2010年6月の記事一覧

DSテレビ ネット専売の是非

 任天堂から11月20日に発売予定のDSワンセグチューナーですが、任天堂のホームーページのみでの販売となっています。
 しかし、この販売方法について訝る意見が散見されます。確かに6800円と高くはなく、送料も込みなので、一見して悪くはないのでしょうが、流通に乗せないことで「小売店軽視」「利益優先」等の書き込みも多いです。そのような考えも一理あるでしょうが、果たしてそうでしょうか?少し事例も交えて検証してみます。

 地上デジタル放送の電波はアナログ放送の電波ほど広範囲に広がってはいません。それはワンセグの電波にも言えることです。しかもワンセグの場合、基本的に自由に持ち運べるため、子供部屋やお風呂といった場所では電波が届かないことも有り得ます。そのような不具合があることを知る人間にとっては当たり前のことでも、知らない人にとっては携帯電話並みに“電波が届いて当たり前”と思い込んでいることもあります。事実、携帯電話のワンセグでも、そのようなトラブルにより機種変更や解約を強行しようとする事例が発生しています。
 任天堂としては、出来るだけ無用なトラブルを避けるため、範囲外の住所の客を予め弾い(販売を拒否し)たり、顧客データを集めることにより、電波の届きにくい地域を把握したりするのだと思います。ある程度のデータが揃うことで、小売店での販売も有り得るでしょう。
 ニンテンドーWi-Fi USBコネクタでもそのそうな感じだったんだとは思いますが、残念ながら、私は詳しく知らないので、これ以上述べられません。

 しかし、過去に通信販売形式をとった商品がありました。それは1995年に発売されたサテラビューがそうです。この商品は衛星データ放送という過去に例のない方法でデータのダウンロードするのですが、数多のBS機器の設定を予め全てをカバーすることは事実上不可能でした。その為、当初は住所・氏名・電話番号に加え、BS機器名も申告する必要がありました。そして、サービスセンターを設けてトラブルをデータベース化することにより、7か月後の店頭販売にこ漕ぎ着けました。
 実は、私もデータの受信が上手くいかなかったので、電話で問い合わせたことがありました。結果、ビデオデッキのスイッチの操作だけですぐに解決しましたが、これも同様のトラブルで困った先人によってデータベース化出来たお陰だと思っています。

 話を戻しますが、もしお店で売っていてそれを買ったユーザーが電波が届かないとなれば、そのユーザーは小売店やメーカーに文句を言うでしょう。たとえ、ホームページなどで電波の届く範囲や範囲内でも受信出来ないことが書いていても、です。そのような無用なトラブルを出来るだけ防ぐため、そして周知徹底されるまでネット専売にするのは、消費者の不利益を未然に防ぐ最良の索になるのではないでしょうか。

2010年6月30日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

任天堂 2009年度中間決算発表

 任天堂は平成21年3月期第2四半期の業績を発表しました。尚、文中の億円未満切り捨て括弧内は前年比率(%未満は四捨五入)です。
 売上高8367億円(20%UP)、営業利益2521億円(33%UP)、経常利益2373億円(10%UP)、純利益1448億円(9%UP)となり、いずれも前年比アップを達成しました。但し、下期は円高の影響で業績予想を下方修正しています。
 ニンテンドーDSは国内ハードの販売台数が65%減と激減しましたが、海外で好調にすれ続けているため、トータルでは微増しています。ソフトも同様に国内では31%減ですが、海外で順調に伸びているためトータルでは13%増となっています。Wiiに関してもソフト販売は国内で微減でしたが、トータルでは倍増しています。今期のソフトの売上予想は4億700万本としています。

 気になるのは海外比率の急激な高まりです。昨年上半期は国内売上は24%ありましたが、今年同期は11%に落ち込んでいます。2005年に国内シェア60%を占めた勢いがなくなるのは仕方がないことですが、ここまで海外に依存してしまうと、急激な為替変動で業績が左右しかねないだけに、国内での地固めをもう一度するべきでしょうね。
 しかし、海外シェアアップを目指すスクェア・エニックスからすれば羨ましい限りなのかもしれませんね。

2010年6月30日|

カテゴリー:ゲーム全般のソフト

482~体験版 レビュー

 428~封鎖された渋谷で~の発売に先駆けて東京ゲームショウで体験版が配布されていました。また、先日もお知らせしたとおり、ブロガー限定で体験版モニターを募集していました。私も応募し、見事当選しました。しかし、応募は10月30日まで受け付けていましたが、何故か先週に体験版が発送されてきました。こんな場末のブログでも当選するくらいなので、恐らく100名以上に発送されているのではないのかと思います。
 ところで、この体験版ですが、ネットオークションで2000円前後の高値が付けられています。しかし、セガからタダで貰えるのに何を考えて大枚をはたいているんでしょうね。


 428 ~封鎖された渋谷で~ 加納慎也 428 ~封鎖された渋谷で~ ひとみ 428 ~封鎖された渋谷で~タマ

 街~運命の交差点~をプレイしていないので、その違いには言及できませんが、このゲームのザッピングやマルチフラグがシステムをややこしくしているのでは、と懸念をしていました。しかし、最終的には5人をマルチ展開させてストーリーを進めなければいけないのでしょうが、最初は2人だけですので、システムとして非常に分かり易かったです。体験版では触りの部分しかプレイできませんが、今後のストーリー展開にも期待がもてます。動画部分はもちろん、制止画部分でもそこに短い動画を織り込んだり、拡大・縮小・スクロールなどを駆使したりして息飲む展開をしっかり盛り上げてくれています。

 一方で、読み飛ばしのシステムで、いちいち場面展開しますので、高速読み飛ばしが出来ないのは残念です。一応タイムチャートから分岐点やタイムエリアなどから細かくロード箇所を選択できるのですが、かまいたちの夜のように高速読み飛ばしも出来るようにして欲しかったです。また、明るい場面で文字が少し見にくい箇所がありました。黒縁をもう少し太くするか、文字のある周辺の画像を暗くぼかすなどの処理があれば良かったのですが。尚、文字の大きさ自体は見易くて妥当な大きさだと思います。

 全体のストーリーが分からないので断言は出来ませんが、過去のサウンドノベルの実績から言えば今作も期待せずにはいられないでしょう。発売日からでも冬休みからでも年末年始休みでもそれぞれのライフスタイルに合わせてじっくりとプレイされては如何でしょうか?尚、このソフトのレイティングはC(15歳以上対象)です。テレビドラマでもよく出てくる表現が含まれているのですが、受動的に見るテレビドラマ等とは異なり、能動的にプレイするソフトウェアに対してのレイティングとしては妥当でしょう。
 本作の発売日は12月4日、価格は7140円となっています。

2010年6月30日|

カテゴリー:Wiiソフト

ファイアーエムブレム 暁の女神 レビュー

 発売後半年以上経過していますが、ファイアーエムブレム 暁の女神が発売した当時、本体は未だ150万台強しか普及しておらず、現在の半分にも満たしていない状態でした。ファイアーエムブレムシリーズは通常ハードが普及した状態で発売されることが多く、FEのファンの中でその後Wiiを購入するも、暁の女神を買いそびれたままという方もいらっしゃることでしょう。CMも集中的には行われてはいましたが、スーパーペーパーマリオ等に力を注ぎたいメーカーとしては、暁の女神に力を入れきれなかった感があります。

 さて、前置きが長くなってしまいましたが、そろそろレビューをしたいと思います。

 私は前作の蒼炎の軌跡はプレイしていません。しかし、前作のストーリーを知らなくても違和感なくプレイできました。と申しますのも、例えば、聖戦の系譜では十人ほどの重要人物が矢継ぎ早にストーリーと共に紹介されて、相関関係も呑み込めていない内にゲームがスタートします。暗黒竜と光の剣ではタリス城が海賊に襲われた所からスタートしていて、マルスタリスの関係などお構いなしにスタートします。そういう意味ではそれまでのストーリーがわからなくても、おいおい過去の人間関係などがある程度明らかになっていくので、あまり問題はないでしょう。
 ですので、「前作をプレイしないと楽しめない」という声も聞かれますが、今回は偶々前作が存在しただけで、聖戦の系譜や暗黒竜と光の剣と同じように前作を無いものと考えれば、違和感なく没入出来るでしょう。

 しかし、やはり前作をプレイしていた方が、より深く理解できそうだというのも事実です。例えばツイハーク親ラグズ思想の理由やジルの過去の経歴など、知りたいこともあります。そういう意味では紋章の謎のように第一部に蒼炎の軌跡を収録した方が良かったかも知れません。もし、それがメーカーにとって手間だといわれるのなら、ゲームキューブ版のソフトをそのまま封入する方法でもいいでしょう。少し違いますが、戦国BASARA2 英雄外伝 ダブルパックみたいな感じですね。

 そういえば、ゲームキューブ用のバイオハザード2バイオハザード3が再プレスされるようです。蒼炎の軌跡は中古価格も高止まり状態ですので、最近Wiiを購入したファンに暁の女神を再度売り出すためにも、蒼炎の軌跡の再供給と同時にCMを流して再訴求してみても良いかもしれませんね。

2010年6月30日|

カテゴリー:Wiiソフト

Wiiであそぶセレクションの展開

 ゲームキューブで発売されたゲームをWiiでリメイクする、Wiiであそぶセレクションというものも発表されました。第一弾はピグミンドンキーコングジャングルビートの2作品となっており、どちらもグラフィックの改良やWiiリモコン対応となります。当然ゲームキューブコントローラーも使用可能です。また、どちらも3800円とお買い得価格となっています。
 更に来年にはちびロボ!メトロイドプライムなどを含めて合計7作品のラインナップも公表されています。
 Wiiであそぶセレクションのタイトルはゲームキューブのソフトとして再供給という選択もあったと思いますが、それだと、GCコントローラとメモリーカードが必須になります。更にWiiリモコンでも楽しめるソフトをピックアップしていますので、Wiiユーザーに遊んでもらうためにはこの方法が最適だったのではないかと思います。もちろんゲームキューブで遊ばれたユーザーもバイオハザード4のように新しい操作方法で楽しめるのではないでしょうか。
 個人的には中古で手に入り難いファイアーエムブレム蒼炎の軌跡も発売して暁の女神との相乗効果を狙うのも面白いと思いますが、Wiiリモコンで新たな遊びを提案するする必要のない作品なので、ちょっと難しいかもしれませんね。

