2010年4月の記事一覧

任天堂業績予想修正

 任天堂は平成21年3月期第2四半期連結累計期間(←簡単に言うと上半期(中間期)という意味)連結業績予想数値の修正及び、平成21年3月期通期連結業績予想数値の修正を発表しました。
 日本では据え置き機のなかで一番好調に普及し続けているWiiと、一時期の勢いはないものの、堅調に売れ続けているニンテンドーDSですが、海外では未だに棚に並ぶ暇がない程の勢いで売れ続けています。それに伴ってソフトの販売本数も更に上積みされており、その結果が本日の業績予想の上方修正へと繋がっています。
 中間期では売上高7600億円→8300億円、営業利益2100億円→2450億円、経常利益2150億円→2800億円と上方修正しています。特に経常利益は当期予想より30%も上方修正されており、前期実績と比べても30%業績が良くなっています。
 通期では売上高1.8兆円→2兆円、営業利益5300億円→6500億円、経常利益5500億円→7000億円、当期純利益は3250億円→4100億円と上方修正しています。経常利益と当期純利益は前期比160%の伸びの予想で、成長の著しさを窺わせます。
 1年前の時点では今期以降は安定期に入り業績もそれほど伸びないのでは、とも言われていましたが、海外ではまだまだ市場が拡大しており、更にアジア・中南米などの新たな市場の開拓も見込めることから、もう一年はこのペースでの業績アップが見込めるのではないかと思います。
 尚、本日の株式相場では一時ストップ高に、終値は3600円高になりました。週明けの動向も気になるところです。

2010年4月29日|

カテゴリー:ゲーム全般のソフト

アフリカ 本日発売

 SCEからアフリカが発売されました。PS3の性能を存分に生かしてサバンナを闊歩する動物を眺めることが出来ます。実際の動物を見るのに比べると劣る部分もありますが、それは仕方がないところです。フォーエバーブルーなどのゲームが好きな方にはそれだけでも十分堪能できると思います。
 しかし、それだけでは物足りないのもまた事実で、そういう方には動物の写真を撮ることも出来ますので、如何に大きく綺麗に撮ることが出来るのか、を追求するのも面白いと思います。一昔前にポケモンスナップというソフトがありましたが、それよりも映像美の優れる今作では動物の営みを眺め尽くせるでしょう。尚、ポケモンスナップは、Wiiヴァーチャルコンソールで遊ぶことが出来ます。ポケモン好きにはこちらもお薦めしたいところです。但し、最近登場したポケモンなどは登場しないのでその辺りはご注意下さい。
 まだ発表などはされていませんが、ダウンロードコンテンツで新たなマップ・動物がダウンロードされるようになればやり込み要素も増えるでしょうね。個人的には南極大陸のペンギンなどが見てみたい気がしますが、ゲームのタイトルが“アフリカ”なので、そこまで希望するのはちょっと無理があるでしょうね。

2010年4月28日|

カテゴリー:プレステソフト

シグマハーモニクス ファーストインプレッション

 始めは全くのスルーでしたが、ついつい手を伸ばしてしまいました。
 この作品は最後まで全く動画(アニメーション)を使っていないらしいですが、その割り切りのお陰か、静止画(一枚絵)が初っ端から無駄じゃないの?というくらい沢山出てきます。また、メッセージには効果的にボイスが入っており、感情移入を高めてくれます。尚、超推理などでメッセージの分岐が多数あるのでフルボイスではありませんが、これは却ってそれでも良いのでは、と思います。容量的な問題もあるでしょうが、全てのメッセージを聞くことも難しいでしょう。
 移動は少しもたつく感じです。いっそのこと一人称視線で表示して、移動等は矢印をタッチするだけにした方がスムーズでスッキリしたのではないかと思います。
 戦闘部分は見た目ややこしいかなぁと感じていましたが、ルールは思ったよりもシンプルで遊びやすかったです。組合せが複雑なのでボス戦などでは頭を使いそうですが、ザコ戦では方向にさえ注意すれば全然余裕です。マジックポイントという概念がないので、回復はいくらでも出来ますし、戦闘終了後に体力は全快します。但し、戦闘に突入するときの読み込みに少し時間がかかりすぎるのが残念ですね。ROMカセットなのに。
 アドベンチャー部分も新しい試みに好感が持てます。が、超推理で完全な解答を導き出すのは非常に難しく、その答えを導き出してもその解説はやや腑に落ちない(強引)だなぁと思います。逆に全く的はずれな解答でもクリアできるというのはなかなか面白い仕組みです。但し、その場合ボスが異様に強くなったり、倒したときにもらえる経験値が少なくなったりします。ですので、ある程度は正しい答えを導き出す必要があります。超推理の内容には多少の不満を覚えますが、ゲームバランスンの取り方としては良いのではないかと思います。

