味というわけではありませんが、一応標準体重より太めという結果が出ており、WiiFitでどれほどの効果があるのか体験して参りました。始めは2日に1回でしたが、徐々に回数を落としてしまっています。また、三食の食事は変わらずに摂っています。というか、むしろ最近は肉の量が増えてさえいます。
 しかし一年間継続した結果、最初の6か月で3.5kg減でほぼ標準体重となり、その後の6か月でも更に0.7kg減となり、無事BMIが22を切りました。体重で4.2kg、BMIで1.47の減量に成功したことになります。一時期もっと減っていたこともありましたが、あくまでもこの区切りでの測定値となります。
 個人的には腹がまだ出ているのでもう少し落とせそうですが、これは体重を落とすよりも筋力を付けるべきなのかもしれません。

 WiiFitだけではこれだけの効果は得られなかったかもしれません。しかし、適度な運動や普段の姿勢などを意識することにより、その相乗効果が得られているのではないかと思います。ですので、1万円弱でそれなりの効果が得られるのであれば、何十万もする機器を購入する前にこちらを試してからでも遅くはないと思います。

2010年8月 8日|

カテゴリー:Wiiソフト

威力棒Vii

 コピー大国中国Wiiに似たゲーム機Viiが発売されています。既に30万台ほどが出回っているという情報もありますが、情報が錯綜している為実数が掴めません。外観や操作方法はWiiに酷似しているようですが、実際にはどうでしょうか。

 価格は986元(約15000円)と安い感じがしないでもありません。しかし、いくら富裕層が増えた中国といえども、物価は日本の数分の1ですので、一般家庭には少し手が届きにくい価格です。日本は判りませんが、輸出もしているようですので、秋葉原などで手に入れることも可能と思います。しかし、以下に述べる欠点を理解した上での購入をお勧めします。
 まず、音声はモノラル対応です。今時のゲーム機でモノラルって‥‥。ファミコンでさえステレオ対応でした。
 更に、Wiiに外観は似ていても、対応はしていません。というか、対応しようがありません。というのも、ゲームは本体に内蔵されている為、ディスクの挿入口等は無いからです。ゲーム内蔵型といえばカラーTVゲーム15が思い出されます。
 新しいゲームが出来ないゲーム機を15000円出す価値があるのか、というところでしょうか。私はお奨めしませんが。

 因みにVii分解記事が幾つかのサイトに掲載されていましたが、本体の中に小さい基盤が一枚あるだけでした。恐らくニンテンドーDSのジャケットぐらいに小さくすることも出来たと思います。しかし、何故わざわざスカスカの状態だったのでしょうか?言うまでもなく、Wiiの皮を被ったViiにした方が効果的に売れるからでしょう。著作権や意匠権の強化を謳った中国政府ですが、この辺りからも保護意識の薄さが窺い知れます。

2010年8月 7日|

カテゴリー:Wiiソフト

続・ファイアーエムブレム 暁の女神 レビュー

 前回のレビューではお伝えしきれなかった部分をどうぞ。

 操作性はコントローラー3種、4通りの操作方法が用意されており、操作しやすい方法を試せます。Wiiリモコンでも操作に不自由さは感じさせないカスタマイズは流石です。但し、縦持ちの場合のみ、使用ボタンがあまりに限定されるため、少し不便かも知れません。
 ロードの待ち時間は起動時を除けばほぼ皆無で、ロードによるストレスは全く感じられません。起動時の待ち時間がもっと短ければ完璧なのでしょうが、媒体の性質上仕方のない所ではあります。

 ニンドリでは「今作はゲームキューブでの制作は不可能だった。」との対談が掲載されていました。これは映像美は追求しないと明言していた任天堂としても、戦闘シーンの処理落ち(等によります処理の遅延)は看過できなかったのでしょう。それに決して多くはありませんが、効果的に使用されているムービーを魅せるためにもWiiではないとダメだったのでしょう。
 ただ、ソフトの売上を考えるとどうなのでしょうか?既に市場が消えようとしているゲームキューブではありますが、本体の普及台数はWiiよりも遥かに上です。それでもWiiで発売されたということは、Wiiでしか動かせないソフトであるということ以外に、ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスのように重厚なソフトラインナップ“も”揃えている、というアピールも兼ねているのではないでしょうか。それとも、ゲームキューブの稼働率もそれほど多くないと考えたのかも知れません。