2010年6月29日|

カテゴリー:Wiiソフト

オプーナへの期待

 11月1日にコーエーからWii用のソフトとして“オプーナ”というRPGが発売されます。このソフトはドラゴンクエストの開発会社等でも知られているアルテピアッツァが、コーエーから堀井雄二氏の紹介を経て開発元となりました。
 他のジャンルと同様に、近年のRPGでも使用されるボタンの数が増えていることに危機感を抱いているようで、このゲームではヌンチャクコントローラーだけ(Wiiリモコンは操作に使用しない)という非常にシンプルな操作系をウリに、RPG初心者でも苦無く遊べるように敷居を低くしています。当然、敷居を低くしただけで、内容がスカスカというわけではなく、ドラクエファイナルファンタジーのように一般ユーザーも納得のいくぐらいの濃度が備わっているようです。例えば“ライセンス制”というシステムがあります。このライセンスを取得することにより行動出来る世界が広がるのですが、1つ間違えると“フラグ立て”や“お使い”と揶揄されるやらされ感漂う、作り込み不足のソフトが誕生してしまうのですが、このソフトではそのシステムを上手に取り込むことにより、ウリの1つに昇華出来たと思います。
 しかし、この日はジャンルこそ違いますが同じ“宇宙”がキーワードになっている“スーパーマリオギャラクシー”と同じ発売日です。果たしてどれだけ割を食わずに売り込むことが出来るのか、少々露出度が低いので心配ではあります。

2010年6月29日|

カテゴリー:Wiiソフト

歩いてわかる 生活リズムDS

 万歩計にまで触手を伸ばした任天堂の新作ソフト、歩いてわかる 生活リズムDSは11月1日5800円で発売されます。5800円という定価は高そうな雰囲気ですが、歩数を計測する生活リズム計が2個付属している上、赤外線通信機能をあの小さなニンテンドーDSカートリッジに内蔵した特殊なソフトですので、非常にお買い得価格なのではないでしょうか。尚、生活リズム計は別売りで1800円でも発売されますので、3人以上でもシェアすることが可能となっています。
 大好評の任天堂公式サイト、社長が訊くでも取り上げられています。始めはGBAスロットを利用する予定だったが、DSiでも使えるようにするために設計し直した話とか、生活リズム計は1分ごとの歩数を記憶でいるようになっているとか、犬などのペットに装着したりすることも出来るとか、なかなか面白い内容となっています。
 また、生活リズム計は1か月分の歩数データを(1分ごとの歩数は1週間)保持できますので、毎日カートリッジを差し替えてデータを転送しなければならない、という強迫観念がないのも良いところだと思います。
 普通に一日の歩数を確認するだけではもの足りない方、歩くことにモチベーションを見いだしたい方は、このソフトを触れてみては如何でしょうか。

2010年6月28日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

カルドセプトDS ファーストインプレッション

 予備知識も殆どなく、説明書も読まずにいきなりプレイしました。始めは肩慣らしに1人で対戦モードから始めて、途中でルールを確認しながらのプレイというスタイルを取ることにしました。それでも10ターン目くらいまではトップ争いを展開していたのですが、後半になって領地をどんどんと奪われてしまい3位に。
 リベンジとばかりにもう一回したが、同じような展開の上、終盤は盛り返すことは疎か、終盤でレベル4の領地に止まり、圧倒的なHPに太刀打ちできず魔力がマイナスになってしまい、そのまま4位フィニッシュ。素人相手にタコ殴り状態で、面白味が全く解りませんでした。

 ところが、駄目元でストーリーモードを開始すると、チュートリアルっぽい親切な説明がある上に敵も1人なので分かり易く、相手のカードも若干弱め。先に痛い目に遭っていることもあり、余裕を持ってクリアできました。ここで初めて最初はストーリーモードから始めるのがセオリーなんだと知りました。
 それからゲームの内容の奥深さにどんどんとハマりこんでいます。あまりに力を入れてDS本体を持っていたため右手中指の付け根辺りが筋肉痛になってしまいました。が、ついもう一回‥‥とプレイしてしまい、よけいに悪化してしまいました。キーボードを叩く分にはあまり支障はないのですが、本を持ったりすると激痛が走ってしまいます。ゲームもほどほどに、という教訓ですね。

 というわけで、ストーリーはまだ1/3ぐらい?だと思いますが、これ以上悪化させないためにカルドセプトDSは暫くお休みして、その代わりにマジックアカデミーDSをプレイしたいと思います。

2010年6月27日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

WiiMusic 早くも値下げ?

 WiiMusicはそこそこ売れているものの、期待ほどではなかったため、ネットでは早くも「卸値が下がっている」「商品がだぶついている」という話がちらほらと上がっています。価格.comでも、この1週間で日経平均に連動するように下がっていましたが、先週末の折り込みチラシでも複数の販売店で4000円割れがありました。
 しかし、それほどダブついているのか?という疑問があります。そもそもWiiMusic自体、WiiFitのようなロングセールの期待が出来る商品です。そういえば、一年前のスーパーマリオギャラクシーでも同じような感じで少し値崩れが起きました。しかし、年末商戦で見事に盛り返し、年末には逆に掛高になってしまいました。それよりも商品需要の長そうなWiiMusicで、問屋・小売ともに昨年と同じ轍を踏もうというのでしょうか。ユーザーとすれば安く買えるので、ありがたいのではありますけども。
 口コミ評価にもよるでしょうが、私は街へいこうよどうぶつの森前後が一つの底(最安値)になるのではないかと見込んでいます。短期的にはゲーム性を見いだせない商品だけに、予想は難しいですが、安く買うための参考意見の一つとしていただければ幸いです。

2010年6月27日|

カテゴリー:Wiiソフト

DS文学全集 レビュー

 任天堂から10月18日に発売されたDS文学全集のレビューをします。
 このソフトは2800円と非常にリーズナブルな価格設定となっていますが、100冊の作品が収録されていて、読書家にはたまらないでしょう。収録作品に多少偏りが感じられますが、著作権切れ(著作物の著作権の保護期間は著作者の死後50年)の関係上、致し方がない部分もあります。そうでなければ2800円という価格設定は不可能になってしまいますから。
 操作性はニンテンドーDS初心者にも違和感がないように配慮されています。ページめくりの場合は、タッチペンを左から右にスライドすることにより次のページにめくり、逆に右から左へスライドすることにより前のページにめくります。また、しおりを複数挟めたり、文字の大きさを変えたりすることも出来ます。他にも様々なBGMを設定出来ることにより読書に最適な空間を演出したりすることも出来ます。
 更に、あらすじ機能により、読書に時間を費やせない人でも、本文の数十分の一程度に納められたあらすじで、ある程度の内容が理解出来ますし、より深く理解したい場合は、該当の箇所の本文に移動することも出来ます。(その逆に本文からあらすじに移動することも出来ます)
 そしてこのソフトの最大のウリは、このソフトに予め収録されている100作品だけでなく、WiFiコネクションで新たな作品をダウンロードして読むことが出来ることです。本日現在で20作品以上が予定されていますが、この試みがどれほどの期間実施されるか期待したいところです。また、このダウンロード出来る作品の中には(著作権切れではない)最近の作品がラインナップに加わっているのも特徴です。

 文学作品が好きな方はもとより、文学作品を知識として持ち合わせたい方や、文庫本を何冊も持ち歩きたくない方などにもお奨め出来るソフトです。

2010年6月26日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

DSテレビ ワンセグ受信アダプタ 発売決定!

 任天堂が中間決算を午後2時前に発表しました。第一四半期同様上方修正されましたが、投資からすれば思っていたほど上方修正されなかったみたいで、瞬時に株価は大きく下落してしまいました。その後発表前の状態まで回復したものの、東証の立ち会い終了時刻後に再び大きく下落しました。(因みに“大きく下落”がどの程度かと申しますと、時価総額ベースで4000億円超に達します)
 しかし、この下落が単に昨日のストップ高の反動なのでしたら問題ありませんが、もし想像以下の上方修正による失望売りだとすれば、残念ながら売りに走った投資家は失格だと言わざるを得ません。元々、第二四半期はミリオンを出せるほどのヒット作は少なく、本体普及も一段落付いていることは分かり切っていますし、下半期の事前の上方修正は殆ど行わないのは前期の経緯を見ても想像に難くないはずです。
 通期の配当は1250円超と私は予想していますが、このあたりだと配当利回り等を考慮すると株価は7万~8万台で暫くは調整段階にはいると思われます。

 さて、いよいよ本題のDSワンセグチューナーが発売決定されました。任天堂カンファレンス2007秋では今年発売としかアナウンスされませんでしたが、ここにきて漸く発表されました。
 発売日は11月20日と、この発表時期にしては意外と早く発売されます。価格の方は6800円と想定の範囲内で納まっています。しかし、チューナーの小型化には成功しなかったようです。PSPでは小型化されているので、このあたりで比較対象にされてしまうでしょう。
 但し、DSチューナーならではの要素を含んでいます。今までは上画面でテレビを、下画面でチャンネルを表示する写真が発表されていましたが、その下画面をメモ帳代わりに使用したり、字幕を記録したり、電波チェッカーを表示したりと、色々な機能を備えています。
 他にも、ゲームボーイアドバンスのゲームを起動出来たりする機能があれば面白いと思うのですが、いかがでしょうか。

2010年6月25日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

タシテン レビュー

 任天堂から10月10日に発売された“タシテン たして10にする物語”をレビューしたいと思います。
 このゲームは任天堂もあまり力を入れてないことから、(可も不可もない程度という意味で)あまり期待していなかったのですが、これが思ったよりも良く出来ていてビックリしました。
 タシテンというタイトルから足し算で10を算出するのですが、その方法は様々で、数字を組み合わせたり、複数の値を足したり、不要な値を消去したりと、手を代え品を代え計算を行います。それ以外にも足し引きの組合せ、補数の算出、10マスの枠を埋める、鶴亀算等々、30種類にのぼる“タシテン”のタイトルの枠を超えたような仕組みも用意されています。ただ、突き詰めて考えれば逆算すれば“足して10になる”というコンセプトは周到しています。そういう意味でもなかなか面白い試みです。

 ところで、このソフトは全年齢対象となっていますが、真の対象年齢は小学生低学年じゃないかと思っています。大人でも脳トレのように楽しめますが、小学生低学年なら算数が楽しく学習出来るだけのポテンシャルがあります。この年代のお子様をお持ちの親御さんは試してみてはいかがでしょうか?