2010年4月27日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

全く読めない キャプテン★レインボー

 大乱闘スマッシュブラザーズXでは任天堂の屋台骨を支えるキャラクターが華々しく格闘を繰り広げていますが、その一方で多くの冴えないキャラクター達は日の目を見ない存在となってしまっています。そのキャラクター達にスポットを当てようとしているのがこのキャプテンレインボーというソフトなのですが‥‥。
 確かに、このソフトに出ているキャラクターは他のソフトに乱入するようなキャラクターではないのですが、微妙に有名どころを集めているのはやっぱりあれですか?本当にマイナーなキャラ(例えば数陣仙人とか、はっくんとか)だと誰も判らないからですか?まぁ、確かに「このゲームのあのキャラクターね」と言われないと、折角のコンセプトが台無しですからね。
 と言うことは、スマブラXビットが出てなかったら、こちらでは間違いなく主役の一角を担っている可能性が高かったでしょう。
 現在10組が発表されていますが、もっと欲しいところですね。個人的にはカシムとかバーバラとかアシュレイとかですね。今更希望しても発売日は8月28日ですのでどうしようもありませんが。そもそもアシュレイはこのゲームには馴染めなさそう。でもカシムはネタとしてはおいしいと思うのですが。

 で、結局何が読めないのか、と言うと、このソフトがどれくらい売れるのだろうか?と言うことです。誌面やネットの画面だけでは面白さは伝わりにくいですからね。昭和40年代のヒーローもののオープニングには笑わせてもらいましたけど。

取り上げたキャラクター:主な登場ゲーム
数陣仙人:数陣タイセン
はっくん:すってはっくん
ビット:パルテナの鏡
カシム:ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣
バーバラ:大合奏!バンドブラザーズ
アシュレイ:アナザーコード

2010年4月26日|

カテゴリー:Wiiソフト

Wiiリモコンのカラーストラップ

 任天堂からWiiリモコンのストラップが発売されることが決定しました。色はブルー、グリーン、ピンク、ホワイトの4色で、各300円となっています。また、4色セットのパッケージで1000円と割安タイプもあり、複数のリモコンを色分けするのには便利ではないでしょうか。
 ところで、任天堂ではWiiリモコンストラップを部品販売していますが、ここでは送料込みで225円で販売しています。そう考えると、300円というのは割高な気がしないでもないですが、部品販売では郵便局で小為替を買って任天堂に送る手間もありますので、ゲームを購入する序でにカラーストラップを購入出来るので、この方法は歓迎できます。部品販売ではグレー一色だけなので。そういえば、このグレーとカラーストラップのホワイトは同じように見えるのですが‥‥実際のところどうなのでしょう?
 因みにWiiを発売当初に買われた方でストラップの紐の直径が0.6mmのユーザーは新しいストラップに交換してもらえます。但し、カラーは選べません。というよりもグレーになります。

2010年4月25日|

カテゴリー:Wiiソフト

新型PSPで後追い開始

 売り上げが好調に推移している現行のPSPPSP-2000)ですが、10月に新型PSP(PSP-3000)が発売されます。現行型が発売されてほぼ1年でのモデルチェンジとなります。
 新型の主な仕様変更はマイクの新設と液晶ディスプレイの向上です。マイクはSkype等のコミュニケーションツールが別売りマイクを繋げることなく使えますし、液晶ディスプレイの方は、反射低減技術の採用により、明るい場所でも画面が見やすくなり、屋外での使い勝手が一段と向上しています。
 ただ、旧型(PSP-1000)から現行型ほどの劇的な変化ではなく、どちらかと言えばマイナーチェンジなので現行機種を最近購入された方でもあまり落胆する必要はないでしょう。そもそもマイクはニンテンドーDSでは既に標準装備されている枯れた技術で、古くはファミコンにも付いていました。但し、音認識はしても音声認識は出来ませんが。また、液晶も屋内専用なら特に見にくいことはないはずですので。

 ついでに、市場の健全化のためにCFWが使えないようにしてくれればいいのですが、そうなると本体が売れないので、SCEはどういう決断を下すのでしょうか?でもまぁ、紛いなりにも国内で1000万台売っているので、本体普及主義に走らずにサードパーティーに安心して販売してもらえる土壌を作ることに重点を置いた方がいいでしょう。
 その一方でワンセグチューナーなどの周辺機器は型番に関係なく使え‥‥ますよね?

