2009年3月の記事一覧

ドラゴンクエスト9 ファーストインプレッション

 やっとドラゴンクエスト9を始めました。実はドラゴンクエストの新作は以来、13年ぶりのプレイとなっています。9は今までのドラクエらしさが継承されていて、世界観に違和感がありません。でどういった進化を遂げたのかは誌面で見る以上のことは判りかねますが、9の否定的な意見を見る限り、グラフィックに頼った進化をしてしまったがためにズレた批判をされている感じがします。ですが、6から見れば立派に進化していますし、中世の世界観が~といったオールドファンに対しても、「じゃぁはどうだったの?」って感じがしますので、やはり批判の矛先がズレている感じがします。
 操作性は基本的に問題なく、メッセージのページ送りはAボタン以外でも出来たり、道具の整理や呪文などの部分も迷い無く選べますので、その辺りの良さもシリーズを通して継承されています。ただ、タッチペンはわざわざ使うほどのものではないと感じました。まぁ、基本の部分を疎かにしない限り、そういう操作方法を用意しておくのは良いことだと思います。
 しかし、気になる点が一点あります。それは“酔い”です。ゼルダの伝説時のオカリナ(あまりの3D酔いの為途中棄権)ほどでは当然ありませんが、結構酔います。ゲーム中だけでなく、ゲームを終えてからもほぼ半日良いから来る倦怠感が続き、このままでは日常生活に支障を来す可能性が!‥‥まぁ、ゼルダの伝説夢幻の砂時計で船を操作するときやA列車で行こうDSの車窓を眺めているだけでも酔うぐらいですので、こんなニッチな人間に合わせろ、とは申しませんが、アクション性のないRPGで酔うのはさすがに勘弁したいです。
 ゲームをプレイし始めて数日経ち、酔いに対して多少の耐性を得ましたが、他のゲームなら1日数時間プレイすることもざらですが、ドラクエ9に関しては否が応でも1日1時間に程度に抑えています。そのため、クリアまで相当の日数を要すると思います。

2009年3月30日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

モンスターハンター3 70万本以上

 サードパーティの中で最も売れているソフトは太鼓の達人Wiiという話を聞くと、やや寂しい感じがあるWiiですが、その記録をいとも簡単にクリアしようと狙っているのが8月1日発売予定のモンスターハンター3です。
 初回出荷は、通常版50万本、クラシックコントローラPRO同梱版20万本の系70万本+α(本体同梱版:5万セット)と言われています。もしこの通りの出荷がなされてほぼ売り切ることが出来たとすれば、マリオカートWiiを凌ぐスタートダッシュに成功します。
 ただ、このシリーズはモンスターハンターポータブル以降に普及した為、据え置き機の動向は測りかねますし、携帯機に比べてやり堪えがあり、ポータブルからのファンは難易度の高さに手を出さない可能性もありますので、このソフトがどれほど売れるのかは未知数です。個人的には50万本売れば一応の成功だと思っていたのですが、好調な予約状況を見ているとどうやらこの数字は楽々越えそうな感じがします。
 モンスターハンター3は8月1日発売予定です。また、それに併せてWiiクロも25000円で、クラシックコントローラPRO(シロ・クロ)も2000円で発売予定です。

<<< 追 記 >>>
 この情報は7月初旬の話なのですが、最近になって更なる上積みがなされているとのことです。期待を寄せるのは大いに結構なのですが、商品がだぶつき値崩れの懸念がありますので、販売店は冷静な受注をお願いします。と今更言っても遅いのですが。

<<< 追 記 2 >>>
 結局初回出荷は100万本と発表されました。この数字は(出荷調整したとは言え)モンスターハンターポータブル2ndGを上回っており、想像を超える勢いを感じます。

2009年3月29日|

カテゴリー:Wiiソフト

涼宮ハルヒの直列 攻略

 ゲーム自体は簡単なのですが、フルコンプとなると骨が折れてしまいます。何故かこのソフトに関してはチェス以外にめぼしい攻略サイトがありません。ですので、取り敢えず難しいところや、見落としがちなところをピックアップしてお送りします。