 因みに悪いところがないこともなく、本題の計算モードに入るまでに、何回も同じようなことをやらされますので、それが鬱陶しいと思う人もいるでしょう。また、精霊の“霊”や妖精の“妖”等、小学校で習わない漢字が少しばかり散見しているのも気に懸かります。
 このあたりは家族の会話を喚起するための布石?と、良い方に解釈しておきましょうか(笑)。

2010年6月24日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

Xbox360 バリューパック 今度はメジャータイトルで

 9月に大幅値下げしたばかりのXbox360で更なる実質値下げが断行されます。約一年前にもバリューパックが発売されましたが、その時はフォルツァモータースポーツ2あつまれ!ピニャータという(実際には十分及第点のソフトですが売上的には)なんだか在庫処分に選ばれそうなタイトルが同梱されました。
 今回はPS3グランツーリスモ5プロローグというベータ版もどきの焼き直しに対抗して、Xbox360ではエースコンバット6ビューティフル塊魂を同梱することになりました。ソフトとしては少し古いのですが、ちょうどプラチナコレクションとして発売されますし、初めてXbox360を購入されるユーザーには悪くないチョイスだと思います。
 Xbox360とPS3が切磋琢磨してくれているお陰でハード単体の性能だけを見ると、Wiiと比べてかなり割安になっていると思います。おまけにXbox360にはソフトが揃いつつありますしね。
 果たしてXbox360は少し目標は高いですが今年中に100万台を目指して欲しいです。それにはまず、CMを投下し、ハードを揃えることでしょう。過去肝心な時に発生させた度重なるチャンスロスを起こさないためにも。

2010年6月24日|

カテゴリー:Xbox360ソフト

Xbox360バリューパックで大幅値下げ

 日本では低空飛行を続けています、Xbox360ですが、発売から丸2年を迎えるにあたり、11月1日に本体の大幅値下げを行う発表をしました。ハードディスクが付随していないコアシステムの方は2000円の値下げに留まっていますが、今回注目している20GBのハードディスクが付いているバリューパックの方を紹介したいと思います。
 バリューパックは通常版に比べ5000円値下げの34800円に価格改定しただけでなく、ソフトが2本(ForzaMotorsport2あつまれ!ピニャータ)も付くというおまけ付きです。この2本のソフトにどれだけの価値があるのかは評価の分かれるところですが、マイクロソフトから発売している中ではなかなか面白い組合せだと思います。
 HDゲーム機として比較対象とされるプレイステーション3に付随しているケーブルはコンポジットのみですので、仮に大枚をはたいてハイビジョンテレビを購入してもD端子ケーブルを買うために更なる出費を強いてしまいます。一方のXbox360はD端子ケーブルとコンポジットケーブルが同梱されていますので、殆どのテレビで対応可能です。まぁ、逆に言えばケーブルを選べるようにしてその分更に値下げを、という意見も出てきそうですが。
 バリューパックが発売される同日、新たにプラチナコレクションに9タイトルもラインナップに加わります。プラチナコレクションは基本的に定価2940円となっているため、財布にも優しくなっています。

 さて、11月1日といえば、スーパーマリオギャラクシーの発売日にぶつけているとしか思えませんが、伏兵だったXbox360が年末商戦の台風の目となるのか、それとも唯一値下げに関しては沈黙を守っているWiiが独走するのか、ハード戦争はまだまだ熾烈を極めそうです。

2010年6月23日|

カテゴリー:Xbox360ソフト

社長が訊くニンテンドーDSi

 任天堂から11月1日に発売される新型ニンテンドーDS、「ニンテンドーDSi」について、社長が訊くのコーナーに取り上げられました。現在ホームページに公開されています。
 ニンテンドーDSiは一昨年末に既に開発がスタートされていましたが、量産体制目前で見直しが迫られてしまったため、投入が遅れてしまったとのことです。
 DSiで新たに採用されたカメラ機能やリセット機能、宮本茂氏が強く押し進めたDSカードスロットや、スピーカーなどの音周りの改良などの開発秘話を読むことが出来ます。そしてソフトの入れ替えが面倒くさい・新たな連動を目指すためと思われる、「ダブルスロット構想」も社長自ら暴露されています。
 DSiはDSiでしかできないことの土台部分を見せていることに過ぎません。その機能を生かすも殺すも今後登場するソフト次第でしょう。既にDSを持っていますので、私は早急に買い換えはしませんが、そのDSiならではの部分が魅力的なら当然買い換える(買い足す)と思います。

2010年6月23日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

新型PSP 横シマ問題発覚

 先週発売されたばかりの新型PSP(PSP-3000)はコントラストを高めて残像を減らすことにより、色鮮やかで綺麗な動画が楽しめるハードになるはずでした。
 ところが、実際にはサブピクセル配列が変更されたことにより、横スクロールに於いてギザギザの残像が出るようになりました。パソコンでアナログ放送を見るときにギザギザの残像を見たことがあるなら想像がつくと思います。新型PSPはインターレース方式に逆戻り?と疑ってしまいました。(実際はどうなのでしょうか?)
 また、静止画に於いても横向きの縞模様が気になることもあるようで、ここでも高コントラストが災いしている感じです。更に、コントラストが高くなったことにより、濃い赤色が着色料で染め上げたようにケバい色合いになってしまっています。折角、画面が綺麗になっているのに、それらの不具合が台無しにしている感じがします。

 尚、SCEは画面に横縞が入るのは仕様だとのことですが、システムソフトウェアのアップデートでの対応も予定されていないことから、現状このバージョンでの改善は望めそうにありません。残念ながら□ボタン不良問題の教訓はあまり生かされていないようです。
 ですので、これから購入される方は色鮮やかな代わりに横シマ問題がつきまとう新型を選ぶか、少しコントラストが低めで残像が気になっても横シマ問題のない旧型を選ぶかと言うことになりそうです。が、旧型はもう市場にないため、これからは手に入れるのは難しいかもしれませんね。

2010年6月22日|

カテゴリー:プレステソフト

WiiFit人気沸騰の予感!?

 19日にWiiFitの予約が通販サイトのAmazonで開始されました。しかし、早くも売り切れになってしまいました。
 はじめは入荷予定数が少ないと思ったのですが、スーパーマリオギャラクシーの3倍のペースで予約が入っているとの情報もありますので、かなりのハイペースで予約が埋まってしまったものだと思われます。それとも単に、あの重いパッケージを店から持って帰るのは控えたいと考えているユーザーが少なくなかったのでしょうか。

 さて、この商品はWiiリモコンに劣らず、繊細なセンサー類(Wiiバランスボードの場合は体重そのものや重心位置検出等)が搭載されていることもあり、ヌンチャクと比べても量産できない体制と見る向きもあります。つまり、WiiFitがブレイクしてしまうと、年末年始は供給が追いつかない可能性が非常に高くなってしまいます。
 発売日に欲しい方はお早めの予約が必須なような気がします。恐らく仕入原価も高いため、割引もあまり期待できないでしょう。

 ところで、ファミリートレーナーもそうですが、体を動かすための周辺機器はWiiの専売特許ではありません。ダンスダンスレボリューション等はPSでも発売されていましたしね。
 ただ、「多人数で遊べる」「体を動かす」「誰にでも遊べる」等々、みんなを楽しませてくれそうだという期待感を抱かせてくれる任天堂の戦略が、サードパーティを巻き込んで見事にはまっている感じがします。
 最近本体の販売台数が右肩下がりなWiiですが、年末年始に向かってソフトが充実することから、DSのようにWii本体が年末年始に品薄になるかもしれませんね。

2010年6月22日|

カテゴリー:Wiiソフト

WiiMusic ファーストインプレッション

 予約ボーナスが貰えなかったというトラブルを経ましたが、早期購入ポイントはいつも通りちゃんと貰いました。ああそう言えば、WiiFitの時は予約ボーナスは貰いましたが、早期購入ポイントを入れ忘れてしまってました。(こんなことばっかり)

 正直に白状しますと、この手のゲーム(素材を提供されて自分で好きなように作っていくタイプのゲーム)は苦手です。ですので、どうぶつの森とかシムシティもほかの人には勧めても自ら進んでしようとは思わないのです。ただ、SFC版のシムシティは(人口を増やすという明確な目標が持てたためか)結構ハマりました。
 しかし、このゲームは何か新しい可能性を見せてくれるのではないかと思いプレイしてみたのですが‥‥う~ん、微妙です。これまた私の性格が災いしているのですが、仕組みを知らないとどうもしっくりこないのです。例えば、方程式だけを覚えろと言われても全く覚えることが出来ず、まずなぜこの方程式が成り立ったのかと言うことを突き詰めなければ気が済まないタイプなのです。我ながら面倒くさい性格ですね。で、WiiMusicの場合、ヴァイオリンの演奏の仕方を知らずにヌンチャクでマネが出来ません。
 ああ、やっぱり私の性格にはとことん合ってないなぁ?と思っていたのですが、気がつけばプレイ時間は2時間を経過していました。意外とのめり込んでしまってややビックリです。自覚がないだけで結構面白いのでは?と思うようになってきました。ただどこがどう面白いのか、と言うことを自覚すら出来ていないのですから説明することは無論出来ません。でも、個人的には本物の楽器を5分でも良いから一通り体験してからの方が楽しめるような気がします。尤もそういう機会に巡り会える人はそうそういないのですが。

2010年6月21日|

カテゴリー:Wiiソフト

「DSヨン様」(仮)の偽善事業

4様こと、ペ・ヨンジュンニンテンドーDSでハングルの先生になるソフトがキーイーストが発売されることが明らかになりました。タイトルは「DSヨン様」(仮)、価格は約5000円と予定されています。
 このソフトでは聞き取り、読み取りながら韓国語を学習でき、パッケージも小中高校レベルの3段階あり、自分のレベルにあった学習に取り組めるようになっています。

 ところで、キーイーストは「俳優の肖像権で売上収益の一定部分が業界最高水準でキーイーストに配分される予定」と表明していますが、少しわかりにくい文章ですね。もし、「ペ・ヨンジュンの肖像権収入の一部がキーイーストに配分される」と解釈するなら、単なる「節税対策のために会社の収入にする」と言うことを公言しているだけのような気がするのですが‥‥。
 因みに、キーイーストはペ・ヨンジュンが37.5%の筆頭株主となっています。いくら所得よりも低い税率の配当収入と言っても、分配(実質は所得移転)だけではペ様の取り分は減るように見えます。しかし、配当増になれば利回りが良くなり、それによる有価証券の資産価値向上・今後の売却益をも見越していると思われます。まぁ、個人的には四様は副業で稼ぐよりも本業でもう一花を咲かせるべきだと思います。

2010年6月20日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

WiiFitの期待

 前回もお伝えしました通り、WiiFitは12月1日に8800円に発売されます。ダイエットなどは日本だけではなく、アメリカでも関心のあることですので、ヒット商品になる可能性は大です。
 今まではフィットネス機器を買っても、すぐに飽きられて埃を被っているというパターンも多々ありますが、WiiFitの場合は、40種類ほどのパターンが用意されていて、飽きさせない工夫が施されています。仮に飽きたとしても、従来のフィットネス機器に比べればWiiFitの価格は安いので納得もいくでしょう。
 ただ、Wiiバランスボードは意外に大きく頑丈に出来ているため、結構嵩張ります。重さもパッケージ込みで4.5kgといわれていて、家路に就くまでに筋トレが実感できそうです。