2010年4月22日|

カテゴリー:プレステソフト

お盆期間中の販売状況

 出荷ベースで50万本を突破していたファンタシースターポータブルが販売でも50万本を突破しました。モンスターハンターポータブルシリーズと並んでPSPの代表するソフトとしての地位を築きつつあります。
 しかし、それ以上に勢いに乗るのがリズム天国ゴールドです。今週は先週よりも販売が伸び、次週には50万本を突破するのは確実です。しかも、このソフトは初動型ではないため、伸び代はまだまだあり、80万本は堅いのではないかと思われます。
 そして、先週ミリオンを達成したドラゴンクエスト5を始めとして、WiiFitマリオカートWiiなどの定番ソフトが安定した売上を上げています。
 逆にチャンスロスを発生させているのがファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣テイルズオブヴェスペリアです。FEの方は来週にも品薄が解消しそうですが、TOVは深刻です。ソフトは十分用意されているものの、Xbox360の本体が超品薄状態で、次回のまとまったは出荷は9月になる模様です。このままでは機会損失だけでなく、TOVの在庫の値崩れの可能性もあり、マイクロソフトは問屋・小売り・ユーザー全てを裏切ってしまった格好です。重ね重ね残念でなりません。
 折角瞬間風速(週販)でのPS3越えではなく、月間売上でのPS3越えの可能性も見えているだけに、何としてでも日本用本体の確保をしてイメージアップに努めて欲しいところです。

2010年4月21日|

カテゴリー:ゲーム全般のソフト

40GB版PS3でPS2ソフトが動くのは?

 日本で発売当初出回っていたプレイステーション3は一部のソフトで問題があるもののプレイステーション2のソフトがプレイできました。しかし、昨年欧州で発売したPS3はハード的にPS2ソフトが動くように搭載していたエモーションエンジンを価格戦略的な理由で外しました。その変わりソフト的にエミュレーションすることで互換性はかなり下がったものの1/3のソフトに互換性を持たせました。
 そしてアメリカに続いて、日本でもエモーションエンジン非搭載のPS3(通称40GB)が発売しました。ところが、日本で発売しているPS3は欧州版とは異なり、PS2の互換性を完全に排除しています。それは何故でしょうか?
 欧州版でも1/3程は問題なくプレイできるのですが、もし日本でこの程度の互換性で公開しても混乱をきたすからだといわれています。実際、エモーションエンジン搭載機種(20GB版/60GB版)で一部ソフトが動かなかっただけでもバッシングがあったぐらいですから。ですので、中途半端な互換性で混乱させるよりも、いっそのこと非互換にした方がスッキリしています。

 ところで、40GB版での互換性の復活の可能性はあるのでしょうか?
 実はその研究は粛々と続けられているようです。ですので、将来的には可能性はあるでしょう。が、現状は20GB版/60GB版程度の動作率には到底及びません。遜色なく動作するまでにまだかなりの時間を要するでしょう。しかし、そうなるとPS2の互換性搭載の意義も薄れてしまいます。
 互換性を諦めるのか、時間がかかっても互換性を持ったソフトウェアを開発するのか、それともある程度の互換性で妥協して多少の混乱を覚悟の上で公開し、今後のアップデートで互換性を高めていくのか、ユーザーが今後の方向性を見極めるためにも、互換性のあり方を発表して欲しいと思います。

2010年4月19日|

カテゴリー:プレステソフト

ファミ通のクロスレビューの功罪

 ファミ通のクロスレビューはたった4人のレビュアが30分(未満)から2時間程度プレイしただけで評価されてしまいます。しかし、その事実を知らないユーザーや小売業者はその数字を崇拝して受注・購入の行動をとっているのが現状です。