 解決パートではトピックスモードをONにしていても、初めのうちはキャラの動きが遅かったりして100%クリアが難しかったりしますが、下の様に効率よく調べると特異点の場所がわかるので、時間の短縮を目指せます。また、メイントピックスを取っていない場合、残りタイムを大きく減らされてしまいますが、ハルヒトピックスを取得している場合、トランプのジョーカーのように穴埋めすることが出来ますので、有効に活用しましょう。


  ■■■■■■■■■■
  ■□□□■■□□□■
  ■□☆□■■□☆□■  ☆の部分を調べると
  ■□□□■■□□□■  □の部分の状況がわかります。
  ■■■■■■■■■■
  ■■■■■■■■■■  それにより、たとえ■に
  ■□□□■■□□□■  特異点があっても特定できます。
  ■□☆□■■□☆□■
  ■□□□■■□□□■
  ■■■■■■■■■■
 
  ★■■■■■■■■★
  ■!□!★■□□!!■  例えばこんな感じの場合、
  ■□☆!■■□☆!★  ★の部分が特異点となります。
  ■□□□■■□□!■

  
 さて、全510トピックスを全て解説するのは面倒な上、基本全ての選択肢を選ばないといけないので説明を省きます。ですが、それでも網羅できないパターンが1つだけあります。それはエピソード2の「タスク割り振り」で、キョンを単独行動させるパターンです。このパターンのみ選択肢の組み合わせを4つ(2×2)選ばないといけません。

 アルバム入手については以下の通りです。
 23番はエピソード1でメモリーカードを取得してクリア。
 40番はエピソード2の解決パートでハルヒの同行キャラを長門or古泉でクリア。
 54番はエピソード3でキョンの行動でサブトピックス以外を取得しない。
 63番はエピソード3でBGM集を取得してクリア。
 76番はエピソード4で懐中電灯を取得してプールイベントへ。
 133~138番は通しで出来るだけ特定のキャラとペアを組んで行動し、そのキャラのトピックスを集める。
 140~142番は解決パートで各キャラが必殺技を出す。
 148番はチェスをクリアする。
 150番は1~149番を全てオープンにする。

 他にも、解決パートでタイムオーバーにならなければ入手できないBGMがあります。
 これで多分「ゲーム全体達成率100%」が可能だと思います。時間はかかりますが‥‥。

2009年3月28日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

涼宮ハルヒの直列 レビュー

 クリアは2週間前にしていましたが、アルバム(1枚絵のCG)等をフルコンプするために約60時間ほど費やしてしまいました。これのお陰でドラゴンクエスト9が始められませんでしたが、漸く始めることが出来ます。

 難易度としては非常に低く、適当にプレイしていてもクリアできるくらい簡単です。ただ、涼宮ハルヒの憂鬱射手座の日までの各エピソードが漏れなくちりばめられていて、思わずニヤリとしてしまいます。基本的な話の流れは一本道ですが、SOS団メンバーの組み合わせで1つのエピソード内に20~30程度のサブストーリーが楽しめます。
 このゲームではハルヒをことある毎に仲間はずれにしている感はありますが、ハルヒに変異を知られてはならないというこの世界のルール上仕方がないところです。また、解決パートではキョンの一人称から外れる部分がありますが、「サムデイ イン ザ レイン」が受け入れられるのなら問題ないと思います。
 バストアップのキャラは非常に表情豊かで見ていて飽きません。その一方、アルバムの絵でバランスの欠いたクオリティの高くない絵が見受けられ、非常に勿体ないです。
 文章量は涼宮ハルヒの並列と変わらないと思いますが、ボイスは限定的なため、フルボイスを期待すれば肩すかしを食うかも知れません。まぁ、新世紀エヴァンゲリオン 綾波育成計画DSではフルボイスだっただけに、フルボイスは無理だとしても、もう少し増やせたのではないでしょうか、という思いはあります。そういう方も含めて、涼宮ハルヒの並列ならフルボイスな上、豪華客船上に展開される様々なドタバタ劇を堪能できると思います。しかし、根幹のストーリーは、涼宮ハルヒの世界を周到していると思いますので、裏切られること無く、十分堪能できる内容となっています。

 一回エンディングを見るだけならそれほどボリュームはありませんが、全キャラ攻略&アルバムフルコンプを目指すならボリュームが十二分にありますので、たっぷり楽しめる作品となっています。現状安くなっているので、お買い得ですよ。