 さて、折角普及しそうなバランスボードをWiiFit専用にしておくのはもったいないです。任天堂も「問い合わせが殺到しています」といわれている通り、対応ソフトが登場するでしょう。
 例えば、本日発表になったバンダイナムコゲームスから発売が予定されているファミリースキーでは、Wiiリモコンヌンチャクをストックに見立ててコースを滑るらしいのですが、ここでバランスボードを対応させるようにすると、体感ソフトとして更に面白味が増すでしょう。しかし、バンナムとすれば同社から発売される予定のファミリートレーナーの専用マットに対応させる、という手もありますが。
 他にもバスケットのフリースローやスノーボードなどで、バランスボードの方が操作がしっくりくる、若しくはWiiリモコンだけでは物足りない等、様々な利用方法が考えられます。Wiiリモコンクラシックコントローラーゲームキューブコントローラーと使えるコントローラーが多い上にバランスボードを補完するとなると作る方は大変になるでしょうが、この辺りは是非頑張って頂きたいと思います。

2010年6月19日|

カテゴリー:Wiiソフト

レイトン教授と悪魔の箱にロンドンの休日を同梱

 レベルファイブから11月29日に発売されるレイトン教授と悪魔の箱に、東京ゲームショウ2007で無料配布されていたLEVEL5 PREMIUM SILVERを同梱することを発表しました。
 LEVEL5 PREMIUM SILVERには、レイトン教授とロンドンの休日イナズマイレブンの体験版が収録されています。

 このソフトは東京ゲームショウでのみ貰えた非売品で、体験版としては非常に珍しいカートリッジタイプでの配布ということもあり、非常に人気が高く、ブースの運営を麻痺させたほどのユーザーが詰めかけました。現在でも一緒に貰えたストラップと併せてネットオークションで3000円強で取引されています。
 ロンドンの休日レイトン教授と不思議な町と悪魔の箱の間を補完する話で、悪魔の箱に繋がるプロローグ的な話と共に謎(問題)が12個入っています。問題はやや簡単なものの、レイトンテイストが味わえる体験版らしい仕上がりになっています。
 そのソフトが、悪魔の箱購入という条件があるものの、体験版が遊べるという救済策は関東圏以外に在住するユーザーには嬉しいお知らせでしょう。

 ただ、このソフトを別のDSカードの同梱となりますと、ディスクメディアの特典と違い結構な費用が発生してしまいます。本当にDSカードを同梱するのか、それとも悪魔の箱のDSカードの中に体験版の項目を設けるのか、気になるところです。

2010年6月18日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

任天堂公式修理サポートの終了

 任天堂ファミコンニンテンドウ64までの据え置き機及びゲームボーイゲームボーイライトまでの携帯ゲーム機の公式修理サポートの終了を発表しました。
 任天堂は「どの機種も発売から10年以上経過しており、修理に必要な半導体などの部品を確保することが困難となってきた。これまでは部品をある程度確保して修理サポートを続けてきたが、今後続けられないと判断した」(記事より引用)としています。

 しかし、ファミコンなどは今でも現役で動いている例は少なくありません。私のところではゲームボーイは動きますが現役は引退しています(プレイする場合はゲームボーイアドバンスを使用)。ファミコン・スーパーファミコンに関しては共に起動回数は減っているものの、未だ現役です。
 それに対して「長く使って頂いているのに申し訳ない。修理サポートを終了するゲーム機のソフトの一部は、Wiiでダウンロードして遊べるようになっているので、そちらで楽しんでほしい」(記事より引用)とのことですが、全てがサポートされている(ダウンロードできる)わけではありません。更に、自分が保有しているソフトを有償でダウンロードとなれば、抵抗を感じないわけにはいかないでしょう。
 しかしながら、仮に郵送して貰ったソフトに関しては、無料でダウンロードできるようにしたりすると、手続が煩雑になり安価にダウンロード出来るメリットを脅かしかねません。また、中古市場から安価なソフト(箱・説の無いもの/カセットに落書きのあるモノなど)を買い漁る不届き者が現れないとも限りません。
 
 異例の長期サポートを展開していた任天堂ですが、このあたりはユーザーも割り切りざるを得ないのかも知れませんね。

2010年6月17日|

カテゴリー:Wiiソフト

Wii専用レンズクリーナーセット 発売

 Wiiのソフトとしては初めての2層式ソフトの大乱闘スマッシュブラザーズXが発売されたときに、一部の本体で読みとり不良の不具合が発生したことは記憶に新しいことだと思います。その原因の大半は埃やたばこのヤニ等の使用環境によるものだと判明しておりますが、その一方で他の光ディスク読みとり機器にはそのような不具合があまり見られていないことから、Wiiの2層式ディスクは繊細すぎるという指摘もあります。
 今までは個人でレンズクリーニングする手段がないことから、任天堂に本体を送りクリーニングして貰うという方法で問題を解決していました。しかし、往復の送料は任天堂が持ってくれるとは言え、発送に手間がかかる上にゲームが出来ない期間が発生するなど、ユーザーに負担を強いてました。
 それを解消するアイテムとして任天堂はWii専用レンズクリーナーセットを発売することにしました。これで手間をかけることなくレンズクリーニングが出来るようになりますので、今後は増えるであろう2層式ディスクのゲームも安心して遊ぶことが出来ます。また、憶測ではありますが、他のスロットイン方式の装置でも使えると思いますので、試してみては如何でしょうか?因みに発売価格は800円となっています。

Wii専用レンズクリーナーセット

2010年6月17日|

カテゴリー:Wiiソフト

クラブニンテンドーの対応

 先日のクラブニンテンドーに物申すの回で、問い合わせていた返事が本日返って参りました。3営業日で返ってきたので、返事としては迅速ではないものの、決して遅くもないと思います。さて、その回答内容ですが、以下のようになっています。

------------------------------------------------------------
ご意見いただきましてありがとうございます。
検討しました結果、下記のように表記改善を行いましたので
お知らせいたします。
 
「予約登録期間は、予約対象商品の発売1週間前までです。」
             ↓
「予約登録期間は、予約対象商品の発売日の8日前までです。」
 
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
------------------------------------------------------------

 はっきり言ってこの対応の早さは驚きです。いくら風通しが良いとは言え、稟議を通したりと必要な手続きを取らなければいけない筈で、こうもスムーズに事が運ぶとは思いもよりませんでした。早速ログインして調べてみましたがすっかり変更済みとなっています。
 しかし、そうなると別の疑問が残ります。それはギリギリで登録しようとした人は今までいなかったのか?と言うことです。しかし、今まで全くいなかったとは考えにくいので、恐らく「1週間前まで」ということを深く考えずに「予約登録期間を1日過ぎてしまっている」という理由で諦めていたのではないかと思います。いや、中には齟齬に気付いていた人もいたでしょうが、わざわざ声を上げなかっただけなのかも知れません。
 兎にも角にも、これでスッキリしました。

2010年6月16日|

カテゴリー:ゲーム全般のソフト

ミリティア レビュー

 バーチャルコンソールにひっそりとラインナップに加わって早3か月経過しておりますが、予想通り一向にダウンロード回数の向上が見受けられないゲームがあります。それは1994年にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたミリティアというシミュレーションゲームです。最悪、バーチャルコンソールのラインナップから外されるかも知れないという懸念があるくらい知れれていないゲームなのですが、いったいどのようなゲームなのでしょう。

 1つのマップに自陣と敵陣の二つの島があり、それぞれの司令基地をミサイルなどで探し当てて破壊すると勝利です。逆に司令基地を壊されると負けになります。相手陣値の状態はわかりませんので、ミサイルやユニットを送り込みながら、上手に索敵していく方法が有効です。
 司令基地以外は初めから配置されておりません。リアルタイムに時間が進む中でミサイルやバトラー(戦闘ロボット)、ガンポッド(迎撃基地)、補給基地等、様々な基地をマップに配置していき、攻撃力や防衛力を強化していきます。

 今までにないゲーム性が少しはおわかり頂けたかと思います。残念ながらメーカーはあまり力を入れていなかったため、埋もれた良作になってしまいました。バーチャルコンソールで折角日の目を見るチャンスだったのにもかかわらず、同じ轍を踏んでいるようで残念です。マップ数は20個とそれほど多くありませんが、800Wiiポイントですので定番ソフトだけでは物足りない方はプレイしてみてはいかがでしょうか。

ミリティア公式ページ
http://www.nintendo.co.jp/wii/vc/vc_mt/

2010年6月16日|

カテゴリー:Wiiソフト

不況に強い家庭用ゲーム

 米国の投資銀行であるWedbush Morgan証券のアナリストMichael Pachter氏は「ビデオゲームのソフト販売は不況への耐性が非常に高い」との分析結果を発表しています。一回買ってしまえば数十時間(場合によりそれ以上)楽しめるわけですから、他の娯楽品やアミューズメント施設と比べると遙かにコストパフォーマンスに優れていることは想像に難くありません。因みに我が家でもっともコストパフォーマンスが高いのは麻雀なのですが、人が揃わなければ出来ないのは難点です。尚、「テレビゲームじゃないじゃん!」というツッコミは無しの方向で。

 今でこそ平気に積みゲーと化しているソフトもありますが、学生の頃は少ない小遣いで遣り繰りするため、雑誌や友達の口コミなどで購入ソフトを厳選していました。当然、多少面白くないソフトも存在しますが、せっかく大枚叩いたソフトをそう易々と諦められるわけはなく何とか頑張ってプレイしたものです。ドラゴンボール神龍の謎ヤムチャが倒せずに3面で挫折してしまいましたが、それとジョイメカファイト以外のファミコンソフトはほぼクリアまでたどり着いています。コストパフォーマンスを高める為にも多少の努力が必要?です。
 尚、個人的にコストパフォーマンスの高い(時間を費やす)ジャンルはシミュレーションやスポーツ(レースを含む)です。逆にコストパフォーマンスの低いジャンルはアドベンチャーやシューティングです。ただ、近年のアドベンチャーはマルチエンディングが多くなってきているので、その場合はその限りではありません。

 因みに、ここでのコストパフォーマンスはあくまでも時間をかけて楽しめるのかどうかという観点だけですので、例えばアナザーコードのように10時間程度でクリアできるようなソフトでも中身が濃ければ、満足度という意味では十分に元が取れているゲームもありますよ。
 ですが、やはりせっかく買ったのなら長い間楽しみたいというのがユーザー心理だと思いますので、長い時間楽しめるソフトを選定したいところです。