 ミカヤ部隊は育てる機会が少ないため、最後の方で使い物にならないという意見が多く聞かれます。しかし、第四部で十分に育てることが出来るため、普通に意識して育てれば、ミカヤ部隊から5~6人程度なら最終決戦に投入することが出来ます。

 このシリーズは「戦争はお互いに正義と思って戦うものである。その為の相手の痛みも知る必要がある。しかし、コンピュータゲームでは数字の減らし合いだけで、痛みは伴わない。それを表現するのは難しい。」というようなことを過去に述べられていました。その一つの答えが聖戦の系譜だったようです。このゲームでは親友のエルトシャンが裏切られ、同盟の天馬騎士団が壊滅されられ、妹らを失い、自身も不条理な死を遂げました。後半の世代はそこまで非業なことはありませんでしたが、トラキアの戦争に対する背後関係に悩んだりもしました。
 今作ではミカヤとアイクが幾度となく相対してしまいます。端から見ると理不尽でも国を救うためには対するしかないという思いから、劣勢に立たされても諦めません。そして対戦を実際に操作すると心苦しくて仕方がありませんでした。しかし、本当の戦争ではもっと苦痛を伴うはずです。ユーザーに不快感を与えずに戦争の苦痛の一片でも経験させるこの方法はお見事です。

 シミュレーションRPGの代名詞として恥じない作品です。次回作以降も期待して待ちたいと思います。

2010年8月 6日|

カテゴリー:Wiiソフト

DSi 発売1か月で53万台を販売

 任天堂から11月1日に発売されたDSiが発売1か月で535,379台を販売しました。また、Liteも僅かながらプラスされるため、DS本体の累計販売台数は2423万台となり、年内2500万台もほぼ確実な情勢となりました。
 DSiは来年早々に海外でも発売開始されますので、当然DSiの生産数も増えるでしょう。今のペースだと年内100万台がギリギリ‥‥という感じですので、前倒しで増産する(している)かもしれませんね。

 一方の年内販売台数で、一時期PSP40万台以上水をあけられていましたが、7.6万台の差と急速に縮まっています。PSPは年内販売台数首位を死守できるのか!と思ったのですが、DSって12月は4年連続で100万台前後を売ってるんですね。ということは選挙速報なら「開票率80%で現在2位のDSが当選確実となりました」って感じでPSPを逆転して3年連続で販売台数首位の座をほぼ手中に収めた、というところでしょうか。
 尚、WiiはPSPに対して80万台の差がありますのでほぼ不可能です。また、SP3は同220万台の大差、Xbox360は270万台の大差ですので、大富豪が買い占めを行っても本体を揃えることができませんので水増しでもしない限り逆転することはあり得ません。

2010年8月 5日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

ドラゴンクエスト4 レビュー

 ファミコン版から17年ぶりにプレイしましたが、その時以上にのめり込んでしまい、あっという間にクリアしてしまいました。性能アップの恩恵を良い方向に行かしています。例えば、アイテムにグラフィックが付随することにより、文字情報だけでは探しにくいアイテムが探しやすくなっていたりします。また、戦闘シーンに置いても、敵キャラの多様な動きに思わず「おっ!」となったりします。
 戦闘シーンと言えば、スピーディーな展開にするためにも様々な工夫が見て取れます。敵のダメージ表示をファイナルファンタジーのように敵に重ねて表示することにより、メッセージウィンドーに目線を移動させなくても済みます。また、ヒットポイントの現在値をゲージ表示されている為、上画面を見なくても大凡の状態を把握することが出来ます。更に、全体攻撃呪文などでグラフィックが進行中でもダメージ表示がリアルタイムで表示されるので冗長さも改善されています。
 タッチペンは全く使用出来ませんが、この取捨選択は正解だと思います。一部ユーザーや作り手はDSはタッチペンありき、Wiiはリモコンを振るもの、と固定観念を持っている方もいらっしゃいますが、従来ゲームの典型であるこのゲームにわざわざタッチペン仕様は必要ではありません。コマンドの誤操作もしかねませんしね。
 その操作方法も今までとボタン配置が異なる為、最初は戸惑うものの、慣れれば悪くはありません。ただ、LRボタンが視点変更に使用される為、Lボタンが便利ボタンとして使えなくなりました。その結果、片手での操作が出来なくなりました。移動中は仕方がないのですが、戦闘シーンではLRボタンは使用されませんので、その時ぐらいは決定ボタン代わりに使用出来ても良いかな?とは思います。
 まだモンスター図鑑のコンプリートは果たしていません。特にある塔では2回も通過したのに合計4回しか敵に遭遇しない等のムラがある為です。しかし、そのお陰でもう暫く遊べそうです。
 DS版リメイクは一応成功でしょう。売上もぼちぼちで評価も悪くありませんので、これを弾みに5と6のリメイク作成も頑張って欲しいところです。