 例えばメタルギアソリッド4はクロスレビューで40点満点を獲得しましたが、本来はそんなゲームではないのです。なぜなら10点という点数は、そのレビュアが欠点らしい欠点も見あたらず、大満足したときにのみ付けられる点数のはずです。にもかかわらず4人共が満点を付けると、(そのゲームがゲーマー向けだとしても、そのゲーマーに)万人受けするかのような誤解を生むからです。
 何もこれはメタルギアソリッド4だけに限らず、古くはゼルダの伝説時のオカリナとかでもそうです。いくら雑誌がプッシュしているかはいえ、1人くらい3Dゲームが苦手な人がいるでしょう。それなのに評価に手心や調整を加えるとフェアではなくなってしまいます。因みに私は両方とも7点ぐらいが妥当だと思っていますので、クロスレビューは(レビュアorファミ通という雑誌の)主観的な参考値にしかならないと思っています。

 ゲームというのは作り込まれたから、HD画質だから、ましてやプッシュしていたから、大作の続編だから、エンターブレインが発売元だから、という理由での評価は独りよがりに過ぎません。にもかかわらず、褒めている点をHD画質で綺麗から、欠点の場合はPS3に比べて画質が悪いからというのを理由にしているレビュアは、ただでさえ地に落ちているクロスレビューの信頼を底無しに失う行為にしかなりません。
 因みに、私はゼルダの伝説時のオカリナの40点満点に騙されて購入した口です。その為、それ以降の3Dゼルダのクロスレビューの評価も割り引いて読むことにしています。

2010年4月18日|

カテゴリー:ゲーム全般のソフト

ネットオークション

 この夏休みやお盆休みを利用してクリアしたゲームを中古ショップに売りに行っても、買い取り価格が思った程ではなかった、ということはありませんか?当たり前の話ですが、そういうお店は販売価格から人件費などの経費と利益、そして値下がりリスクを見越した金額を差し引いた価格でしか買い取ることが出来ません。そうでなければお店が潰れてしまいますからね。ですので、特に回転率の悪い商品は買い取り価格が低くなる傾向があります。

 それを回避するのがネットオークションです。欲しいと思った人が在庫リスクなしに購入するうえ、日本全国が対象となるため、余程でない限り買い取り価格より高い価格で売ることが出来ます。例えば買い取り価格2000円程度の物でも、ネットオークションなら3000以上で売れることもよくあります。

 ところで、ここで一番使われる発送方法は送料の安い定形外郵便物やメール便です。いずれも80~160円と安いのですが、破損や紛失などの郵便事故になる可能性も僅かながらあります。そこで利用したいのが配達記録やゆうパックなどの発送方法なのですが、配達記録の場合、郵便料金に+210円かかります。ゆうパックは更に高く、最低料金は500円からとなっています。これらは基本的に購入者側が負担するわけですが、殆どの方はその負担を嫌い、安い定形外郵便物やメール便を希望します。

 ところが、代引郵便を使えばこの問題は解消されます。但し、普通に代引郵便を使えば送料+代引手数料(250円)+送金手数料(525円)と都合800円以上の負担を強いてしまうので、あまり得策ではありません。しかし、振替口座を開設してそこに振り込んで貰うように設定してあげれば送料+代引手数料(250円)+送金手数料(120円)となり、400円強の負担ですみます。しかも、購入者は振り込み手数料(0円~525円)の負担が無くなる上、振り込みの手間も省けるため、購入者に喜ばれます。

 代引での取引が可能だと、購入しようとする人が増え、結果落札額が上がることもあり、その結果得をすることもあります。ですので、ネットオークションを使うのであれば、振替口座の開設をして、取引方法の選択肢に組み込んでおくことをお薦めします。尚、代引郵便や振替口座開設については最寄りの郵便局で詳細を教えてくれます。

2010年4月15日|

カテゴリー:ゲーム全般のソフト

Xbox360 久々の5桁販売

 Xbox360用ソフト、テイルズオブヴェスペリアの販売見込み本数は強気の12万本、とこの前書いてしまいましたが、蓋を開けてみれば、同梱版を含めて約10万本の売上を達成しました。12万本を既に出荷していたとしても消化率は8割を大幅に超える好スタートです。
 その一方、本体の売上も同梱版を含めて2.4万台を売り上げ、据え置き機ではPS3を抜かして久々の2位を獲得しました。しかも、それでも本体が品薄に陥っており、もっと潤沢にあれば3万台突破も十分あり得たでしょう。
 もし、お盆明けまでに品薄が解消されないようであれば、機会損失の拡大は防ぐことは出来ず、Xbox360の本体普及をマイクロソフト自らが阻害していることとなり、自分で自分の首を絞めて何が面白いのか、という感じがします。折角バンダイナムコがテイルズシリーズをXbox360で新作を展開することにより、ファンの一部をXbox360に流して貰っているのに、本体を十分に用意できないなんて、あまりにももったいないことです。