2010年6月16日|

カテゴリー:ゲーム全般のソフト

428 体験版モニター募集

 チュンソフト開発・セガから発売予定の428~封鎖された渋谷で~東京ゲームショウでも評価が高いソフトで期待が高まっています。しかし、体験できなかった人や、そもそも東京ゲームショウにいけなかった人もいるでしょう。そこでセガでは体験版モニターを100名を募集することにしました。

 モニターの条件は、
・既にWiiを所持している、若しくは近日中にWii本体を購入予定の方。
・ブログをお持ちの方で、体験版のレビューをブログで書いていただける方。
・428の応援バナーをブログに貼っていただける方。
となっています。
 条件設定は若干厳しめですが、体験版をプレイされたい方は公式サイトから応募してみては如何でしょうか?(私も早速応募しました)

 一応先行して応援バナーを貼ってみました。

     

 因みに私はチュンソフト開発ソフトは結構プレイしていて、自社ブランドのトルネコの大冒険かまいたちの夜だけでなく、ドラゴンクエストシリーズも当然プレイしています。と言うことでどれくらいプレイしていたのかちょっと調べてみました。すると、テトリス2+ボンブリスもそうだと分かりましたので、なんと、1986年~1995年の10年間に発売したチュンソフト開発ソフトは全てクリアしていることが分かりました。(1985年発売のポートピア連続殺人事件および、1996年発売発売の風来のシレンGBはプレイしていません)
 と言うことで、チュンソフトさん、セガさん、宜しくお願いします。

2010年6月15日|

カテゴリー:Wiiソフト

DS西村京太郎サスペンス 新探偵シリーズ「京都・熱海・絶海の孤島 殺意の罠」 レビュー

10月11日に発売したばかりですが、早速レビューしたいと思います。

 このゲームは正統派アドベンチャーにニンテンドーDSならではのエッセンスを加えています。カットパネルシステムの漫画のようなコマ割で重要な場所が拡大表示されるため、ゲームも進め易いです。
 推理方法は様々で、普通の選択肢、文面から探し出す、時刻表、怪しい部分を丸で囲む等々があります。
 また、テレビを意識したようなアイキャッチ、そのあとの京太郎くんのショートコント?による小休止等による緩急のつけたも面白いです。
 本編のゲームの難易度は低いので、普通にプレイしていれば誰にでも最後まで楽しめるでしょう。勿論、ストーリーそのものは読み応えがあります。

 ただ、肝心の推理の場面で、プレイヤーが捜査結果を知らされてない、確定していない証拠を提示する場面がある等、やや強引な部分も見受けられます。
 また、ストーリーが一本道で難易度も低いことから、達成感が得られないプレイヤーもいることでしょう。

 その代わり、短編推理モード「West Village」はそこそこ歯応えがあり、問題数も50問用意されていますので、コストパフォーマンスの悪いアドベンチャーゲームの中ではコストパフォーマンスはそれほど悪くないのではないでしょうか。
 どちらかといえば、短編推理ゲーム集がメインで、長編ストーリーの方が、豪華なおまけという感じがしないこともない、といった感がありますが、WEBでも短編推理モードの体験版ができますので、購入をお考えの方は一度お試しされてはいかがでしょうか。

2010年6月15日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

クラブニンテンドーに物申す!

 クラブニンテンドーの予約ボーナス期限ギリギリの10月9日になって登録をし忘れていたことを思い出し、WiiMusicの予約ボーナスを急いで登録しておこうと、クラブニンテンドーにログインしてその操作を行いました。ところが、登録しようにもそのボタンが見当たらないのです。ふと左の方を見てみると赤い文字で「予約登録期間は終了しました。」の文字が‥‥。確か発売日は16日のはず、それなのになぜ?としばらく途方に暮れてしまいました。高々15ポイントですので、構わないといえば構わないのですが、それでももらえる物は貰っておこうという性分ですので、こういうときは落ち込んでしまいます。はて、これはクラブニンテンドーのシステムの問題なのか、と思って調べてみました。
 すると、1つのことがわかりました。16日発売の場合、その前の1週間は9日~15日になります。つまり、その1週間が予約の出来ない期間と算出されていて、予約ボーナスの最終日はその前日の8日と設定されているのでは、と推察されます。実際、他のソフトの予約登録最終日は発売日の8日前となっています。
 しかし、そうなると、予約登録期間の「発売4週間前から発売1週間前」というのは齟齬が生じています。この場合は「1週間より前」とか、もっと分かり易く「8日前」とすべきでしょう。これは任天堂に問い合わせてみなければいけません。と言うことで、早速問い合わせてみました。(以上、先週の話です)


 その結果‥‥まだ返事が返ってきておりません。まぁ、「受け付けいたしましたお問い合わせの内容によりましては、ご回答にお時間をいただく場合や、ご回答できないことがあります」と断りの文面がありますので、最悪放置される可能性もありますが、返事が返ってきた際には公開させていただきます。


追記
 水曜日に返事が返ってきましたので、こちらで報告させていただいています。

2010年6月14日|

カテゴリー:ゲーム全般のソフト

愚痴

 ハドソンスタイルでは既に販売終了となっているシュウォッチは一般販売を12月18日となっています。しかし、東京ゲームショウではシュウォッチが限定販売されていました。
 確かにせっかく来場した人に対するプレミアは必要でしょうが、一部のユーザーだけが利益を受けるというやり方は心情的に納得がいかないところです。そう言えば、にもにたようなことを書きました。ただ、それを言い出すと、「ゲームショウを地方でも開催しなければ不公平だ」というところにも言及したいところですが、流石に費用対効果を考えると難しいところがあるんでしょうね。
 因みに今年もGames Japan Festaは関西で開催されます。しかし、その費用対効果を考えた結果だと思いますが、メーカーは参加社数は東京ゲームショウよりもかなり少ないです。せめて大手の在阪のメーカーは出展すべきだと思いますが。(任天堂にチクリ)

 話を戻して、そのシュウォッチは早く手に入れるよりも、送料無料を選択したので、あまり文句を言っても仕方がないのですが、それよりも発売後にKonozamaを喰らわないかを密かに懸念してます。是非とも予約した人には行き渡るように、ハドソンさんには宜しくお願い申し上げます。

2010年6月13日|

カテゴリー:ゲーム全般のソフト

スーパーマリオギャラクシー 開発秘話

 2007年11月1日(木)に発売が予定されているスーパーマリオギャラクシーに先駆けて、読み応えのあるシリーズ、「社長が訊く」開発スタッフインタビューが掲載されています。全4回の第2回目まで公表されています。長年の念願だったシステムが漸く実ったことや、酔いに対する対策など、色々と興味深いことが書かれています。特に、端々に登場する宮本茂氏のエピソードは面白いです。今作に於けるちゃぶ台返しの顛末なども書かれています。
 操作方法はヌンチャクコントロールスティックWiiリモコンのAボタン、Wiiリモコンを振ることによるスピンだけと、非常にシンプルな操作方法となっています。ただ、どうせならWiiリモコンだけで操作できるようになっていてほしいところです。スピンは別ボタンに割り振りorその時だけ片手持ちにして、移動は十字ボタンで代用することは可能でしょう。
 酔いに関しては、プロデューサーの清水氏が神経質にモニターした結果、酔いにくいカメラワークを実装できたということですが、果たして私にも酔わないものなのか、出来れば試したいところです。その結果、本当に酔わないものに昇華出来ているのなら、3D酔いの為に敬遠していたユーザーには革命的なソフトになるでしょう。
 第3回目以降は京都本社のスタッフのインタビューが掲載されるそうですので、楽しみです。

2010年6月12日|

カテゴリー:Wiiソフト

モンスターハンター3(トライ)の波紋

 先日、任天堂カンファレンス2007秋の速報を書いた際に、モンスターハンター3(トライ)Wiiでの発売、PS3での発売中止をサラッと書きましたが、世間ではカンファレンスの最もインパクトのあるサプライズだったようです。
 一応、私もPS陣のキラータイトルだということは認識はしておりましたが、ここまで反響のある話題だとは思っていなかったため、改めて考察したいと思います。

 PS2で初お目見えしたあと人気が徐々に高まり、PSPでは最高潮に達しました。PSPの販売累計でもモンスターハンターポータブル2ndモンスターハンターポータブルは1位・2位を独占しており、PS3に於いてもファイナルファンタジー13メタルギアソリッド4と同じく、本体を売るための起爆剤の一角として期待されていました。
 しかし、MH3はWiiでの発売及びPS3での発売中止を決定しました。

 Wiiを持っている人、もしくはこれから買おうと思っている人には基本的には朗報なので問題ないでしょう。MH3を綺麗な映像で表現できるPS3で楽しめなくなる、という意見も聞きますが、WiiはPS2よりも処理能力は上ですので、あまり問題はないと思われます。そもそもフルハイビジョンテレビがどれほど一般層に普及しているのかも疑わしい所ですし。

 その一方、既にPS3を持っている人の落胆は想像に難くありません。特に、MH3のみのためにPS3を購入した、という方は目も当てられないでしょう。
 また、折角前日の値下げ&廉価版新モデルでシェア回復を期待した矢先の出来事により、サードパーティのPS3からの流出が今後も続く怖れもあります。また、MH3をプレイできないという事実もあります。
 PSPに関してはハードがそれなりに普及していますので、続編のモンスターハンターポータブル2ndGはそのまま発売されるはずです。
 バイオハザードシリーズの前例がありますので、カプコンが今後どのような取捨選択をしていくのか、注意深く見ていく必要がありそうです。

2010年6月11日|

カテゴリー:Wiiソフト

任天堂カンファレンス2007秋での新作発表等の速報

 本日10月10日に任天堂カンファレンス2007秋が幕張メッセにて開催されました。
 新作発表は、ニンテンドーDSではファイアーエムブレムを、Wiiではスーパーマリオスタジアムベースボール等が公開されました。更にカプコンからは、PS陣のキラーソフトとも言えるモンスターハンターシリーズ最新作、モンスターハンター3(トライ)も発表されました。それに伴って、PS3での発売予定は白紙撤回される模様です。(公式サイトからは消えています)
 発売が待たれていた大乱闘スマッシュブラザーズXは2008年1月24日(6800円)に延期されてしまいました。その変わりといっては何ですが、予想通りソニックが参戦されることが発表されました。また、WiiFitは12月1日に8800円で発売されます。