2009年3月27日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

クラブニンテンドーに新アイテム登場

 先日(7月23日)よりクラブニンテンドーに新しいオリジナルグッズが登場しました。新しく登場したアイテムはご覧の通りです。

 ★カービィのフライングディスク(350ポイント)
 ★どうぶつの森 マグネットクリップ(300ポイント)
 ★ゼルダの伝説ポスターセット(250ポイント)
 ★どうぶつの森 収納箱(250ポイント)
 ★オリジナルペンケース(200ポイント)
 以下9月中旬より順次発送の予定
 ★マリオ&ルイージRPG サウンドセレクション(400ポイント)
 ★ニンテンドーDSiカバー(200ポイント)
 ★DSカードケース18(150ポイント)

 9月中旬より発送の分は既に受付を開始していますので、「絶対欲しい」と思うものは、品切れになる前に先に押さえておいた方が良いと思います。
 個人的にはフライングディスクが(Wiiスポーツリゾートのフリスビーに凝っていたので)旬ですが、使うとなると勿体ないですね。それに半月前に痛めた腕がまだ完治していません。ですので、実用性を兼ねてマグネットクリップを推したいと思います。

2009年3月24日|

カテゴリー:ゲーム全般のソフト

ドラクエ9 300万本目前

 7月13日~7月19日集計分の売上データによりますと、ドラゴンクエスト9が60万本売り上げ、2週間目で累計293万本となりました。この数字はニンテンドーDSソフトでは歴代第7位となっています。
 因みに、第6位はマリオカートDSの347万本となっていますので、当面の目標は(未だ週販数千本をコンスタントに売り上げてますが)マリオカートDS越えに、最終目標は400万本越えになるのではないかと思います。
 尚、ニンテンドーDSの累計売上本数の上位4つ(ポケットモンスター ダイヤモンド/パールNewスーパーマリオブラザーズおいでよ どうぶつの森もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング)までが500万本という前代未聞の大台を叩き出していますので、この牙城を崩すのはさすがに難しいと思います。ただ、クエスト配信が1年間続きますので、レイトン教授シリーズの様に、中古ソフト抑制による新品ソフト売上が期待できます。まぁ、クエスト配信を無視して手放しているユーザーも結構いてますので、どうなるかはわかりませんが、夏休みに入りますし、来週300万本はほぼ間違いないでしょう。

 また、トモダチコレクションは勢いが衰えることなく累計30万本をクリアし、一安心。
 と言いますのも、「トモダチコレクションは最終で100万本、どれだけ低く見積もっても最低50万本は堅い。もし今年中に30万本売れなかったら間寛平と一緒にユーラシア大陸を走る」と豪語していたからです。まぁ、Miiの元となったゲームですし、どうぶつの森ライクとなれば売れないわけがないわけで‥‥それでもちょっと気が気でなかったです。

 その他にはPS3プロ野球スピリッツ6が7.4万本、Wiiスポーツリゾートは7.2万本(累計68万本)などとなっています。

2009年3月23日|

カテゴリー:ゲーム全般のソフト

ラブプラス 紹介

 古くはプレイステーションが世に出回る前、PCエンジンがまだ現役だった時代に、ときめきメモリアルというゲームがコナミから発売されました。その後所謂ギャルゲーが雨後の筍のように登場しました。しかし、ここに来てコナミがギャルゲーの主導権を奪い返さんばかりに本腰を入れて制作してきたゲームがあります。それが今回紹介するラブプラスです。

 落とせる女の子はたった3人。しかし、他のギャルゲート異なり、恋が成熟するまでは前座(プロローグ)に過ぎず、恋人になってからがこのゲームの真骨頂となっています。しかも、季節・時刻によって様々なイベントやシチュエーションが用意され、その数は4000種以上といわれています。更に、親密度によって口調や性格(ついでに髪型も!)が変わるという懲りようにもかかわらず、フルボイスで対応しています。さすがに声優さんに全て収録していただくわけにはいかないでしょうから、システム的に対応しているのでしょうが、それでもやり込み甲斐がありそうです。
 更に凄いのが最大3台までのワイヤレス通信に対応し、各プレイヤーの女の子が井戸端会議を始めるという仕様です。そこで話されるのは当然プレイヤーについてのお惚気や愚痴なわけで、プレイヤーはそれをにやけ面で眺めること請け合いです。DS3台とソフト3本で各キャラを攻略して1人で通信する強者も登場しそうです。