 個人的にはXbox360はゲーム機を純粋に進化させた良いゲーム機だと思っています。但し、マイクロソフトは好きではありませんが。ですが、これから年末にかけてRPGが一番充実するにもかかわらず、本体の信頼性とDVD駆動音、そしてイメージ戦略の下手さを解消しなければ、瞬間風速的に売上が伸びても根本的にPS3を追撃するのは難しいでしょう。

2010年4月14日|

カテゴリー:Xbox360ソフト

ファイアーエムブレムトラキア776 問題

 少し遅れましたが、ヴァーチャルコンソールで購入できるようになったことを記念して問題を20問用意しました。腕に覚えのある方は是非チャレンジしてみて下さい。
 尚、解答は後日発表します。が、全問正解してもプレゼントなどはございません。

追記
 解答の公表をしました。

初級編

Q1, タイトルにもなっているトラキア776の「776」はどういう意味でしょうか。

Q2, ユニットのパラメータ、「速さ」の最大値は幾つでしょうか。

Q3, 今作登場するシーフの特殊能力はなんでしょうか。

Q4, 主人公リーフの装備できる武器の種類はなんでしょうか。

Q5, ペガサスライダーが山の上にいます。地形効果は何%でしょうか。


中級編

Q6, 全部で12枚手に入れることの出来る「聖戦士の書」、所持することで得られる効果は?
    (答えは2つあり、2つとも答えて正解です)

Q7, トーチは何マス分明るくすることが出来るでしょうか。

Q8, 味方ユニットが扱えない武器は次のうちどれでしょうか?
    (A)毒の剣 (B)バトルアクス (C)ヨツムンガンド

Q9, リノアンの仲間になる前の役割(職業)はなんでしょうか。

Q10,第21章外伝にある捕虜収容所、ここに入るための条件は何でしょうか?


上級編

Q11,ダイムサンダは最大幾つ手に入れることが出来るでしょうか。

Q12,ナイトプルフを使用せずにクラスチェンジできる人物が3人います。
    誰と誰と誰でしょうか。

Q13,扉の鍵の使用限度回数は何回でしょうか。

Q14,レベル12のエーヴェルがベルドを倒したときの経験値は幾つでしょうか。

Q15,ラーラは最大何回レベルアップするでしょうか。


応用編

Q16,第22章では敵の支援効果は57%もあります。それを出来るだけ相殺したいのですが、
    敵の支援効果を何%まで減らすことが出来るでしょうか。

Q17,メンバーカード取得条件を詳しく挙げて下さい。

Q18,ミーシャの仲間にする手順を示して下さい。

Q19,仲間になったばかりのマリータが細身の剣を装備したとき、反撃で必殺攻撃を出す確率は
    何%でしょうか。但し、支援効果、敵幸運はゼロとします。

Q20,竜族との契約をしていたエーヴェルですが、
    記憶を取り戻すための条件を全て挙げて下さい。

2010年4月12日|

カテゴリー:Wiiソフト

ファイアーエムブレムトラキア776 解答

先日の問題の解答を発表します。


が、その前に応用問題を一問追加です。

Q21,杖を使ったときの疲労度はランクによって決められていますが、
    経験値はどのように決まっているでしょうか?方程式を作って下さい。

 

では、改めて解答です。


A1, グラン歴776年の意味です。

A2, 20

A3, アイテムを盗むことが出来ます。

A4, 剣

A5, ゼロです。飛行系は飛んでいる限り地形効果は得られません。

A6, 必殺率をゼロにします。レベルアップ時の成長率を変えます。

A7, 13マス

A8, (A)毒の剣

A9, ターラ市の市長

A10,離脱マップで、離脱していないユニットがいること。

A11,2つ。第10章で盗むことが出来ます。かなり難しいですが。

A12,リーフとリノアンとラーラ

A13,1回

A14,43

A15,75回 (シーフ18回、シーフファイター19回、
         ダンサー19回、シーフファイター19回)

A16,42%。
    支援効果1のユニットを5人出撃させれば15%下げることが出来ます。
    但し、そのユニット(特にグレイド)が戦力になるかどうかは別の話ですが。