 Wiiウェアは2008年3月に開始される予定で、ナムコことばのパズルもじぴったんWiiスクウェアエニックス小さな王様と約束の国 ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル(以下FFCC)、ハドソンボンバーマンスターソルジャーR任天堂ポケモン牧場チャンネル等がラインナップとして発表されています。FFCCの価格は1500Wiiポイントとリーズナブルな設定になっています。
 さらに、みんなのニンテンドーチャンネルという新たなチャンネルが登場します。これは、DSステーションでダウンロードできた新作ソフトの体験版をWiiを介してダウンロードできるサービスや、全国ユーザーの情報を元にデータベース化し、そこから自分に合ったゲームや、人にのあるソフトを検索したり出来るサービスを提供します。

 駆け足でカンファレンスの内容をお伝えしましたが、特に気になった記事などは後日お伝えしたいと思います。
 尚、期待されていたDS用のワンセグチューナーのアナウンスはありませんでした。
 また、PS3の値下げ&廉価版の新モデルを受けての値下げの発表はあるのか!?と楽しみにしていましたが、それはありませんでした。まぁ、こちらは路線が違いますし、現在市場に潤沢にあるとはいえ、年末商戦では再び品薄になるのでは?と懸念されていますので、わざわざ体力勝負に挑む必要もないのでしょう。

2010年6月10日|

カテゴリー:Wiiソフト

プレイステーション3の新モデル、日本でも発売

 当ブログでも書いた通り、やはり日本でもプレイステーション3の新モデル発売が決定しました。しかし、発売日は11月11日と、思った以上に早く投入されます。如何に今年の年末商戦での生き残りに社運を賭けているかが伺えます。
 現行機種に於いても、市場から消えることなく、各5000円程の値下げを行いますので、選択肢が増えるのはありがたいことです。
 ただ、そうなってくると、新モデルの方を買った後、PS2のソフトが遊べないという苦情が出てくる可能性もあります。この辺りはしっかりとSCEに広報活動をして頂きたいと思います。

 売れるかどうかは別としまして、逆鞘状態が解消されていない内に値下げを行う運びとなりました。その費用の回収のメドはあるのでしょうか?確かに、PS3は“10年間現役機種”という目標を掲げていますので、タイレシオは高くなるでしょうが、それでも20を超えないと回収できないのではないかと思います。ですが、ただでさえ高いロイヤリティは上げるとサードパーティには逃げられる可能性がありますし、下げれば収益に直結してしまいます。
 今後暫くは、まだまだ厳しい舵取りが要求されますが、まずは、この年末商戦で成果が試されます。

2010年6月10日|

カテゴリー:プレステソフト

テトリスパーティがWiiウェアに登場

 ハドソンからWiiウェアで今月配信予定のテトリスパーティは、なんと!バランスWiiボードでも操作可能となっています。
 Wiiリモコンでの操作はゲームボーイ版からほぼ変わらない、従来の操作方法で楽しめますが、バランスWiiボードでは左右の体重移動でブロックの左右移動を、屈伸でブロックの右90度の回転という操作ができます。回転方向が一方向しかないのは不便ですが、ファミコン版を彷彿とさせて面白い試みですね。左90度に回すためには屈伸を3回もしなければならない、とネガティブに考えるのではなく、3回も屈伸することにより、体を鍛えることが出来ると考えるべきでしょう。バランスWiiボードを使うというのはそういうことですし。
 バランスWiiボードの操作が目を引きますが、通常操作のテトリスもモードが充実しています。例えば普通のモードではWi-Fiにも対応し、世界中のユーザーと対戦することも可能です。また、やさしいテトリスというモードではブロックの種類が減り、初心者にはややこしいとされるZ型や逆L型が出現しません。
 1200Wiiポイントとお手軽にダウンロードできますので、試しで購入されてみては如何でしょうか?

2010年6月10日|

カテゴリー:Wiiソフト

モンスターハンター3 初プレイ

 昨日から開幕した東京ゲームショウですが、ビジネスデーでもかなり盛況なようです。
 昨年はDSソフトの体験版配布という目玉でユーザーが詰めかけた上、装置トラブルで東京ゲームショウ至上未曾有の大滞留を起こしたレベルファイブは、今年は3倍のスペースを確保して万全を期す構えです。体験版配布ほどのインパクトはないものの、展開するタイトル数も増えているので、今年も注目されるブースの一つとなるでしょう。
 で、ビジネスデーは一般公開日と違い、プレス関係者やビジネス関係者しか、入場することが出来ません。そんな中でも初プレイアブルとなるモンスターハンター3は最長4時間待ちを記録しました。プレイされた方の評価はかなり好評で、この勢いのまま一般公開を迎えるとどれだけ待たされることになるのでしょうか?そのカプコンですが、他にもバイオハザード5逆転検事等も盛況で、抜群の集客力を誇っていました。
 東京ゲームショウに出かけられる方(特に初参戦の方)は臨戦態勢で臨みましょう。尚、モンスターハンター3に関しては、ここら辺で詳しくリポートされています。

2010年6月10日|

カテゴリー:Wiiソフト

PS3 実質値下げへ

 プレイステーション3は現在40GBのHDDが39800円で売られていますが、10月30日から新しいバージョンが投下されることになりました。新バージョンは80GBでグランツーリスモ5プロローグSoecⅢ』のソフトが付属の上、コントローラーが振動コントローラー(デュアルショック3)に変更になりました。価格は39800円と据え置きですが、実質値下げとなります。

 DSiの時は価格が値上がったことへの非難があり、その点を考慮して?の価格据え置きとなりましたが、ユーザーの声は意外と微妙となっています。ハードディスク容量の倍増はハードディスク自体の価格が下がっているので当たり前と思われていますし、ソフトの同梱も本編ならまだしも、グランツーリスモ5プロローグSoecⅢを付属しても今更感があり、価値の上乗せにはあまり寄与しません。また、振動コントローラーを望むユーザーもいる一方で、SIXAXISの方が軽くて使いやすいというユーザーも混在しており、これも評価を分ける原因となっています。
 付属ソフトがみんなのゴルフ5ならもう少し評価が上がったのでしょうが、そうなると買い換え需要でソフトがダブる可能性が高くなり、難しい判断だったのではないでしょうか?その点Xbox360バリューパック発売時にあつまれ!ピニャータフォルツァモータースポーツ2を同梱したことがありましたが、両方ともマイナーなタイトルだった上、意外にも埋もれた良作だったため、文句は少なかったと記憶しています。

 尚、リトルビッグプラネット同梱版(80GB)が同時発売されます。こちらは44980円と少し割高ですが、デュアルショック3が2つも同梱されます。SCEの思惑とは裏腹に、こちらの方が売れるのでは?と個人的には思うのですが‥‥。

 グランツーリスモ5プロローグSoecⅢはグランツーリスモ5プロローグ所有者は無料でバージョンアップできます。特に操作性の向上が嬉しい仕様変更、とは素直に喜べません。いくらプロローグとは言え操作性の悪いレースゲームを買わせていたな、と思うと。今更もう一回遊ぼうと思えるのか?の前にネット環境が整っていないユーザーは恩恵を受けれないのも問題です。

2010年6月 9日|

カテゴリー:プレステソフト

のだめカンタービレ レビュー

 グラフィックがアニメ版に遜色ない出来なので、非常に見易くできています。メインである演奏パートは音符が右側から流れてきますので、右利きの人は少しプレイし難いですが、楽譜は左から右に読むものなので、右から流れてくるのは物理的に仕方がない所です。少なくとも左に受け流せないので、右利きの人は演奏中だけ脳トレ東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング)のように縦持ちに持ち替えるのも手、かも知れませんね。
 アドベンチャーパートは殆どストーリーらしいストーリーはなく、演奏パートやミニゲームに進むための動機付け程度にしかないため、あまり必要性を感じない方もいらっしゃるでしょう。しかし、演奏パートで使用されているのはクラシックですので、キャラクター無しの直球勝負では残念ながらユーザーの目を惹くことは出来ないでしょう。そういう意味ではクラシックを題材としたキャラを使うのは常套ですし、クラシック演奏を意味無くやらされるよりも、動機付けの意味でもストーリー展開があればそれなりに楽しめます。
 ただ、初心者にも楽しめるように作られているため、残念ながら上級者には頗る評判が悪かったようです。一応指揮者によって難易度は異なるのですが、押忍!闘え!応援団に比べるとそのレンジ(幅)はあまり広くありませんので、やりこむまでもなかったようです。

 12月27日にWii版が発売される、のだめカンタービレ ドリーム☆オーケストラは8つの楽器の中から演奏できるということなので、曲にもよりますが、かなり難易度に差が出てくる可能性もあります。Wii版に関しては今後も機会があれば追加紹介したいと思います。

2010年6月 9日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 レビュー

 発売日より少し経過してしまいましたが、3連休ということもあり、新たなニュースもないことからゼルダの伝説 夢幻の砂時計のレビューを紹介します。
 販売本数はかなり落ち着いているものの、まだ購入を迷っている方に少しでもお役に立てればと思っています。

 このゲームの一番の特徴は、何と言っても、基本的に十字キーは使用しないところでしょう。その為に主人公のリンクの移動等に煩わしさがあるのでは、という先入観をお持ちの方もいることでしょう。しかし、実際にプレイしてみるとそんな不安はすぐに解消されます。それどころか、タッチペンならではの操作や謎解きに唸らされることは間違いないでしょう。
 ゲームの難易度としては64版のムジュラの仮面Wiiトワイライトプリンセスに比べると、かなり易しくなっていますので、さじを投げた方でもチャレンジできるでしょう。但し、いくつかの場面で複数のアイテム(例えばスコップと爆弾等)を同時期に使用しないと解けない謎がありますし、一部のボスの攻略はややチャレンジングなアクションも要求されるので、決して簡単過ぎるというわけではなく、謎が解けた際の達成感も十二分に味わえる作りになっています。
 いざとなれば攻略サイトでヒントや答えも得られますので、詰まってもどうにかなります。因みにアクションの難易度はタッチペンに慣れさせるという意味もあり、シリーズ中最も易しくなっています。

2010年6月 8日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

Xbox360月間2位へ躍進

 Wiiが発売されてから先月まで、PS2と併せてXbox360の月間販売台数は4位を常にキープしていましたが、先月の値下げを機に一気に2位まで躍進しました。値下げから既に3週間経っていますが、未だに商品は品薄状態で、もしもっと潤沢に商品が市場にあればあと2~3万台は上積みされている可能性もあります。その買えなかった方が今月に入って買ってくれればいいのですが、そうではなく他のハードに流れたとしたら、多大な機会損失を出したことになります。非常に勿体ないです。

 その一方でPS3はPS2にも抜かされて初の最下位となっています。Xbox360に抜かされるのは現行機の競争ですので納得も出来ますが、前世代機のPS2にこの時期になって抜かされるというのは如何なものなのでしょうか?本体がこの時期でPS2の方が売れるということは、ソフトに至ってはもっとPS3よりもPS2の方が望まれているということになります。但し、PS3の場合、市場に在庫がないことも原因のようです。一説には新型が出るという話も‥‥?