 あまりの強気の販売目標(本数)に対して、販売店側は閉口し、少ししか発注していなかったようですが、これだけの完成度ならメーカーの販売目標も頷けます。尤も、需要があるかどうかは定かではありませんが。
 このゲームが気になる方は、静止画ではなく、動画を見てから決められた方が良いですよ。静止画では気になる画質の荒さも、動画ならさほど気にならない上、表情や微妙な仕草がそそられること間違いないです。また、パッケージもシンプルで手に取り易くなっています。
 ラブプラスは9月3日、5800円(特別版は10380円)で発売予定です。

2009年3月21日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

マックでDS ドラゴンクエストを配信

 日本マクドナルドは、ニンテンドーDSを活用した無料コンテンツ配信サービス「マックでDS」を先月から開始し、その第一弾として全国のマクドナルドで『ポケットモンスター』の幻のポケモン「ジラーチ」と「乱戦!ポケモンスクランブル コレクションラリー」を配信しています。コレクションラリーに関しては好評につき、7月17日までの予定でしたが、7月23日まで延期することが決定しています。

 その第2弾企画として、今度は『ドラゴンクエスト』とコラボレーションしたコンテンツ配信を、7月31日から9月3日までの期間限定で配信することを発表しました。今作はマクドナルドオリジナルのバトルゲーム「マクドナルドのたびびとたち」を配信し、1日1回のみプレイすることができます。バトルの勝敗に関わらず5回ゲームを実施するごとにハンバーガー無料券がプレゼントされますが、ポケモンのラリーとは異なり、同じ日に他の店舗に訪れてもプレイできませんので、無料券を大量に集めることが出来ません。

 ドラゴンクエストファンの方は是非、マクドナルドのニンテンドーゾーンでの配信を楽しんでみてください。

2009年3月17日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

ニンテンドーチャンネル 最新版

 任天堂WiiニンテンドーDSに関する情報をみなさまにお届けするためのみんなのニンテンドーチャンネルをバージョンアップしました。
 今回の更新では、今まで遊んだことのあるソフトを「おすすめ度」として投票することが出来ます。それらはユーザーから集計され、「おすすめランキング」として公開される様になります。新作購入したソフトしか評価できない仕組みのため、他の評価サイトと異なり信憑性が比較的高く、ソフト選びの参考になるでしょう。
 また、映像を「高画質」か「普通画質」を選択できるようになりましたので、回線状況に合わせて最適な方を選ぶことが出来ます。私はどちらかというと、画質よりも音質の向上の方で恩恵を受けています。
 更に、今まで遊んだソフトのプレイ時間を見ることが出来ますが、HOME(ホーム)ボタンを押して放置していても時間が累積されているので、この辺りを改善していただけると、より正確な統計がとれると思います。

 あとは、Wiiをネットに繋いでいないユーザーやDSオンリーのユーザーのために、クラブニンテンドーのサイトでもおすすめ度の集計結果が見れるようになれば、更に使い勝手がよくなりそうですけれども、そうなると事実上非任天堂ユーザーでも見ることが出来るので、それをどう捉えるのかという問題が発生します。まぁ、閲覧することは出来ても評価は出来ないわけですから、この辺りは割り切っても良さそうな感じはします。

2009年3月16日|

カテゴリー:Wiiソフト

蘇るパンチアウト!!

 最近加速度的に増えている社長が訊くWiiで発売されるパンチアウトが登場しました。

 パンチアウトは元々業務用として登場していましたが、その制作に携わったのが、現ハード部門トップの竹田玄洋氏と現ソフト部門トップの宮本茂氏でした。
 業務用のドンキーコングが好調に売れて、調子に乗ってモニターを大量に購入していたらそれを余らしてしまい、上から「テレビを2台使ったゲームを作りなさい」と命題を与えられ、苦難の末誕生したのがこのゲームでした。

 その後ファミコンに移植することになったのですが、当初はゴルフUSコースのスコアコンテストの賞品として制作されました。その数なんと10000本!5000位までは全員貰え、それ以外でもホールインワン賞などで貰えるという大盤振る舞いな品物でした。
 更にその数ヶ月後にはマイクタイソンをラスボスに据えた製品版も登場しました。私はゴルフUSコースに未参加だったため、この製品版を購入し、嫌と言うほど試行錯誤の上クリアしました。尚、バーチャルコンソールで配信されているものはアメリカ版で、ラスボスはマイクタイソンではありません。