A17,第18章のレンスター軍ソルジャーを殺さずにクリアします。
    但し、レンスター軍アーマーは殺しても構いません。
    また、ソルジャーは捕獲攻撃で倒しても構いません。

A18,「カリン」で話しかける → スリープなどで「眠らせる」 →
    ミーシャを「担ぐ」 → 「担いだままクリア」する
    鉤括弧内の文言をおさえていれば正解です。

A19,60%。 マリータは反撃時に必殺率が5倍になります。

A20,サラを仲間にする。
    キアの杖を手に入れる。
    エーヴェルの石化を解く。
    リーフかマリータで話しかける。
    当然離脱することや生存することも必須条件です。
    尚、記憶を取り戻すのは7年後です。

A21,経験値=(杖の価格-200)/杖の使用回数/20+10

2010年4月12日|

カテゴリー:Wiiソフト

ドラゴンクエスト5 徒然

 「まだクリアしていないのか!」とお叱りを受けそうですが、その通りです。外海に出ていないくせに赤い壺イベントをクリアするという快挙?を達成したり、双子のメッセージを聞くために全ての街や城で全ての人達と話をしたり、カジノでコインを荒稼ぎしたり、福引きで特賞を引き当てるまで延々とチャレンジしたりしていたので、とんでもなく時間をかけてしまっています。
 今回は少しツッコミどころを徒然と書きたいと思います。

 SFC版ではカジノは一箇所しかなかったのですが、DS版では2箇所になっています。それに伴って、ダブルアップで稼ぎやすいポーカーがオラクルベリーから移動されています。容易にダブルアップでコインを稼がせないためにそうしたのかな?と勘繰っているのですが、どのみちスロットの方が稼げるので構わないのですが。
 そのスロットでは1万枚を獲得しても、SFC版と違って超豪華版ファンファーレにお目にかかれなくなってしまいました。1万倍で獲得しなければ鳴らないのでしょうか?
 そのファンファーレで思い出しましたが、福引きで1等を取っても何も鳴らなかったのに、特賞だと超豪華版ファンファーレが鳴りました。それなら1等でもファンファーレを鳴らしても良かったと思うんですけどね。
 仲間になる人間や馬車はフィールド上の表示が8種類用意されているのに対して、仲間モンスターは4種類しか用意されていません。
 あとは、‥‥息子よ、未成年のくせに賭け事をするんじゃない!

2010年4月11日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

零~月蝕の仮面~のバグの発表の行方

 零~月蝕の仮面~のバグの発表は、先日の予想通り、と言うよりも予想を右斜め上の方向に、重箱の隅を突くように騒ぎ立てておられます。それぞれの独善的持論とそれに対する正論は以下の通りです。


1,「不具合」と言う言葉を「問題」という言葉に置き換えて問題点をあやふやにする。

 と仰せですが、「不具合」とは状態・調子がよくないという意味、「問題」は困った事柄・トラブルという意味です。どちらの方がより重大に受け止められるかは火を見るより明らかです。そもそも「不具合」という言葉自体、日本的曖昧さを表しています。


2,ティアーズトゥティアラのバグを公表していない指摘に対して、全てのバグを公表するところではない、あっちもバグを発生させているのだから公平に公表しろというのは論点のすり替えである。

 と聞く耳を持っていませんが、そもそもこの管理者さんは零はプレイしていません。その一方でティアーズトゥティアラはプレイしています。つまり、ティアーズトゥティアラの問題についてこそより重大な認識でもって周知するべきではないでしょうか。アフィリエイトのためとはいえ、明らかな情報操作です。零は貶めても広告収入に影響がないので取り上げて、その一方でティアーズトゥティアラは売上に響くので取り上げない、というスタンスだというのは容易に想像がつきます。
 因みにティアーズトゥティアラのバグは、それを知らずにプレイしているとゲームの進行とは関係なく何十回とフリーズする可能性があります。


3,がんばる私の家計ダイアリーフォーエバーブルーでも交換になったのだから、今回も交換すべきである。特にやり込んでコンプを目指す人にとっては今回のバグは致命的である。