 因みに、PSPは新型(PSP-3000)に完全移行するため、現行機(PSP-2000)は再入荷しない販売店が多いです。そのため、売り切れor在庫一掃の値引きが混在しています。また、DSLiteDSiとの棲み分けが読めないため、発注を絞り気味です。ですので、店頭にまともに在庫があるのはPS2とWiiくらいです。Wiiの場合、多少在庫を積んでいても最低でもあと半年は新型が出ることはありませんし、年末商戦で十分売れますので問題ないでしょう。
 そう言えば、もしPS3も新型投入となれば、この2か月の間に4機種がマイナーチェンジされるという珍しい事態ですね。

2010年6月 7日|

カテゴリー:Xbox360ソフト

ニンテンドーDSのDSiの提案

 今回はどこにも既出していないニンテンドーDSDSiを同等の装置にするための周辺機器について考察したいと思います。因みにこの話は妄想ですので、あらかじめご了承を。

 昨年大人のDS顔トレーニングというソフトが発売されましたが、そこにはフェイスニングスキャンという顔認識カメラが同梱されています。このソフトの詳細は省くとして、今回はこの顔認識カメラに注目してみました。
 この付属しているカメラを改良(と言うよりも、根本的に作り替えを)して内蔵メモリーとSDカードスロット等を加えたものが出来上がると、既存のDSでもDSiの機能を使えるようになります。その場合、音楽を聴いたり写真を撮ったりというDSi機能を使うときはゲームボーイアドバンス側の起動で良いのではないでしょうか。当然カメラやDSiウェアでダウンロードしたツールなどを利用するDSソフトは、DSiにもこの周辺機器にも対応するようにします。
 そうそう、カメラはカートリッジの裏表2カ所に標準装備します。携帯電話のように回転させるようにすると、壊されちゃう可能性もあるので。30万画素のカメラレンズなら200円もしないので、回転させる機能をつけなければそれだけ差額が縮まりますし、壊れ難さを考えるならレンズは2カ所にする方が良いと思います。DSiも2カ所にありますしね。

 本体の基本性能が特に上がっている訳ではないので、こういった周辺機器で対応する可能性は十分にあります。任天堂としてもニンテンドーDSiウェアを軌道に乗せる意味でもこういった周辺機器を発売する可能性は十分あります。と言うよりも、既存ユーザーに買い換えを強いらないためにも、そうしなければいけないでしょう。
 盛りだくさんの機能を搭載していますが、なんとか5000円以内に抑えれば、今後の展開如何では爆発的に(プレイステーションのデュアルショック並みに)普及していくのではないかと思います。

 というわけで、任天堂にはこの妄想を商品化することを提案します。って言うか、案外発表間近なのかも知れませんが。
 因みにSDカードをそのまま使うとGBAスロット側はかなりはみ出てしまうことになりますが、元々カメラ自体がはみ出ているので、ユーザーがどこまで妥協できるか、ということになりそうですね。

2010年6月 6日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

プレイステーション3の新モデル、欧州で発売

 ソニー・コンピュータエンタテイメント・ヨーロッパSCEE)は、40GB版のPS3を399ユーロの廉価価格で欧州市場に投入することを発表しました。しかも発売日は10月10日です。
 今まで60GB版を599ユーロで販売していたので、かなりお求めやすい価格となっております。が、PS2との互換性は完全に断たれたバージョンとなっております。他にもUSBポートが半減したりしておりますが、PS3のウリでありますブルーレイ・HDDの標準装備・CELLは削られていませんので、今まで発売されたプレイステーション3専用ソフトが動かないということはないかと思われます。
 日本での販売は判りませんが、もしこのバージョンが投入されるとなりましたら、未だに市場に多く投入されていますPS2用のソフトの勢いに水を差しかねないでしょう。
 ただ、プレイステーション2の本体が壊れた際の買い換えはプレイステーション2に任せて、プレイステーション3は互換性をウリにするのではなく、強力な続編のラインナップで牽引していくという意思表示のためにも日本で発売されれば、「高くて買えないPS3」と二の足を踏んでいたユーザーを引き込むことに成功する可能性もあります。
 SCEはどちらの戦略を執ってくるのでしょうか?

2010年6月 6日|

カテゴリー:プレステソフト

ブルードラゴン、ニンテンドーDSに登場

 ファミ通.comによりますと、AQインタラクティブBLUE DRAGON DS(仮称)を発表しました。発売元はXbox360版マイクロソフト‥‥では当然なく、AQインタラクティブです。世界観はXbox360版を踏襲するものの、新作として発売されます。

 一応新作ということなので、マイクロソフトとの契約不履行はないと思われますが、Xboxファンからすればあまり好ましくない発表かも知れませんね。
 ただ、Xbox360版の開発元であるミストウォーカーからすれば、Xbox360版のブルードラゴンの売上が芳しくなかったことから、開発費を何らかの形で回収したいという思惑が働くのは、企業として至極当然な行動です。特にニンテンドーDSなら開発費も他機種に比べて抑制できますし、売上も期待できます。それに鳥山明氏の絵ならDSでも十分表現可能でしょう。
 最近奮起して数をこなしている坂口博信氏の頑張りが、数字として結果が出てくるのかが楽しみです。

2010年6月 5日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

アルカイック シールド ヒート の意義

 本日任天堂からニンテンドーDSアルカイックシールドヒートが発売されました。任天堂から発売されるRPGは非常に少なく、私が認識するものではスーパーマリオRPG銀河の三人くらいしか思い付きません。(ゼルダの伝説のジャンルはシリーズを通してアクションアドベンチャーとなっています)
 開発元はミストウォーカーなので自前ではありませんが、任天堂ブランドで発売されたことに非常に大きい危機感を感じています。と言いますのは、「任天堂ハードでは任天堂のソフト以外は売れない」と言われて久しいのですが、それは単にサードパーティに開発力&販売力が欠如していた結果に過ぎません。ニンテンドーDSは1800万台を売り上げた怪物ハードですが、任天堂+ポケモンだけで過半数に迫るソフトを売り上げています。それでもジャンルによって不得手があり、RPGに至っては1作品しか発売しておらず、サードパーティにも付け入るチャンスがありました。しかし、世界樹の迷宮のような良作はありましたが、結局成功したのはファイナルファンタジー3ぐらいしかありませんでした。
 アルカイックシールドヒートが成功した場合、ニンテンドーDSにおいて任天堂の死角が1つ減ると同時に、サードパーティはますます窮地に追いやられるのではないかと危惧してしまいます。

2010年6月 4日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

任天堂カンファレンス2008秋

 カンファレンスでは様々はソフトの発表もありました。取り敢えず軽くピックアップしていきます。
 クロノトリガーは予定を一週間早めて11月20日に発売されます。
 来年発売のトモダチコレクション(仮称)は、インパクトのある場面が紹介されています。グッドジョブ!(インパクトは重要という意味で)
 立体ピクロス(仮称)‥‥ルービックキューブなどの立体系パズルは苦手なのですが、空間認識力は高いという奇妙な私ですが、このゲームは果たして肌に合うのでしょうか?長く遊べるためにもエディットモードがあると嬉しいですね。(ピクロスDSにはありました)
 サンバDEアミーゴは踊ったり、マラカスを振ったりと派手に楽しめそうですね。
 レッツタップWiiリモコンを持たずにプレイするという異質なソフトです。Wiiリモコンを机などに置いて、その振動を利用して操作します。しかも、その強弱によって歩く・走る・ジャンプが使い分けられます。
 アイドルマスターSPがすっかり話題になっていましたが、それよりも早く発売されるハッピーダンスコレクションはどんな感じで踊ることが出来るのでしょうか。
 アナザーコードはまさかのWiiでの発売です。Wiiに移ることによりDSとは趣の異なる謎解きを提供してくれそうですね。
 ニンテンドウ64で好評を博した罪と罰がWiiに帰ってきました。期待しない方が無理ってものです。
 みんなが主役のNHK紅白クイズ合戦(仮称)はいよいよ天下のNHKとのタイアップ商品です。NHKの過去の長寿クイズ番組が収録されていると言うことですので、年配者への訴求が期待できます。
 詳細はこちらでご覧いただけます。DSソフトは合計30タイトルWiiソフトは合計40タイトルが一気に流れますので、それだけでも見物でしょう。

2010年6月 3日|

カテゴリー:ゲーム全般のソフト

ニンテンドーDSi 続報

 昨日のニンテンドーDSiの記事は少し非難的でしたので、少しばかりライトユーザー視点で書かしていただきます。

 カメラの30万画素は少ない感じはしましたが、DSで使う分には問題ありませんし、Wiiとの連動を考えてもSD画質なので30万画素のなら粗も目立つこともありません。プリントを考えるなら既に普及している携帯電話やデジカメがあるわけですので、あくまでもゲームに連動するためのカメラ機能と割り切れば十分事足ります。
 説明下手の私が言わんとしていることをズバリと的を射ている記事がありましたので、以下にご紹介したいと思います。

カメラの画素が30万画素でショボイという論調もあるけどアホかと。
任天堂が提案しようとしているのはカメラで撮った画像をゲームで使うというスタイルなわけなので、その提案を実現するのに30万画素で十分と判断したなら30万画素でOKなわけですよ。
我々が評価すべきは、そのスタイルで産まれてくる遊びが面白いかどうかだけ。
今の論調を例えるなら、「カラー液晶が安くなって来たんだから電卓の液晶もカラーにすればいいのに。」みたいな感じですね。
計算するだけだったら白黒で十分なんだから余計なお世話。
げむげむまにあより一部引用)

 また、GBAスロットが省かれたことについては、確かに拡張機器が使えないと言うこともありますが、DSiは買い換えではなく、新たなゲームユーザーの掘り起こしに主眼が置かれていますので、今更GBAソフトの購入促進はしない方向にしたのだと思います。そもそも公式にはニンテンドーDSはゲームボーイアドバンスの後継機種ではありません。(実質そうなってしまってはいますが)

 Liteに比べて2100円高くなっていることについても、技術的に熟れて安くなる要素もあるでしょうが、逆に原材料高と言うことで相殺し、更にカメラ機能・ブラウザー機能(別売りで買うなら3800円)やプレイやんの音楽再生機能や内蔵メモリなどが標準装備していることを考えれば、高くはないでしょう。

 それ以外にも密かに暗号化方式を強化されているのは嬉しい仕様だと思います。これでWEPだけにとらわれない無線LANを構築することが出来ると思います。

 PSPの場合、個人で2台目3台目と買い換える方が多いのに対し、DSのユーザーは個人での買い換え需要はあまりありません。ですので、買い換えを考えるとDSiの魅力が薄いのは確かです。しかし、新たなユーザーが手にするとすれば、LiteよりもDSiの方が高くても魅力的だと思われるのではないでしょうか。