 パッケージソフトとしては22年ぶりの新作ですが、ゲーム性は変わりませんので、短時間でプレイする現代人に適しているのではないでしょうか。
 このソフトは7月23日、5800円で発売予定です。

2009年3月15日|

カテゴリー:Wiiソフト

ゲーム&ウォッチ DSiで配信

 ドラゴンクエスト9をクリアした人がぼちぼち現れ始めているなか、まだまだプレイできない焦りがある今日この頃ですが、もう暫く耐えたいと思います。

 任天堂は1980年代前半に大ヒットを飛ばしたゲーム&ウォッチDSiウェアで送信することを発表しました。しかも、一タイトルあたり200ポイントとリーズナブルな価格設定がされていることもポイントです。
 配信されるゲームは、ボールフラッグマンバーミンジャッジヘルメットシェフドンキーコングJR.マリオズセメントファクトリーマンホールの9種類となっています。ちょっとプレイするには悪くないチョイスだと思います。が、やはり、ドンキーコングオイルパニックなどの代表作がないのは少々寂しい感じがします。
 ゲーム&ウォッチコレクションに収録されているものを配信するとなると、クラブニンテンドーで貯めたポイントの価値が損なわれる懸念もありますが、ゲーム&ウォッチコレクションは非売品のパッケージというプレミアがあるわけですし、多少の割り切りも必要なのではないでしょうか。他にもポパイミッキーマウスなんかも配信して欲しいところですが‥‥版権上難しいかも知れませんね。でもキャラをピノキオやヨッシー変えれば‥‥オリジナルとは異なりますが、それはそれで面白いと思いますよ。どうでしょうか、任天堂さん。

2009年3月14日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

ドラゴンクエスト9 カスタマーレビュー

 週末は他のゲームをしたり、野暮用で忙しかったりと、結局ドラゴンクエスト9はプレイできませんでした。さすがに積みゲーにするつもりはありませんが、ひょっとして来週いっぱいプレイしないかもしれません。兎にも角にも早く始めたいです。

 ところで、Amazonのカスタマーレビューが凄いことになっています。およそ400件の内、5割弱(46%)が最低評価の一つ星の評価を下しています。
 しかし、これは明らかに「荒らし」行為です。「ドラクエなら星4つ以上の評価が当たり前」とは言いませんが、レビューを斜め読みしている限りでは、ゲームを途中で止めた人が多く、もしここまで評価が悪いものなら、今頃ゲームショップでは買取の嵐が吹き荒れているはずです。しかし、実際に買取を受け付けたという話は土曜日(発売日)時点では聞いていません。
 因みにこの荒らし行為は、発売前のレビューを消された輩がネットで(この様な行為を行う)有志を募ったことが一因に挙げられています。まぁ、逆恨み以外の何者でもないのですが。

 Amazonはカスタマーレビューの問題点を根本的に解決しようという気にはなっていないようですが、この状態が続けば自社の売上に響くのは必至です。ここは思い切ってAmazon購入者のみがレビューできる様に仕様変更するのが望ましいのではないでしょうか?
 但し、レビュー件数の少ないものについては今まで通りにしないとレビューがない商品が増えるので、その辺りのさじ加減も必要だと思います。

 尚、ドラゴンクエスト9の初週販売本数は231万本と、私の予想を40万本上回りました。前作(8)の223万本を上回り、非常に好調な滑り出しだと思います。

2009年3月13日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

WiiFitPlus 激安

 バランスWiiボードを使うゲームはWiiMusicファミリースキーなど、対応ソフトがあまり発売されず、なかなか応用の難しさが伺えます。しかし、日本だけでも350万台が普及しているWiiFitに強力な援護射撃が登場しました。その名はWiiFitPlus
 既にアナウンスはされていますが、その内容が少しずつ明らかになりました。まず驚きなのが値段です。バランスボード同梱版が9800円と1000円値上がりしている一方、ソフト単体は2000円と格安に設定されています。但し、今作は完全新作ではなく、種目の増加やMii交代のし易さ、目的別メニューの作成などの快適さを付加した拡張ディスク仕様となっています。
 そのため、前作に収録されていた48種のトレーニングは全て収録され、セーブデータなども引き継ぐことが出来ます。また、新たにヨガが3種、筋トレが3種、バランスゲームが15種追加されています。バランスゲームが大幅に追加されていることからも、今作ではゲーム性を追求した作りとなっています。