2010年8月 4日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

レイトン教授と最後の時間旅行 ファストインプレッション

 クロノトリガーを差し置いてレイトン教授と最後の時間旅行を先にプレイし始めました。単純にクロノトリガーはSFC版でプレイ済みなので、ネタバレされてもさほどショックはない(と思っていましたが、13年前のことなので殆ど覚えておらず、いざネタバレに遭遇するとショックを受けるのではと思い直しているところ)ですが、このソフトは初プレイの上、謎解きがウエイトを占めているゲームですので、ネタバレは厳禁です。と言うことで、先に始めました。
 さて、ゲーム内容ですが、今更説明する必要もないくらい同じようなシステムです。当然問題や物語は一新されていますが、過去2作を楽しめたのなら問題なく楽しめるでしょう。また、今作ではチュートリアルが充実していますので、初めてプレイされる方でも取説を読まなくてもプレイできる仕様となっています。 肝心の謎解きですが、過去2作と異なりオリジナルの問題や新しいタイプの問題を揃えているため、頭の体操シリーズを愛読している方でも新鮮味を感じるのではないでしょうか。
 ムービーや一枚絵が前作よりも増えているような気がしますが、定価据え置きでこのボリュームアップは嬉しい仕様ですね。また、不思議な町のフレンドリー版の時も触れましたが、今作ではふりがながふられていますので、小学生でも十分楽しめるようになっています。
 今後のストーリー展開も気になるところですが、取り敢えずじっくりと謎解きを楽しみながら進めていきたいと思います。

2010年8月 4日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

PS3本体販促キャンペーン

 SCEPS3本体購入者を対象に『“祝! PS3生活”スペシャルデモディスク プレゼントキャンペーン』を12月18日より実施します。
 このキャンペーン中にPS3本体を購入すると、、PS3の主要タイトルの体験版やデモ動画が収録された「スペシャルデモディスク」が数量限定でプレゼントされます。
 今回の「スペシャルデモディスク」には、“みんなでわいわい!”子供も大人も楽しめる「スペシャルデモディスク(赤)」と、“ひとりでじっくり!”手に汗握る「スペシャルデモディスク(白)」の2種類が用意されています。 しかし、本キャンペーンは購入する店頭にてどちらか1枚しか選べませんのでご注意を。つまり、(赤)に収録されているウイニングイレブン2009と、(白)に収録されているバイオハザード5 はどちらか一方しか体験できないということになります。
 ところで、サードが体験版を提供しているのに対して、自社発売の作品(リトルビッグプラネットAFRIKA白騎士物語など)はいずれもプロモ映像だけってどういうことでしょうか?個人的にはやる気のなさが透けて見えるのですが‥‥。
 その一方で、先ほども登場したバイオハザード5の体験版が遊べるのは嬉しい仕様です。が、その恩恵は本体の新規購入者にしかなく、既存のユーザーを置いてけぼりにするのもどうかと思います。まさか、スペシャルデモディスク欲しさに本体を買うわけにもいかないですし。やはりオンラインで同等のサービスをするべきだと思います。尤もオフライン環境ユーザーが恩恵を受けられないという問題も残りますが、それはユーザーの環境に依存する話ですので。
 年末商戦に強い任天堂(Wii)に対してこのキャンペーンがどこまで功を奏するのでしょうか?期待はしたいところです。