 コンプリート出来ないゲームは意外と多いのですが、何故これだけがヤリ玉に?それは兎も角、フォーエバーブルーでも交換が告知されるまで5日かかりました。このタイムラグの間にはバグの箇所の判明と共に(開発会社のアリカと発売元の任天堂との)費用分担の協議もあったものだと推測されます。今回は交換する程の重大なバグではないにしろ、結果交換の可能性はあります。
 但し、交換をアナウンスしても某サイトでは「交換告知まで時間がかかりすぎ」「ネットで非難が殺到したから渋々対応した」などとネガティブなことを言い出すでしょうが。


4,バグのある製品を作ったテクモも悪いが、それをちゃんとデバッグしていない任天堂も悪い。バグを知って売ったとすれば、任天堂はもっと悪い。

 これは微妙です。しっかりデバッグをしたにも拘わらず、ギリギリでテクも側が勝手に完成版を差し替えている可能性もあるからです。また、バグを知って売っているという可能性は考え難いです。事実、発売日直前に発売日を延期するということはスマブラX等でも結構行われているからです。


 ここで正論を発するより、某サイトのコメント覧から反論すればいいのでは、という意見もあるでしょう。それは尤もな意見だと思います。が、HDゲーム機+PSPこそがゲームの楽園と酔狂に曰っているところに正論を唱えても、難癖を付けて誤魔化すか、ブラックリストで排除されるだけで、でまともな議論は出来ません。実際、コメント覧はマンセーな方々で占められるようになってしまいました。

 ところで、いっそのことこれ(コンプリートの部分)を不具合とせずにネットで配信すると言えば良かったのではないでしょうか?「ネットに繋がっていないユーザーはコンプ出来ないじゃないか」という意見もあるでしょうが、実際そう言うゲームは結構存在しています。中には有料というのもありますので、あながち無茶な落としどころでもなかったでしょう。但し、今更この方法を採用することは出来ませんが。

 
 

追記

 某サイトの「問題」と「不具合」の言葉遊びは、コメント覧で工業系プログラマーからの正しい指摘を受けてしまったため、「お詫び」や「訂正」もなく無視を決め込んでいます。

2010年4月 8日|

カテゴリー:Wiiソフト

快調!PSP

 PSPプレイステーションポータブルです。今回はPSP=ファンタシースターポータブルのことです。
 で、このファンタシースターポータブルですが、ポストモンスターハンターポータブル2ndGとして注目されていましたが、その戦略が見事にはまり、7月28日~8月3日集計のトップの初週34万本のヒットとなりました。これだけのヒットは一昨年のオシャレ魔女ラブandベリー以来の快挙でです。ソフトを多数輩出し、ゲームもそれなりに粒ぞろいの筈なのに、何故か売上に結びつかないセガですが、この辺でハーフミリオンぐらい売って貰って経営を少しでも楽にして貰いたいところです。
 2位にはゲームボーイアドバンス末期のソフトでありながらじわじわと売れ続けた続編、リズム天国ゴールドが21万本の売り上げを記録しました。GBA版は初週2.5万本、累計27万本でしたので、大躍進を遂げています。
 3位にはPS2に続いてのリメイクにも拘わらず、ミリオンがほぼ確実になったドラゴンクエスト5がランクイン。その下にはPS3Xbox360の合計で11万本を売り上げたソウルキャリバー4が続きます。尚、ソウルキャリバー4は海外では200万本越えのメガヒット中だそうで、日本のシェア低下に歯止めがかかりそうにありません。
 因みにWiiFitは今週もベスト10をキープし、3.2万台を売り上げていますが、一体いつまで売れ続けるのでしょうか?

2010年4月 7日|

カテゴリー:ゲーム全般のソフト

零~月蝕の仮面~ のバグが発覚

 Wiiのラインナップの充実の一端を担い、売上も当初の予想より好調に推移している、零~月蝕の仮面~ですが、その好調さに水を差すようなバグが発覚しました。

 バグは3種類あり、以下のようになっています。
◆“三ノ蝕 忘日”において「暗号のようなメモ」を入手した後、灰原病院ニ階の医師詰所奥の扉を開こうとするとゲームが止まります。回避するためには、一階院長室に入り、「暗号のようなメモ」をヒントに院長室内のインターホンに3つの数字を入力して先へお進みください。
◆霊リストの最大撮影数は233と表示されておりますが、実際は227となり、6つは欠番となります。
◆ゲームクリア後に出現する「エクストラ」にて、封印が解けないアイテム欄がひとつあります。