 前作所有者は低投資で新たなトレーニングをはじめることが出来ますし、ゲーム性が低いという理由で敬遠した未所有者もやり込み要素の強くなった今作は魅力的な出来となっています。
 発売日は10月1日となっています。

2009年3月10日|

カテゴリー:Wiiソフト

Wiiスポーツリゾート 警報

 先日筋肉痛の報告をさせていただきましたが、やはり楽しいもので、ついつい1日1時間ぐらい遊んでしまいます。ゴルフが相変わらず面白く、ベストスコアが-15(15バーディ・3パー)とそこそこ納得のスコアを叩き出すまでになりました。但し、イーグルはまだ一回しか出せず、まだまだ精進が必要です。

 その一方でフリスビーでは離すタイミングをなかなか掴めませんでした。しかしある時災難に見舞われてしまいました。
 その時は調子よく前半5回はオール100点を記録。「自己最高は間違いない」と思ったのも束の間、目を覆いたくなる様な失速ぶりに、ついつい前のめりになって腕を振り抜いていると、その9投目に

「プチッ?」

 という感じで音が聞こえた様な気がしたのと同時に腕に激痛が走りました。一応痛みを堪えながら10投目も投げましたが、自己新記録に届かず。
 ゲームはそこで打ち切りましたが、その後も腕を動かすたびに筋肉痛とは比べものにならないくらいの激痛に見舞われることから、おそらく筋の部分断絶の可能性もあるため、冗談抜きでWiiスポーツリゾート自体を封印する決意を致しました。少なくとも痛みが完全に取れるまでは。
 まぁ、「プチッ」が「ブッチーッ!」じゃなくて不幸中の幸いだなぁと前向きに思っています。もしそうなら今頃キーボードは触れません(=このブログも書けなければ、仕事も出来ません)からね。

 というわけで、Wiiスポーツリゾートユーザーにはあらためて忠告です。無理は禁物だということを。特におじさんユーザーは運動不足を棚に上げてハッスルしすぎると、どえらいしっぺ返しを喰らいますよ。


 因みにWiiスポーツリゾートは2週目も15万本を売り上げ、累計50万本を突破しました。8月中に100万本突破はほぼ確実で、年内200万本が1つの目標になるのではないでしょうか。

2009年3月 8日|

カテゴリー:Wiiソフト

ゲームにスキップ機能を導入

 E3の時にWiiNewスーパーマリオブラザーズが発売されることが発表されましたが、その時に宮本茂氏から“おたすけ機能”を搭載するということも併せて発表されていました。

 このおたすけ機能(一部ではスキップ機能やデモプレイなどという名称)ですが、ゲーマーからはやや否定的な意見が出ています。その一番の理由は「安易に楽な方向に走らずに自力でクリアするのが醍醐味だ」「映画とかとは異なりプレイして自力で解く過程が面白い」というのが挙げられます。
 しかし、全てのユーザーが技術的・時間的に自力でクリアできないのもまた事実です。そういう人たちの手助けをする手段として、私はこの手法はありなのではと考えます。

 実際、昔からシューティングゲームなどでは難易度設定がありましたし、RPGやアドベンチャーでもネットでヒントや答えを探すことが出来ます。他にも、リズム天国ではクリアできなくてもクリアしたことにして先に進めますし、今更目くじらを立てて反対する理由は見当たりません。結局使う人は使うし、使わない人は使わないだけだと思います。
 個人的にはマイナーなソフトを例に挙げて申し訳ありませんが、すってはっくんSFC晩年の秀作ソフト)のようにクリア方法を動画で見せてくれる方法が望ましいのではないかと思います。当然コントローラの操作法をワイプ付きで解説するなど、より解り易い様に工夫して。
 ただ、何も考えずにいきなり答えを見られない様に、何回か同じところを失敗してはじめてそれが見られる様にする、そのシステムを使ったときはスコアを加算しない様にする、等のちょっとしたハードルがると健全な感じがします。