2010年8月 3日|

カテゴリー:プレステソフト

きょうとあしたの占いラッキーチャンネル配信

 任天堂は昨日12月2日より、Wiiショッピングチャンネルで“きょうとあしたの占いラッキーチャンネル”の配信を開始しました。
 このチャンネルでは、日々の生活で迷いがちなことについて、みちしるべ(アドバイス)を知ることができるチャンネルです。恋愛運や仕事運などの基本的な運勢を占えるほか、「仲良し占い」「食のみちしるべ」など、このチャンネルならではのオリジナルな占いを遊ぶことができます。占いの監修は株式会社メディア工房です。
 ニュースチャンネルお天気チャンネル等、毎日電源を入れる仕掛けを追加していき、いつの間にか10を超えるチャンネルが展開されています。ところで、任天堂はソフトカタログ2008冬を店頭で配布していますが、きょうとあしたの占いラッキーチャンネルのことはいっさい書かれていません。Wiiの販促のためのカタログなのに記載していないというのは勿体ないですね。折角92ページという豪勢なカタログなのに。
 因みに、このチャンネルは無料でダウンロードできますので、朝の情報番組の占いコーナーが見られない方などには重宝されるのではないでしょうか。

2010年8月 3日|

カテゴリー:Wiiソフト

レイトン教授と悪魔の箱 ファーストインプレッション

 折角土曜日にWiiFitが到着したのですが、体調不良の為未だプレイしていません。

 レイトン教授と悪魔の箱は安静にしててもゲームが出来ますので、こちらを先にやり始めました。一言で言うと、「前作と変わらない面白さ」です。前作の不思議な町のように週刊ナゾ通信なども盛り込まれていますので、ボリュームも変わらないと思います。ですので、新しいナゾと新しいストーリーが楽しめたらそれで良い!という方は買って問題ないでしょう。逆に前作が肌に合わない方は今作も肌に合わないと思います。
 先ほどボリュームは前作と変わらないと書きましたが、動画やボイスは少し増えている感じです。更に動画に関してはブロックノイズが前作ほど見あたらないので、この辺りはかなり改良されているのではないでしょうか。もし容量を増やさず改良出来たのであれば、他社も「DSだからある程度仕方がない」と諦めずに見習って欲しいものです。

 ところで、公式サイトには“攻略サイト掲載削除のお願い”なるものがお知らせされています。メーカーとしては謎解きがゲームの要ですので、それを阻害する要因は排除したいのでしょうし、その気持ちもわかります。ゲーム中でも3段階に分けてヒントを小出しにしてサポートをすることにより、謎解きの面白さ出来るだけ損なわないように努めています。
 一方、攻略サイトの管理者は詰まったユーザーを助ける為と自己満足と優越感の為に公開しています。しかし、それはそれで構わないとも思います。攻略サイトに見に行くユーザーは謎を解く面白さよりもクリアする方が面白いと思っているわけで、その楽しみ方は人それぞれです。それを他人がどうこう言う権利はないでしょう。制作者は面白くないでしょうが。
 ただ、答えを見たいわけじゃないのに、答えを見せるような作りのサイトには反対です。例えば、ゲームの概要や操作方法が知りたいだけなのに、エンディングやボスの名前等がトップページに記載されていたりすると、やる気を無くす人もいるでしょう。一応その辺りに配慮しているサイトが殆どなので、あまり心配はしていませんが。
 しかし、このような攻略サイトが増えることにより、一番損害を被っているのは攻略本の出版社ではないでしょうか?図解による解説を除けば全てに於いて攻略サイトに劣っています。実際、私もゲームボーイアドバンスのモバイルゴルフの攻略本を最後に6年以上買っていませんし。
 あや?いつの間にか話がだんだんと変わっていってしまいましたね。申し訳ありません。

2010年8月 3日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

Wii本体の利益は?