 いずれも致命的なバグではなく、回収・交換する程のことではないのですが、恐らくなの?(旧:かさぶた。)辺りが重箱の隅を突くように騒ぎ立てると思います。
 しかしながら、この一年の間にFOREVER BLUE等、任天堂から発売されているソフトで三度バグが発生しているのもまた事実です。バグを完全に無くすのは難しいでしょうが、デバッグなどを徹底して行うことにより、せめて致命的なバグだけは排除するよう努めて欲しいと思います。回収・交換には莫大な費用が必要になりますし。

2010年4月 5日|

カテゴリー:Wiiソフト

テイルズオブヴェスペリア 特需と機会損失

 明後日8月7日はXbox360用ソフト、テイルズオブヴェスペリアが発売されます。バンダイナムコの販売目標はXbox360としては強気の12万本を想定し、その大半を(初動型タイトルのため)発売日に投入すると思われます。

 さて、この12万本というのは、Xbox360用ソフトとして一番売れたブルードラゴンに肉薄する本数です。その頃よりも本体は倍程普及しているので十分狙える本数ではありますが、ブルードラゴンはキラータイトルとしてXbox360ユーザーから注目されていました。しかし、テイルズオブヴェスペリアはXbox360ユーザーというよりも、テイルズファンからの指名買いの傾向が強いと思われます。ですので、新たに本体普及を促進するタイトルではありますが、そのままXbox360ユーザーとはならずに、テイルズオブヴェスペリア専用ハードになりかねません。二つ目・三つ目のソフト購入にどう結びつけるのか、マイクロソフトのお手並みを拝見したいところです。

 が、ここへきてXbox360の最大のピンチが訪れました。なんと、市場にXbox360の本体が品薄となってしまっているのです。一応テイルズの同梱版も用意していますが、その数は7000台と言われており、もし12万本売れると見込んでいるのなら、到底足りない台数です。そういえば昨年のバリューパック発売時も需要に応えることが出来ずに大きなチャンスを逃してしまいました。
 Xbox360はハードの信頼性や洋ゲー傾斜で日本では売れないと言われていますが、普及を加速させる場面で自らブレーキを踏んで普及を阻害しているところにも販売不振の原因がありそうですね。

2010年4月 5日|

カテゴリー:Xbox360ソフト

シュウォッチ 発売決定

 ハドソンから発売のアナウンスされたシュウォッチですが、その後無期延期を発表しました。それから早9か月、紆余曲折の末漸く販売のメドがついたようです。発売日は2008年12月の予定、販売予定価格は1680円となっております。
 しかし、販売価格自体は当初のままなのですが、当初は送料込み価格だった通信販売の場合別途525円かかります。ですので、実質値上げとなってしまいます。少し残念ですね。
 その一方、当初は限定1万個とされていたリミットが取り外されました。その為欲しい人にも十分に行き渡る可能性は高いでしょうし、転売目的の購入も減ることでしょう。

 ここでお得情報~!?<ドンドンッ!パフパフッ!
 もしAmazonで発売してくれるなら、Amazonは送料無料なのでこちらで購入する方がお得なのですが、どうなのでしょう?手広い品揃えを誇るAmazonなら多分取り扱ってくれるものだと期待しているのですが。

2010年4月 5日|

カテゴリー:ゲーム全般のソフト

リズム天国ゴールド ファーストインプレッション

 前作のゲームボーイアドバンス版はプレイしていません。気にはなっていたし、手に入れるつもりだったのですが、市場が既にニンテンドーDSに移行していたため、私が探し始めた頃には既に店頭にはありませんでした。で、そのまま機会を逸してしまい現在に至ります。
 今作ではボタン操作からタッチペン操作へと全面移行したため、それを不安視するユーザーも結構居られたようですが、少なくともタッチペンでの操作は爽快です。但し、前作と比べるとどうかはわかりませんが。
 私はリズム感が無い方なので、なかなか先に進めないのですが、リズムを刻むだけなのに面白く、ついついやり込んでしまいます。この面白さは雑誌の誌面やCMなどの動画でも完璧には伝えられないでしょう。是非とも自身でプレイして体感して欲しいと思います。例え評価が“平凡”でも達成感がありますし、特に私は下手なだけにパーフェクトプレイなら痺れる快感が得られます。
 さて、あまりこのゲームにかまけていると、折角グランバニアに到着したばかりのドラゴンクエスト5のプレイが停滞しそうです。1日27時間くらいにならないものでしょうか。

2010年4月 1日|

カテゴリー:任天堂DSソフト