2009年3月 7日|

カテゴリー:Wiiソフト

極限脱出 9時間9人9の扉

 先日428~封鎖された渋谷で~の移植で話題になったスパイクですが、その脇に隠れて『極限脱出 9時間9人9の扉』というソフトも発表していました。
 このゲームも開発はチュンソフトなのですが、エグゼクティブプロデューサーには不思議のダンジョンシリーズやサウンドのベルシリーズ、古くはドラゴンクエストシリーズのメインプログラマーとして活躍し続けている中村光一氏を、プロデューサーには3年B組金八先生や428等で監督を勤め上げたイシイジロウ氏を起用しています。
 しかし、一番目を惹いたのがシナリオ&ディレクションに打越鋼太郎氏がスタッフとして入っていることです。この方は「ストーリーを完全に忘れてもう一度プレイしたいゲーム」のアンケートをするとブッちぎりのトップで支持される『Ever17』のシナリオを担当されています。
 この開発陣を見る限り期待するなという方が無理な話で、ストーリー以外でもゲームシステムも個人的に好きな方向性ものもで、ますます期待に拍車がかかります。ただ、打越鋼太郎氏は序盤の説明が長い傾向になりますので、その辺りをどうシェイプアップして本編のボリュームを維持できるか、が課題になると思います。
 発売は今冬の予定となっています。(価格は未定)

2009年3月 6日|

カテゴリー:任天堂DSソフト

428 PS3とPSPに移植

 昨年セガから発売されたWii版ソフト428~封鎖された渋谷で~PS3PSPに移植されることが発表されました。
 このソフトは当ブログでも再三取り上げているので割愛させていただきますが、これで「Wiiのソフトはクソゲー」と詰っていたユーザーも、トーンを落として来るのではないでしょうか。

 予約特典として、御法川実役の北上史欧さんと千晶役の右手愛美さんが新たにロケ地巡りした撮りおろしがついてくるようです。これはちょっと見てみたいかも。
 但し、追加されるストーリーなどはない模様です。まぁ、5人+αが複雑に絡み合う完成したストーリーに変にねじ込むのは得策ではないですけどね。

 尚、移植作の販売元はスパイク、発売は9月の予定となっています。このソフトから派生したアニメCANAANも今週末から始まりますし、良い再スタートに期待したいですね。
 Wii版の様に大画面でのめり込むならPS3版orWii版を、携帯機でお手軽にプレイするならPSP版をと、選択肢が増えることは良いことです。

 ところで、Wiiリモコンを使ったギミックなどはどうするのでしょうか?あれは他のハードでは再現しようがありませんし。単に省くだけなのか、それともそれの代わり新たなギミックを仕込むのか、ちょっと気になるところです。

2009年3月 3日|

カテゴリー:プレステソフト

久々の筋肉痛

 涼宮ハルヒの激動で(本気モードで踊っているため、他人に見せられない)フリフリダンスでも筋肉痛に至ることはありませんでしたが、Wiiスポーツリゾートのチャンバラとカヌーで即、筋肉痛になってしまいました。特にチャンバラの組み手は縦横無尽に振り回すため、おっさんゲーマーには筋肉痛覚悟で挑んでいただく必要があるでしょう。
 但し、Wiiが発売された当時に話題になったWii肘のような関節痛などの症状はなく、単なる二の腕の筋肉痛です。しかし、変な振り方やプロ選手の様な超過酷な状況下でない限り関節を痛める可能性は低いですが、もし肘などが痛む様であればプレイ時間の見直しなどが必要になるかも知れません。因みに私の筋肉痛は単なる運動不足に因るものです。
 ということで、筋肉痛が治るまでチャンバラとカヌーは封印し、変わりにゴルフやフリスビーをプレイしているのですが‥‥、ついつい熱が入りいっこうに筋肉痛が治りません。こうなったらアーチェリーぐらいで我慢するか、いっそのことWiiスポーツリゾート自体を封印するか、はたまた筋肉痛をおしてプレイし続けるか。

 ところで、Wiiスポーツリゾートの初週の販売本数は、出荷数を倍増させたのが功を奏し36万本を売り上げました。その一方で多くの販売店では品切れが相次ぎ、再入荷数も少ないとのことです。暫く品薄状態が続きそうですね。

2009年3月 2日|

カテゴリー:Wiiソフト