 今日はWiiDSの発売記念日です。
 任天堂はWiiを1台売るごとにいくらの利益を得ているのでしょうか?ということを経済誌「フォーブス」が検証しました。それにによるとWii1台ごとに6ドル(約560円)の利益が発生しているとのことです。近年のハードメーカーの戦略は本体を安く売ってソフトのロイヤリティーで収益を上げる方法が主流でした。そのためハードは安くても一定のロイヤリティーが科せられるソフトは高いということになっていました。
 しかし、Wiiではハードでも少ない割合ながらも収益が見込めるため、その分ロイヤリティーを引き下げ、その結果ソフトメーカーはソフトの価格を下げることが可能となりました。実際、パワフルプロ野球の場合、開発に熟れているPS2版よりもWii版の方が1000円も安い上、Wii版の方がモードが豊富だったという実例もあります。もし、Wii版のロイヤリティが7%だとすれば、PS2版は20.3%となり、如何にロイヤリティに依存している構造になっているかがわかると思います。
 その代わり、WiiはSCEのように本体で無茶な値下げはできません。ですので、このビジネスモデルが現状は成功していても、数年後でも成功し続けているかどうかは分かりません。ひょっとして値下げ競争の波に飲み込まれてしまうかも知れませんし。

2010年8月 2日|

カテゴリー:Wiiソフト

西村京太郎2 レビュー

 今更ながら西村京太郎2のレビューです。というのも、20時間近くかけてストーリーモードをしないでWest Village2のクリアできる問題90問+ブリジットに挑戦をクリアしていましたので、肝心のストーリーモードを殆どプレイしていなかったからです。

 さて今作なのですが、難易度の点から言えば、少しですが前作よりも更に易しくなっています。答えに誘導するように展開されますし、ゲームオーバーがない上に、選択肢の無い設問では解答を間違い続けてもパートナーがヒントをくれたり答えを教えてくれたりしますので、謎解きが超苦手な方でも大丈夫です。元々火曜サスペンス劇場を見るようにゲームを進めるスタイルですので、魅せるストーリーであるなら構わないと割り切るべきでしょう。幸いにも私には合っていたので全く問題はありませんでした。その代わりサブゲームで少々難しめの謎解きが味わえます。但し、サブゲームの方では謎が複雑に絡み合うということはありませんので、そういう意味ではやはり物足りなさを感じるかも知れませんね。
 ストーリーを少し読み返せる機能もありますが、読み返せる範囲が(60行分と)短いので次回作を作るならもっと広い範囲で読み返せるようにして欲しいところです。
 取り敢えず火サスを見るようにストーリー展開を楽しむというのを好むユーザーならプレイしてみては如何でしょうか。

2010年8月 1日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

バイオハザード5 体験版配信

 ホラーアクションの金字塔バイオハザードシリーズの最新作、バイオハザード5の発売日が2009年3月5日に前倒しに発売されることが発表されました。価格は少しお高めの8800円ですが、常にユーザーの期待に応えてくれたシリーズですので、ファンなら買いでしょう。
 そしてその完成度を知らしめすためにXbox360のゴールド会員向けに12月5日より体験版が配信されます。ゴールド会員は誰でも楽しめますので、購入を考えていない方でも一度プレイされては如何でしょうか。尚、HDDは必須となっております。
 さて、そうなると問題なのがシルバー会員なんですが、配信サービスはするのでしょうか?やはり、有料会員には有料会員なりのメリット(差別化)が必要ですし、配信サービスもタダではできませんので、(費用を持つ)マイクロソフトの負担を考えれば仕方がないところでしょうし、口コミならゴールド会員だけでも十分と踏んでいる可能性もあります。尤も、「ゴールドメンバーシップ先行」と謳っていますので、少し遅れて配信を開始するとは思いますが、果たして‥‥。
 一方のPS3は残念ながら可能性は低いでしょう。もしこのサービスを行うとしたなら、カプコンはSCEに対してダウンロードされた容量に応じて費用が発生してしまいます。費用対効果が見込めなければおいそれとお金は出せません。と言うよりも、こういう環境くらいタダで使わせてあげてもいいのに、と思いますが。ひょっとしてSCEはこれで小金を稼いでいる?

2010年8月 1日|

カテゴリー:Xbox360ソフト