2010年6月 3日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

デカスポルタ発売延期の真相

 ハドソンより2007年12月20日に発売予定だったデカスポルタが、2008年3月発売予定に延期されました。「さらなるクオリティアップを図るため」とのことですが、ほぼ完成していたようにも思われましたが、年末商戦を逸してまで何故延期せざるを得なかったか、を考えてみたいと思います。

 先日東京ゲームショウでデカスポルタがプレイアブル出展されました。ゲーム内容はWiiスポーツの流れを汲むもので、バスケットやアーチェリー・カート・カーリングなど、その殆どが興味がありながら、自身ではなかなか体験できないスポーツが収録されています。
 東京ゲームショウでプレイしたユーザーの体験談などがネットなどで点在していますが、(実際に購入するかどうかは兎も角として)概ね好評のようです。ただ、肝になる操作に於いての不満点も見受けられます。その操作性をもう一度洗い直して、違和感なく直感的に操作出来るようにするために、販売延期という英断を下したのではないかと思います。
 その結果、販売本数は下がるかも知れません。しかし、顧客満足度が上がれば、メーカーとデカスポルタのブランドイメージ向上に繋がり、長期的にはプラスになるでしょう。

2010年6月 3日|

カテゴリー:Wiiソフト

Wiiリモコンジャケットの無料配布

 任天堂よりWiiリモコンジャケットの無料配布、及びWii本体セットWiiリモコン(単品)はじめてのWiiパックに同梱する旨の発表がありました。
 過去にもWiiリモコンストラップを更に強度の強い物に無償交換するなどの対策を施していて、安全対策には先んじて取り組んでいましたが、更に対策を講じる姿勢には好感を持てます。
 確かに、ストラップの装着や軽く振っても楽しめる旨のCM喚起を幾度となく行ってきましたが、それを守るかどうかはユーザー次第です。たとえ何らかの損害が発生しても、基本的にユーザーの責任になるわけですが、それでも度々そのような事故報告がネットなどで報告されると、企業イメージは悪くなりかねません。そういう意味では多少(といっても全員が配布を希望すると数十億円規模になる模様)の費用が発生しても、イメージ回復のための費用やリスクを考えると、決して悪くはないでしょう。一番いいのはWiiリモコンのすっぽ抜けなどが発生せずに事故報告もなく、結果Wiiリモコンジャケットは不要だったなぁと言われることですが。

 因みに、Wiiリモコンジャケットの形状は、手に持つ部分はカバーがあるだけなので、違和感はありません。逆にリモコンの四隅、特に十字キー側は膨らんでいて、すっぽ抜けて家財に当たっても、ある程度のダメージを防ぐような構造になっています。横持ちでは少し持ちにくいかも知れませんね。
 車の安全装置の場合、エアバッグは補助装置であって、メインはシートベルトです。そう考えると、Wiiリモコンジャケットはあくまでもリスク回避手段の1つであって、メインはストラップになります。要らぬ損害を被らないためにも、普段からストラップ装着の癖をつけるようにしましょう。

2010年6月 2日|

カテゴリー:Wiiソフト

速報!ニンテンドーDSi 11月1日発売

 日経新聞のスクープ記事から話題騒然だったニンテンドーDSの新機種の概要がいよいよ判明しました。新機種名はニンテンドーDSi、発売日は11月1日、価格はLiteより2100円高い18900円となっています。新機種と言っても後継機ではなく、改良機ですので、現状のDSユーザーは基本的に慌てて買い直す必要には迫られないと思います。

 Liteとの違いとして、厚みが2.6mm薄い18.9mmと薄型化が図られているほか、画面の大きさは約17%アップの3.25インチに広げられています。このあたりは普通にバージョンアップと言った感じです。

 また、30万画素のカメラを2機搭載しています。様々な遊びに活用できるとのことですが、今時30万画素というのは‥‥DSでのみの使用なら耐えれる仕様でしょうが、そうなるとPCなどで見れないという別の問題もありますし、少し中途半端で勿体ないですね。但し、DSの性能上の問題で妥協せざるを得ない事情があるのなら仕方のないところですが。
 内側にカメラがあるのだからテレビ電話みたいな使われ方が出来ればいいのですが、このあたりは何も言われていないので、多分無いでしょうね。

 SDカードスロットも搭載され、音楽再生機能などに活用できます。しかし、再生形式はAACフォーマットですので、パソコンでは一般的なmp3やwma形式は再生できません。個人的には少し変換が面倒くさいです。
 その一方でGBAスロットが廃止になります。確かに新たなGBAソフトは発売されていませんが、(連動を含めて)まだまだ遊んでいるユーザーがいます。他にも振動カートリッジや大人のDS顔トレーニング、先月発売されたばかりのギターヒーロー・オン・ツアーのような周辺機器付きのソフトもあり、それらは使用できないことになります。この仕様変更はいただけませんね。

 DS本体にもメモリーが内蔵されます。それによりダウンロードしたソフトが保存できるようになります。また、WiiウェアのようにDSiショップからニンテンドーDSiウェアを配信し、ゲームがダウンロード販売されるようになります。このサービスは有償のものと無償のものがあります。また、それに伴って、Wiiポイントニンテンドーポイントに名称変更されます。残っているWiiポイントはそのまま引き継がれますし、未登録のWiiポイントプリペイドカード等もそのまま登録できます。

 尚、公式ホームーページも午後3時過ぎに公開されています。

2010年6月 2日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

ゲーム音楽の価値

 iNSIDEさんのサイトで音楽ゲームで価値があるのは曲かゲームか?音楽業界とゲーム業界の見解の相違というテーマが取り上げられていました。簡単に掻い摘んで解釈すると、作家(著作権者)さんは「音楽ゲームは曲に依存しているんだからちゃんと著作権料を頂戴」と主張し、一方の使用者(ゲーム制作者)さんは「音楽ゲームは音楽に乗せて演奏(操作)することを楽しんでいる。つまり音楽は付随的なことであり、今の著作権料だけで十分だ」と主張しています。
 しかし、本当に音楽にそれだけの価値があるのでしょうか?

 確かに音楽CDはアルバムで3000円もします。それはそれだけの価値があるのでしょう。しかし、それをゲームに当てはめると大変なことになります。例えばスマッシュブラザーズXでは258曲の音楽が使用されています。大雑把にに一曲2分としてもCD7枚にやっと収まるぐらいのボリュームがあり、それだけで21000円‥‥では端から話にならないので、1枚あたり大負けに負けて1000円として、それでも7000円になります。音楽だけで7000円。そこにゲームの開発費などを乗せると空恐ろしい定価になってしまうのは想像に難くありません。もしゲームの価格を9000円に抑えたとしましょう。1年以上大人数をかけて開発したプログラム等の価値が2000円です。いや、2000円自体はそれほど問題ありません。ただ、音楽の7000円と比較して時間と動力を考えると、開発者はやってられないでしょう。しかも、音楽CDには再販売価格維持というものがあります。つまり、中古CDは兎も角、新品のCDは原則定価販売が義務づけられています。一方のゲームソフトはそんなことはなく、自由に値引きすることも可能です。つまり、ソフトが7000以下になればプログラムの価値はマイナス‥‥そんな馬鹿な。

 というわけで、ゲームに使われる音楽にそこまでの価値を望むのは無理があります。と言っても、それを音楽CDとして売り出す際の価格設定はまた別の問題で‥‥。
 なんだか、「ダブルスタンダードだ!」と非難されそうですが、それが音楽CDとゲーム音楽の実情ですので仕方がありません。

 ゲーム音楽と言えば、その世界でもプロの作曲家を採用してゲーム音楽のジャンルを築きあげた立役者のドラゴンクエストがありますが、その最新作ドラゴンクエスト9星空の守り人の発売日が2009年3月になることが発表されました。定価は未定ですが、おそらく5980円くらいになるのではないかと見込んでいます。

2010年6月 1日|

カテゴリー:ゲーム全般のソフト

マジックアカデミーDS 攻略・情報

 クイズマジックアカデミーDSにかなりはまってしまっています。とは言ってもまだ大魔導士5級のサイクロプス組ですが。そう言えば正解率も50%を割ってしまいました。それでも飽きずに続けられるというのは凄く魅力です。


 ところで、アカデミーモードでは様々なクエストをクリアするというイベントが用意されています。難易度は様々で、話を聞くだけでクリアできたりするものもあります。そんな中で最高難易度を誇るのがユリクエストのスピードキングです。
 スピードキングでは合計4分間の長丁場のレースを行うのですが、ユリが超絶に強く20問くらい正解を叩き出さなければ勝つことが出来ません(誤答の際の(速度減速などの)ペナルティは未検証)。しかも問題の難易度が高い上、正解してから次の問題が表示されるまでの間も時計は止まらないので、実質1問あたり10秒もありませんので熟考も許されません。タイピング問題やエフェクト問題が続く時は涙目です。さて、攻略法はあるのでしょうか?“一応”あります。

   1,問題のキーワード覚える。
   2,DSの蓋を閉じて時計を止める。
   3,キーワードを元に検索サイトやウィキベディアで調べる。
   4,蓋を開けて、速攻で答えを入力orタッチ。

 更に、蓋の開け閉めで時間を喰わないように薄手(厚さ1センチぐらい)の消しゴムなどを挟んでおくと、素早く開閉でき、それによる時間のロスを減らせます。

 「こんなことしたら、楽勝で勝てるじゃん」とお思いでしょうが、とんでもありません。これで五分の戦いに持ち込めるだけです。この戦法を使って3回目で漸く辛勝したくらいでした。なぜなら検索サイトで探しても答えが見つからないことがあるからです。おそらく答えをキーワードに探すと見つかると思うのですが‥‥。兎に角、これと真っ向勝負で戦えるのはクイズ研究会の方々くらいではないかと思います。


 ところで、このソフトは現在品切で手に入り難くなっています。しかし、メーカー発表では次回出荷が11月にずれ込むとのことです。理由は明確にされていませんが、おそらく最大の要因は「クエストが勝手にクリアされてしまう」「予習が40回目でフリーズしてしまう」等といった重大なバグにあると思われます。前者は回避方法もあるのでどうにかなりますが、後者は予習をやり込むユーザーにとっては致命的ですね。しかもメダルをコンプリート出来ませんから。このバグについてはユーザー(特にアーケード版をプレイしていたユーザー)は比較的寛大ですが、バグが明らかになった以上それをしっかりと解消して再出荷していただきたいところです。

2010年6月 1日|

カテゴリー:任天堂DSソフト